通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ヒトラーの終末予言 側近に語った2039年 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。クリーニング済!24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。【検品担当者より】丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。日本郵便ゆうメールにて毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

ヒトラーの終末予言 側近に語った2039年 単行本 – 2015/7/31

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,115

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヒトラーの終末予言 側近に語った2039年
  • +
  • H.G.ウェルズの予言された未来の記録
  • +
  • 未来仏ミロクの指は何をさしているか―2012年・25年・39年の秘予言
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 140pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

異能の予知能力者ヒトラーが残した言葉

『わが闘争』で予言されていた「日本」と「東アジア」の未来とは。
山荘で予言した「ロケット」と「東アジア」の未来とは。
ベルリンの地下本営で予言した「ベルリンの壁」と「少子化」とは。
死の直前のラジオ演説に登場する「最後の部隊」とは。
ニーベルンゲン復讐騎士団の将校たちに予言した「人類の終わり」とは。

「人類の一部はそのとき、人類から、より高度なものに進化して、
神に近い生物になっている。人類から神のほうへ進化するのだから、
それは“神人”(ゴットメンシュ)と呼んでかまわない。
残りの大部分は、これも進化なのか退化というべきかわからないが、
一種の機械になっているただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、
完全に受動的なロボット生物になっているのだ」
ニーベルンゲン復讐騎士団に語った予言より(本文6章)

※本書は、1988年に出版された『1999年以後──
ヒトラーだけに見えた恐怖の未来図』に一部加筆し、改題したものです。

内容(「BOOK」データベースより)

それは、三島由紀夫との会話から始まった…独裁者が見た「人類の終わり」とは何か?異能の予知能力者ヒトラーが残した言葉。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2015/7/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396615353
  • ISBN-13: 978-4396615352
  • 発売日: 2015/7/31
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 11.6 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 244,382位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Swimcoach 投稿日 2015/11/23
形式: 単行本 Amazonで購入
1988年版のノンブック『1999年以降』とほぼ同内容で、旧版も読んでいたけれど、今の時点で読むとやはり啓示的(出版側もそれをわかって再版したのだろうけれども)。二極化の進行やカタストロフなどが当時は荒唐無稽に思われていたが、現時点でのテロや震災などを考えると興味深いものがある。もちろん、端から科学的な根拠など皆無だし、著者の一連の『ノストラダムスの大予言』シリー-ズに垣間見られた扇情的な文句も躍るけれども、一つのエンタテイメントとしてのみ消費するには惜しいものがある。特に巻末の次の言葉は傾聴に値する。

『…どこの国のどんな支配者が、いかなる巧妙な弁舌や甘言を弄しようとも、また「新ナチス」の体現者が、いかなる強要をしてこようとも、けっして騙されてはならない、惑わされてはならない、従ってはならない。私たちはそれぞれの立場で、破滅に巻き込まれないための知恵を尽くさなくてはならないのだ。
 甘言と強要の中で多くの国民が、特に若い人たちが、知らずしらずに破滅に引きこまれそうな、今の危うい日本でこそ。』

さて、2039年、どんな時代になっているんだろう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 五島勉氏の新著が出たので、迷わずすぐ購入した。新著と言っても、過去に出した本に前後をプラスした復刊である。プロローグとエピローグをつけて、今の日本や世界の状況がいかに当時の予言に合ってきているかを考えさせてくれる。
 前著はウェルズについてだったが、今度はヒトラーについての再考である。予言についての第一人者である五島氏の本はほとんど読んできた。これからの世界はどんどん二極化が進むというのが、本当によくあたっている。富めるものはますます富み、貧するものはますます貧する。この部分だけでも、本当にそうだと思う。氏の本は、いつでも一流の文明批評にもなっていた。この本もそうである。
 われわれは、未来がどうなるのか知りたがる。自分の未来も知るのが怖くても、やはり知りたいし、ましてや世界がどうなっていくのかという大きな予言はいつでも知的好奇心を呼び覚ましてくれる。
 2039年というのは、ヒトラーにとってもう確実に起こる決まった未来だったらしい。
 ノストラダムス、ウェルズ、ヒトラーなど、人類史上に残る大人物には、未来を見据える目があったのだろう。今回、アーサー・C・クラークの名前が出てきたのが、私にとって興味をひいた。クラークの「幼年期の終り」に触れられていたからである。
 二極化が進んで、どうしようもなくなってしまう未来を救えるのは、「超
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
人類の一部が進化し、神のような「超人」となり人類を支配する、その他 人類のほとんどが「ロボット化する」とありますが、
残念ながらその「超人」とは、人間が進化したものではなく「人工知能」のことかと思います。
人間は、物理的に考えても次の肉体など進化するというのはありえないでしょう。

人工知能=超人が人類をコントロールする。人間は人工知能にあやつられる。

いずれ人工知能にあらゆることを支配されて 感情すら操られて人間は生きていくのかと読みました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 buddha 投稿日 2016/4/27
形式: 単行本 Amazonで購入
非常に面白かったです。
ヒトラーがここまで正確な予言をしていたとは驚きでした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ネット上にてヒトラーの予言を知り、購入に至った。
ほんの僅かだが三島由紀夫氏との対談は非常に興味深いものがあり、この書籍において尤も価値ある情報だろう。
ヒトラーの予言の考察のみを求めていたという個人的な問題ではあるが、人の心を鷲掴みにする文章は要らないと感じた。
オカルトや陰謀論の考察が好きな私にとっては買って損は無かったが、別の書籍を買っても良かったかなと思い星3つ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック