ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディショ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 盤面には目立つ傷や汚れなどもなくきれいな状態です。 ケースにはスレ等が見られます。 本商品は中古品となります。もちろんレンタル落ちではございませんのでご安心ください。商品は消毒液にてクリーニング後に発送しております。万が一、商品に不良がありましたら誠実に対応いたしますのでアマゾンより返品手続きの程お願いいたします。この度はご覧いただき誠にありがとうございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.3 244件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,980 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Y.m. SHOPが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 4,420より 中古品の出品:16¥ 527より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]
総額: ¥9,180
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ブルーノ・ガンツ, アレクサンドラ・マリア・ララ, トーマス・クレッチマン
  • 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: ドイツ語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 日活
  • 発売日 2006/11/10
  • 時間: 155 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 244件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000HEWIEU
  • JAN: 4988103631290
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 80,183位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

全世界に一大センセーションを巻き起こした歴史的衝撃作!

追い詰められた独裁者の狂気、惑う側近、地獄と化すベルリン…
第三帝国没落のすべてが今、暴かれる!

大ヒットを記録した劇場公開版が1枚組のスタンダード・エディションとして
お求めやすい価格でリリース!

【STORY】1945年4月20日、ベルリン。ヒトラーは56歳の誕生日を総統地下壕で迎えた。ソ連軍の猛攻により包囲網が狭まる中、ヒトラーはもはや実行不可能な攻撃命令を叫び続け、側近たちを追いつめていく。極限状態に陥った地下要塞の人々が酒盛りやパーティーに興じる一方で、地上のベルリン市街では兵士や市民が苛酷な戦闘に身を捧げ、命を落としていった。
戦況は刻一刻と悪化、いよいよ敗戦を確信したヒトラーはある重大な決意のもと、長年の愛人エヴァとささやかな結婚式を挙げる。それは"第三帝国"の遅すぎた終焉の合図だった…。

★アカデミー賞外国語映画賞ノミネートほか世界の映画賞を席捲!

※ 2006年1月に発売したスペシャル・エディション本編ディスクと同仕様となります。予めご了承ください。


【驚愕の未公開シーンを30以上追加した、175分のロングバージョンを観る!】
2006年11月10日、『ヒトラー~最期の12日間~エクステンデッド・エディション<終極BOX>』
(10,000セット限定生産3枚組)も同時リリース!



Amazonレビュー

   1942年、ミュンヘン出身の若い女性が、アドルフ・ヒトラーの秘書になる。彼女は追いつめられたヒトラーの最期の日々を近くで目撃。独裁者をひとりの人間として見つづけた彼女の瞳に映った、本当のヒトラーの姿とは?
   指令本部から出ようとしない晩年のヒトラーは、部下たちの助言にもなかなか耳を貸さず、強いドイツを最期まで疑わなかったが、女性や身内にはやさしく、紳士だったのに驚きだ。ユダヤ人大虐殺など、ヒトラーが作りあげた残酷な歴史は、どんなに彼が人にやさしくしても決して消えることはないし、許せない行為だが、この男がなぜ、独裁者になったのかと、ますます興味深くなること間違いなし。ヒトラーを演じるのはブル-ノ・ガンツ。自分という存在を消して、ヒトラーになりきったその演技は一見の価値あり。(斎藤 香)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
史実を元にした映画は途中で眠くなったりしますが、この作品は最後まで夢中で観てしまいました。
ヒトラーはじめその周りの人物がしっかりと人として描かれていたからでしょうか。
私達も、常に目を開けて周りを見て、間違った方向に行ってしまわないようにしなくてはと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
映画自体はとても良いものでしたがAmazonビデオだと一部カットされているシーンがありましたので注意です。
(ヒトラーの死体が出てくるシーンや女性ソ連兵が略奪しているシーン等)
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Blu-ray
(無論、一日ではありませんが)ベルリン陥落前後のヒトラーを中心にドイツ人を描いた群像劇。
進行してくるソ連兵側の描写は極力抑えて市街に直撃される砲弾の凄まじさやヒトラーを信望する少年兵まで戦闘に駆り出される凄惨さ等
臨場感は映画としては相当なもので、そんな中で徹底抗戦を叫ぶ者やダンスで恐怖を紛らわせる者、戦争の空しさを理解している者など様々。

勿論、中心にいるのはヒトラーですが取り立てて美化するような描かれ方はしていない。
首都を戦場にして市民を巻き込もうともベルリン逃亡は誇りを理由に固辞、ユダヤ人の大量虐殺は最後まで正義と信じている。
机上の空論的な戦術を振りかざして自分の思う通りにならない軍人達に怒り狂っている。
一方で身近な人や身内には意外な優しさを示すこともある。
これは現在の米国大統領選挙で良くも悪くも注目を集めている人物にも共通していないか?
現在でも政情不安定な小国の独裁者が台頭したり失脚したりのニュースが国際世論を騒がせる事もあるが
国内で充分に支持を集めていない独裁者ではそこまでの脅威にはならず、逆のケースで国外に向けて暴走しはじめるのが一番、危ない。
そして国内を纏めるためのナチズムが最終的にはヒトラー自身にも破滅をもたらす。
弱肉強食の理論
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 日々是好日 トップ1000レビュアー 投稿日 2017/5/21
形式: Blu-ray
原題は「The Downfall(=陥落、崩壊)」。
 ヒトラーの秘書であったうら若き女性ユンゲの視点から、第2次世界大戦末期、連合軍進攻によるベルリン陥落までの12日間が描かれている。
 陥落寸前のベルリンの悲惨さには、目を覆いたくなった。
 絶え間なく続く爆撃、銃撃、逃げ惑う市民たち。
 子どもまでが武器を手に取り、人を殺戮する。
 特に、負傷者で溢れかえった病院で、医師が命を助けるためとは言え、容赦なく患者の手足を切断するシーンでは気が遠くなりそうで、目を背けてしまった。
 一方、首相官邸の地下要塞には、食料や酒、煙草などが潤沢にあり、砲撃が続く中、ダンスパーティまで開き、時には愛犬を連れ散歩していたという事実に愕然とした。
 ヒトラーだけでなく、彼を取り巻く人たちも皆、既に常軌を逸していたのであろう。
 指揮官ヒトラーも、戦況の分析もままならず、軍を掌握できず、失策続き。
 それを諫める側近も皆無で、ただ、各地で続く敗戦に、怒り狂っている無能な人という描かれ方。
 しかし、今回、一番驚愕したのは、ゲッペルス首相夫人のマグダが、幼い6人の子どもに睡眠薬を飲ませ、一人ひとり毒殺していく場面。
 また、ゲッペルス首相の気味悪いこと。
 ヒトラーとエヴァとともに、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
もしも、自分が、自分の家族が、あの閉鎖空間にいたら、ストレスとショックで死ぬと思う。
だから戦争はしてほしくないし、巻き込まれたくない。というのが率直な感想。

終戦(=ドイツの滅亡)が近づくにつれての人々の群像劇です。ヒトラーは中心人物ですが、主役ではない感じです。
ヒトラーの周辺人物は将校クラスなので強い忠誠心を持ってますが、それは命令絶対服従のロボではない。一枚岩でもない。
自らの命、考え、総統の命令、それらを天秤にかけて巡り廻る人々の思い、混乱する地下世界の様相にはリアルを感じます。

皆さんも経験があるかもしれません。
失恋した時、何かの間違いで大金を失った時、大事故をあったとき・・・
そのような自暴自棄に陥いる場面で人はどのような行動を起こすのか、それの究極系としての「戦争」という題材なのかなと。
「ナチスの正体や思想」みたいなものは特に掘り下げず、敗北と死が迫るなかの盲目的崇拝や現実逃避な行動、最後の悪足搔きを主眼に
置いてあり、背筋が凍ると共に妙な笑いも出てきます。

エンターテイメント性みたいなものはほぼ無い、固くて重い淡々とした映画です。
登場人物が多い割に、どの将軍が誰が何の役割を持っているのか分かりにくいので、補足字幕を入れてくれた方が良かった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。センター 英語

関連商品を探す