Facebook Twitter LINE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ヒトラー権力の本質 単行本 – 2009/6

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,600
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

【暴走をゆるした思惑の連鎖】
 カーショーは序文でこの本を書いた動機を次のようにまとめている。
 「ヒトラーのようなとても成功しそうにない人物が、なぜ異常なまでに個人化された権力を発揮できるようになったのか。本書の出発点は、「カリスマ」としての資質がいかにヒトラーに付与されるにいたったかという疑問である。」
 ナチス・ドイツのヒトラーをめぐっては、政界や財界、軍部、教会などの伝統的なエリート層がその思惑から、ヒトラーの権力構造を支えていった。ヒトラーの明確な下命がなくとも、相互に競合・反目するサブリーダーたちは曖昧な「千年王国」の理念とヒトラーの賛同だけをたよりに「総統のために働いた」のである。
 さらに、一般市民も当時のドイツを覆う危機的な状態を脱するために、ヒトラーが時代の要請に合っていると感じ、彼が発する救済の約束に期待を抱いていた。
 こうして支えられ、作り上げられていったヒトラーの「カリスマ」像にヒトラーみずからも呪縛されていった。
 ナチス・ドイツの最大の犯罪ホロコーストは、このような漠とした権力構造のなかで実行に移されていく。

内容(「BOOK」データベースより)

政界、財界、教会などの伝統的エリート層はなぜヒトラーを受け入れ、そして民衆はそれをどのように受けとめたのか。第三帝国における権力構造を読み解く刺激的な一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: 白水社; 新装版 (2009/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560080127
  • ISBN-13: 978-4560080122
  • 発売日: 2009/06
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 669,271位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2011年4月6日
形式: 単行本
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年6月3日
形式: 単行本
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告