¥ 670
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ヒナまつり 12 (ビームコミックス) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヒナまつり 12 (ビームコミックス) コミック – 2017/3/3

5つ星のうち 4.7 35件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 356
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヒナまつり 12 (ビームコミックス)
  • +
  • ゴールデンカムイ 10 (ヤングジャンプコミックス)
総額: ¥1,225
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

超能力のこと、忘れてないよ

現代の東京に流れ着いた、3人のサイキック少女・ヒナ、アンズ、マオ。
ヒナは女子高校生、アンズはラーメン屋台店主、マオはフィットネスインストラクター。
チカラを隠し日常を生きる少女たちに危機が迫る……!
サイキック少女たちのスーパーパワーが炸裂する、第12巻!


登録情報

  • コミック: 200ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2017/3/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047344222
  • ISBN-13: 978-4047344228
  • 発売日: 2017/3/3
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
今回、最初と最後の話、大爆笑でした。
特に最後の方。
瞳メインの話はありませんでしたが、
ちょくちょく出てます。
そして杏ちゃん健気で可愛い。

なんか次からまた新しい展開がありそう。
相変わらず面白い。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
本巻では特にあんずとやっさん&しげさんとの再会が素敵でした。何よりあんずの笑顔に癒されました。ホームレスから行政の支援で働き始めたやっさん&しげさんから「真っ当に生きてあんずちゃんに会える資格ができてよかった」といわれて、あんずは

「私に会うのに資格なんているはずないでしょ! これからはいつでも顔見せてよね!」(&満面の笑み)

ああ、そうだよなあ。資格なんていらない。二人の気持ちになって嬉しかった。

他にも、新田姉vs新田や、ひなのデート話、マオの超能力の告白、やくざの抗争など盛りだくさんで満腹です。新たな敵である邪道会系の三神会に、新たな子供の超能力者?がでてきて不穏な空気です。次巻やくざとの抗争が始まるのか?次巻も楽しみです!!!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前巻の11巻が出る頃に買い始め、短期間に揃えてしまい新刊をまだかまだかと待っていました。
この作品の何が凄いかと言うと、12巻も続いているのに安定した面白さを保っている事。
笑いの強弱はあるものの、作風やらテンションやらはずっと一緒で安心して読める。
ヒナは相変わらずヒナだし、アンズはいつもと同じ心温まる話をくれて、マオは…ちょっと悪化したかな?笑
巻数が増えるにつれてキャラも増えるが、メインキャラからサブキャラまでブレが無いのも良い。
この巻ラストで1巻の1話の新田さんと同じ「まだいるか」発言で次巻に引きがあり、普通の少年漫画なら激しいバトル展開は必至だが、この作品に限ってはそれはないだろうと、良い意味での裏切りに期待してしまっている。
惰性で買い続けている作品が多いが、これは13巻が待ち遠しくて堪らない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ずっと高レベルの面白さですね!
高校生になって流れが変わったときは
心配しましたが、今回は前より面白くなっています。
あくまで下品にならないところがいいです。
ギャグが好きな人は読むべきです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
はい、ヒナまつりです!

この日にコミックスが発売というのもすっかり恒例となりました。出版社さん御苦労様です。
表紙のノリがいつもと違ってちょっと戸惑いました。裏表紙も・・これ関係なくね?

帯にも書かれている通り、12巻はサイキック3人娘の日常がテーマ。

ヒナの日常は・・まあ、おおむねいつも通り。
ヒナが通う帝辺高校空手部の顧問となった実妹美佳と新田さんの対決では、ヒナのサイコアシストにより新田伝説に新たな1ページが加わり。
内藤さんの息子の仁志君とは、イクラで買収されて恋愛漫画もどき。
この件で久しぶりに、と言うか今までで一番おっかない親父を見た。ここんとこの話ではずっと好々爺然としてたから尚更に恐ぇ・・。
ヒナの日常にはヤクザが絡みすぎている。

マオの日常もいつも通り。いつも通り人形とおしゃべり。いつも通りじゃまずいんですが・・。これはカウンセリング、必要ですね。
人形が夜中に動き出す様は、絵面があれ過ぎてシュールなホラーなんて新ジャンルになっちゃってる。

あんずの日常は二人と比べると、清々しいまでに普通。ヤクザと変な人と変なヤクザばっか漫画で一抹の安らぎ。ほんまええ子に育ってくれた。新田さんの気持ち解るわー。<
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ヒナまつり12巻ですね!
楽しみに待ってました!
最初から最新巻までその面白さは
変わらない!!
そんなヒナまつりですが、
今巻はゲラゲラ笑わせていただきましたw
一番好きなシーンは
内藤の「こいつ俺の息子じゃね?」
ですねw
声を出して笑ってしまいました!(笑)
その他ももちろん面白くて
本当に最高の12巻でした!
次も楽しみにしています!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー