Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,600

¥ 128の割引 (7%)

ポイント : 45pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[村山 利男]のヒルクライムトレーニングの極意 50歳からでも速くなる!
Kindle App Ad

ヒルクライムトレーニングの極意 50歳からでも速くなる! Kindle版

5つ星のうち 3.8 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,600
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 990

商品の説明

内容紹介

最強の市民レーサーが速くなる秘訣を伝授

55歳を過ぎてもトップレベルのクライマーである村山利男氏が教える、市民レーサーを対象としたヒルクライムトレーニングガイド。
初心者でも参加しやすいロードレースとして人気の高いヒルクライムレース。参加のハードルが低い半面、レベルアップを図るにはどのようなトレーニングを行うかが重要となってきます。特に市民レーサーの場合は、仕事とトレーニングを両立させる必要があり、モチベーションの維持が難しいケースも多いはずです。

本書は、そんな市民レーサーを対象にヒルクライムに強くなるためのノウハウをまとめた一冊です。55歳を過ぎた現在でもヒルクライムレースで活躍されている市民レーサー村山利男氏が、機材選びからライディングフォーム、トレーニング方法、食事、仕事とのバランスの取り方までを細かく指南します。最強のクライマー直伝の教えを実践して、目標タイムのクリアを目指しましょう。

●目次
一章 酒と自転車と人生を楽しむ
二章 トレーニングに必要なもの
三章 機材とフォームで楽に上る
四章 ヒルクライムのコツ、教えます
五章 ヒルクライムトレーニングのポイント
六章 いつまでも走り続ける
巻末付録 コース別ヒルクライム攻略法
・乗鞍高原
・富士スバルライン
・栂池高原
・美ヶ原高原
など

内容(「BOOK」データベースより)

乗鞍ヒルクライム6連覇。56歳にしていまだ現役。初めて明かされる、伝説的ヒルクライマーの強さの秘訣とは?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 9316 KB
  • 出版社: SBクリエイティブ (2015/2/24)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00UR988AI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 12,635位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
サンデーライドの一般サラリーマンには参考にならない
極意ですが、読み物としてこんな人が居るんだという
面白味はあります。
著者の弛まぬ努力は尊敬しますが、それ以上に奥様
の支えがあってこそかと思いました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 「50歳からでも・・・」と書いてありますが・・・いやいや・・・この方は元マラソンランナーで、33歳でロードバイクに転身した後もデュアスロンの全日本チャンピオン等トップレベルの経歴の持ち主で、スタート時点ですでに別次元の方です。日々のトレーニングも毎朝4時に起き2時間半漕いだ後会社に出勤、夜は室内で1時間ほど漕ぐという「えっ・・・!」と思うほどの内容でした。
 それだけトレーニングした結果それだけの成績を残せたということで、それが果たしてタイトルにある「極意」と言えるのかどうか微妙です。
理論的な部分や参考になるトレーニング方法があるかと思ってましたが・・・それは残念ながらありませんでした。初心者やビギナーであれば参考になる部分はあると思います。
「お酒をこよなく愛するおじさんが【大好きなお酒】を飲むために一生懸命自転車を漕いでいる・・・」そこは私も共感します~♡
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
52歳の私が今からヒルクライムできるのか?と考えていたところでこの本に出逢い即購入。所が、、、
作者は30歳からガンガン走ってる、
毎朝4時起きで100k走る、、、6:30に家を出て21:00に自宅に帰る勤務の私にはムリムリ。
何だこりゃ!
ただ、参考になるところもあり最後まで読ませていただきました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者は、自転車ヒルクライムレースの世界(狭いけど)では有名な人。かつての実績はもちろん、50代半ばにしてなおアマチュアトップクラスにいるという規格外のお方。

著者のライフスタイルやトレーニング方法については雑誌などで断片的に紹介されてきたが、それをまとめて読めるというのがよい。また、著者くらいの実績を残していると、過去の自分との戦いも困難なものとなり、また、過去の自分に勝つことは不可能になることもあるだろう。そのような状況に対して著者がどのように向き合っているかについても言及されており、興味深い。フルタイムの職業を持ちながら趣味で自転車(ヒルクライム)レースに参加している人には、著名なヒルクライマーである著者の心持ちやライフスタイルを知ることにより、モチベーションを維持する上で刺激となる。その意味で十分に価値のある本であると考える。

具体的なトレーニング方法や食事方法については、著者が若い時代からアマチュアとしては規格外の能力を有していたことや、トレーニングを相当長期に継続している人物であることを踏まえると、著者の方法論が参考になる人はむしろ少数派と思われる。その意味で、あまり詳細なトレーニング理論や方法論の紹介がないのも、さほど気にならない。むしろ、著者くらいのレベルになってくると、経験及び継続可能性の観点から、トレーニングについてもよりシンプルなものとなっていくようであり、その点が参考になった。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
主題であるヒルクライムについては、「乗れば乗るだけ早くなる」という真理を実体験により解説している、という本だと思います。
筆者は還暦近いにもかかわらず、毎日100キロの早朝トレーニングを欠かさない鉄人です。
ただしそれ以上に、筆者の酒の量に驚き、身体を壊さないのか心配になる本でした(笑)
「趣味である自転車のために、好きなことを犠牲にするのはナンセンス」というところが、この本でのもう一つの主題なのかもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者と同じ56歳です。
37歳でロードバイクに目覚め、ホビーレーサー(ロードレース)ですが真剣に43歳までレースに打ち込んでいました。
当時から著者(村山氏)はサイクル雑誌で有名な方でしたのでamazonからの本書の案内メールで、未だご活躍されている様子に感銘を受け即購入し半日で完読。

私は43歳の時に競技中の落車で大怪我をし会社から自転車競技を辞める様に言われたので、それから10年間は自転車に乗っていませんでした。
53歳で再び自転車とのご縁があり、またロードバイクに乗ることになったものの10年間のブランクは大き過ぎるのと加齢も重なり全く脚が別物になっていました。(何せ骨まで力が伝わらない!)
歳だからと言い訳がましく適当にトレーニングはしていたものの競技に出ることもなく、張合いも無いまま悶々と3年が過ぎているのですが、この本に出合い再び競技を目指したくなりました。

著者のアドバイスはホビーレサーの観点から、鋭く時には楽しく時には自由に克明に表現されていて〝うんうん″と頷きながら最後まで楽しめました。
明日からのトレーニングメニューを文書化し、物置に置いてあったローラー台をきれいに掃除して部屋にセットし終え、この評価を書きました(笑)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover