この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヒマラヤの花嫁 (中公文庫 M 184) 文庫 – 1982/8/10

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1982/8/10
"もう一度試してください。"
¥ 472
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 250ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (1982/8/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122009510
  • ISBN-13: 978-4122009516
  • 発売日: 1982/8/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,030,141位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/8/18
 旅行でネパールを訪れた著者が、現地の女性と結婚して「スルジェ館」という宿屋を経営するようになった経緯を描いている。
 魅力的なのは著者の妻となるスルジェという女性である。気が強くて賢く、いまいち頼りない著者の尻を叩きながら、スルジェ館の経営に励んでいる。それでいてネパールの昔からの習慣に縛られているところもある。そのためスルジェの親族がわんさと出てきたり、呪いをかけられてしまったりと、変な事件が続発する。また、それを馬鹿にしたりしないで、真摯に対応している著者の眼差しも心地よい。
 アジアで、現地の女性と結婚して成功した数少ない例でもあり、いろいろと考えさせられる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告