この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.3 234件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 4,420より 中古品の出品:14¥ 888より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ブルーノ・ガンツ, アレクサンドラ・マリア・ララ, トーマス・クレッチマン
  • 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: ドイツ語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 日活
  • 発売日 2006/11/10
  • 時間: 155 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 234件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000HEWIEU
  • JAN: 4988103631290
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 73,999位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

全世界に一大センセーションを巻き起こした歴史的衝撃作!

追い詰められた独裁者の狂気、惑う側近、地獄と化すベルリン…
第三帝国没落のすべてが今、暴かれる!

大ヒットを記録した劇場公開版が1枚組のスタンダード・エディションとして
お求めやすい価格でリリース!

【STORY】1945年4月20日、ベルリン。ヒトラーは56歳の誕生日を総統地下壕で迎えた。ソ連軍の猛攻により包囲網が狭まる中、ヒトラーはもはや実行不可能な攻撃命令を叫び続け、側近たちを追いつめていく。極限状態に陥った地下要塞の人々が酒盛りやパーティーに興じる一方で、地上のベルリン市街では兵士や市民が苛酷な戦闘に身を捧げ、命を落としていった。
戦況は刻一刻と悪化、いよいよ敗戦を確信したヒトラーはある重大な決意のもと、長年の愛人エヴァとささやかな結婚式を挙げる。それは"第三帝国"の遅すぎた終焉の合図だった…。

★アカデミー賞外国語映画賞ノミネートほか世界の映画賞を席捲!

※ 2006年1月に発売したスペシャル・エディション本編ディスクと同仕様となります。予めご了承ください。


【驚愕の未公開シーンを30以上追加した、175分のロングバージョンを観る!】
2006年11月10日、『ヒトラー~最期の12日間~エクステンデッド・エディション<終極BOX>』
(10,000セット限定生産3枚組)も同時リリース!



Amazonレビュー

   1942年、ミュンヘン出身の若い女性が、アドルフ・ヒトラーの秘書になる。彼女は追いつめられたヒトラーの最期の日々を近くで目撃。独裁者をひとりの人間として見つづけた彼女の瞳に映った、本当のヒトラーの姿とは?
   指令本部から出ようとしない晩年のヒトラーは、部下たちの助言にもなかなか耳を貸さず、強いドイツを最期まで疑わなかったが、女性や身内にはやさしく、紳士だったのに驚きだ。ユダヤ人大虐殺など、ヒトラーが作りあげた残酷な歴史は、どんなに彼が人にやさしくしても決して消えることはないし、許せない行為だが、この男がなぜ、独裁者になったのかと、ますます興味深くなること間違いなし。ヒトラーを演じるのはブル-ノ・ガンツ。自分という存在を消して、ヒトラーになりきったその演技は一見の価値あり。(斎藤 香)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
なんか凄い直球なタイトルだなと思って視聴。

正直、ちょっと退屈で途中を少し早送りしてしまったが、しかし良い映画だと思った。

ヒトラーは大悪人ということで世界に名を轟かせているわけで、およそ先進国で教育を受けた人間なら知らぬものはいないのではないか、と思える。けど、教科書で習うのはわずかに数行の断片的な情報にすぎない。ドイツ人がヒトラーについていった過去を「愚かだった」と反省してみたところで、彼ら自身もヒトラーについて、タブー視されてよく知らないまま、結果だけを見て失敗していたから愚かだというのでは、それは反省にはならない。反省に必要なのは、何が起きていたのかということをまず考えることだ。どこで間違って何が起きたのか、それを考えずにただ「もうしません」と言っているだけでは、悪戯坊主の形だけの反省と同じで、何も改善はされない。
そうならないでしっかり考えるためには、いたずらに悪人を描くのではなく、結局は一人の人間に過ぎなかったはずのヒトラーとはどんな人間だったのか、彼を取り巻く状況がどうだったのかということを想像することが必要だろう。
この映画はそのよいきっかけになると思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ニコニコ動画でしか知りませんでしたがついに元ネタを観ましたw良作でした。

敗戦していく国の内情というのがここまでドラマになるとは思いませんでした。監督に脱帽。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
映画自体はとても良いものでしたがAmazonビデオだと一部カットされているシーンがありましたので注意です。
(ヒトラーの死体が出てくるシーンや女性ソ連兵が略奪しているシーン等)
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
Amazonプライムの特典で視聴しましたが映画館でみたのを
覚えています。プライム特典で観れるということで再度視聴。

フランス映画でもなく、アメリカ映画でもない。
どう表現をすればよいかわからない謎の完成度の高さに脱帽で。

これまでのナチス「ヒトラー」を取り上げた作品の中でここまで完成度の高い映画はあったか?
12日間という短い期間を描いているんですが、私は恐怖、真実の重さ、そして悲劇を感じました。

そこには人間同士の汚い裏切りも、独裁者が亡き未来も、
ヒトラーの命令を遂行していく忠臣の姿もあります。
そして、彼らが追い込まれていく姿が真に迫ったかなりの
リアリティーを追及して描かれているように感じます。

今でこそ、映画の宣伝が頻繁に行われるようになりましたが昔は、宣伝というものが
そこまでありませんでした。ほとんどマスコミによる宣伝のない作品です。
映画館で観るときに、とある年配の方に「この映画をどうして?」と聞くと
「評判がいいと聞いたから」と話したのを今でも覚えています。まさに、その通りだとおもいました。
人から聞いた評判やAmazon評価の結果を裏切る内容では絶対ない言いきれます!

3時間近く長い映画ですが一瞬たりとも目が離せない作品でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
(無論、一日ではありませんが)ベルリン陥落前後のヒトラーを中心にドイツ人を描いた群像劇。
進行してくるソ連兵側の描写は極力抑えて市街に直撃される砲弾の凄まじさやヒトラーを信望する少年兵まで戦闘に駆り出される凄惨さ等
臨場感は映画としては相当なもので、そんな中で徹底抗戦を叫ぶ者やダンスで恐怖を紛らわせる者、戦争の空しさを理解している者など様々。

勿論、中心にいるのはヒトラーですが取り立てて美化するような描かれ方はしていない。
首都を戦場にして市民を巻き込もうともベルリン逃亡は誇りを理由に固辞、ユダヤ人の大量虐殺は最後まで正義と信じている。
机上の空論的な戦術を振りかざして自分の思う通りにならない軍人達に怒り狂っている。
一方で身近な人や身内には意外な優しさを示すこともある。
これは現在の米国大統領選挙で良くも悪くも注目を集めている人物にも共通していないか?
現在でも政情不安定な小国の独裁者が台頭したり失脚したりのニュースが国際世論を騒がせる事もあるが
国内で充分に支持を集めていない独裁者ではそこまでの脅威にはならず、逆のケースで国外に向けて暴走しはじめるのが一番、危ない。
そして国内を纏めるためのナチズムが最終的にはヒトラー自身にも破滅をもたらす。
弱肉強食の理論
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す