中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヒミズ(3) (ヤンマガKCスペシャル) コミック – 2002/4/30

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

あなたの心の血の色は、本当に赤ですか……? 笑いの時代は終わりました。これより、不道徳の時間を始めます。古谷実の放つクールな問題作!

ド不幸を生きる中3・住田の願いは、「普通な人生」と「立派な大人になること」。心を尖らせてきたせいなのか、「他人には見えないバケモノ」が見えるようになったあげく、“不幸の核心”をめぐり最後の一線を越えてしまった――!! 平凡な喜びをあきらめて、おまけの人生を生きる住田。この世で一番悪い奴を成敗する、それだけのために命を懸けようと決意するのだが……!?


登録情報

  • コミック: 210ページ
  • 出版社: 講談社 (2002/4/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063610403
  • ISBN-13: 978-4063610406
  • 発売日: 2002/4/30
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
主人公 住田くん、追い詰められました。普通の大人になるのが夢だったのに...、大丈夫か 住田!!
古谷実氏の作品は、『稲中』の頃からギャク飛ばしながら根っこは暗かったですが、これは極め付けに暗いです。暗さAAAです。妖怪のようなイメージがちらちら出没するし。茶沢さんが唯一救いだったのが、彼女まで不幸に巻き込まれるし。
さて、古谷氏はこの作品にどのようなオチをつけるつもりでしょうか。見守って行きたいと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
どんどん切望していた「普通」じゃなくなる住田君。
彼の見えているものの正体は何なのか?
答えは出るんだろうか。
それにしても作者は「ちょっといっちゃってる奴」を
書くのがどうしてこんなにうまいんだろう?
例えそれが脇役であっても,ものすごくリアルな感じを
伴って時には主人公よりも印象に残る。
この巻で出てくる野上!!もうちょっと住田君とからんでほしかった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あまお 投稿日 2007/5/9
形式: コミック
古谷実の書いたマンガには狂気が潜んでいる。ギャグ一辺倒見える「稲中」にもその片鱗は垣間見える。彼の絵に出てくる醜いキャラが多く出てくるが、そこから人間の裏側をえぐり出そうという作者の性向が見て取れる。笑いの裏側に見える虚ろな世界、それが古谷実が目指した世界観なのではないだろうか。逆もまた真である。どんなに悲惨な出来事であっても、いやむしろ悲惨であればあるほど、その話は非常にこっけいな話になりうる。視点を変えれて自分を客観視できるかどうかの差だろう。自分の五感で感じる世界から、精神を遊離させて「あの世」から自分を眺めてみよう。そうすればどんな苦しみも苦しみではなくなる。これは仏教的な発想だと思う。「ヒミズ」において描かれる世界ではしかし、主人公は最後まで救われなかった。これも一つの現実だろう。住田は生まれながらにして「普通」であることを拒絶された運命の持ち主だ。その運命を振り払うかのようにもがくのだが、結局は自らの運命に逆らえず最期をとげる。あるたった一つの出来事のせいで、彼はそれまで何とか平衡を保っていた精神をついに病んでしまう。彼の望んでいた心の平和は、結局やってこなかった。結局のところ自責の念以上に恐ろしいものはないということだ。たとえば小学生のときにクラスでウンコを漏らしたこととか、そういう下らないことさえ、その後の人生にトラウマになったりするものである。自分を自分で辱めること以上に人間を内部から破壊するものはないと思う・・・・・。高潔な精神をもつ人間ほど、それは耐え難いものであろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック