通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文庫) 文庫 – 2008/12/12

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文庫)
  • +
  • ネコソギラジカル(上) 十三階段 (講談社文庫)
  • +
  • ネコソギラジカル(中) 赤き征裁vs.橙なる種 (講談社文庫)
総額: ¥2,960
ポイントの合計: 154pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

生命を礼賛する行為には驚くほどに価値がない、生はどこまでも儚(はかな)く朧(おぼろ)で、死はどこまでも切なく幻だ。そしてそれはただそれだけのものでありそれだけのものでしかなく、むしろそこにそれ以上の価値を見出そうとすることこそが冒涜だ。生きること、そして死ぬこと、その両者の意味を誰よりも理解し、そしてその意味に殉ずることに一切の躊躇がない誠実な正直者、つまりこのぼくは、8月、縁故あって奇妙なアルバイトに身を窶(やつ)すことと相成った。それは普通のアルバイトであって、ぼくとしては決して人外魔境に足を踏み入れたつもりはなかったのだけれど、しかしそんなぼくの不注意についてまるで情状酌量してはくれず、運命は残酷に時を刻んでいく。いや、刻まれたのは時などという曖昧模糊、茫洋(ぼうよう)とした概念ではなく、ぼくの肉体そのものだったのかもしれない。あるいは、そう、ぼくの心そのものかーー戯言シリーズ第5弾

内容(「BOOK」データベースより)

生命を礼賛する行為には驚くほどに価値がない、生はどこまでも儚く朧で、死はどこまでも切なく幻だ。そしてそれはただそれだけのものでありそれだけのものでしかなく、むしろそこにそれ以上の価値を見出そうとすることこそが冒涜だ。生きること、そして死ぬこと、その両者の意味を誰よりも理解し、そしてその意味に殉ずることに一切の躊躇がない誠実な正直者、つまりこのぼくは、八月、縁故あって奇妙なアルバイトに身を窶すことと相成った。それは普通のアルバイトであって、ぼくとしては決して人外魔境に足を踏み入れたつもりはなかったのだけれど、しかしそんなぼくの不注意についてまるで情状酌量してはくれず、運命は残酷に時を刻んでいく。いや、刻まれたのは時などという曖昧模糊、茫洋とした概念ではなく、ぼくの肉体そのものだったのかもしれない。あるいは、そう、ぼくの心そのものか―戯言シリーズ第五弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 768ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/12/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062762269
  • ISBN-13: 978-4062762267
  • 発売日: 2008/12/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 77,935位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
『戯言シリーズ』の5作目にして6冊目,03年07月のノベルスの文庫化です.

重要な鍵を握るであろう人物の登場,その人物から主人公への『宣言』があるなど,
ここへきて物語は大きく動き出したようで,それに併せて世界観も語られていきます.
反面,やや唐突でスケールにも戸惑うところがあり,終盤に繰り広げられるバトルなど,
もはや初期のころとはまったく違う雰囲気に,もしかしたら違和感を抱くかもしれません.

物語は主人公の『変化』が内外面から描かれ,これまでとは一変する
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
西尾氏は戯言シリーズの登場人物に思い入れがあるのかないのか
実際よく分からないけれど、読者の予想を裏切る展開をする。

シリーズの作中で「死んで良い人間なんていない」との発言が
あったように思うが、非常に遺憾。

それは作品が遺憾というより、作中の登場人物の「死」に対する
読み手の気持ちである。本当に「生」というのは儚い。

作品自体は、読み手を最後まで飽きさせない。

なんにせよ、この作品まで読んだらこのシリーズは
最後まで読まざるを得ない気分になってしまい、
残る作品を大人買いしてしまった。。。

本作をお奨めするかと聞かれると微妙なところ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
名探偵の体質を持ち自覚した人間の話。
普通の人間が何度も事件に巻き込まれ、それが続く。が、そんな事はあり得ない。
だけど二次元だからこそ、西尾維新だからこそできる話。
 
 
 
事件が起きても動じない、いつもの事だから。
自分が死ぬことになっても構わない、だって死にたいから。周りに死を振り撒く、そんな人間は死んだ方が良いのだから。
一人一人憶えていたら悲しいから、壊れるから。だから、名前や顔を覚えない。
主人公は死体に慣れ、親しい者の死を達観(逃避)した。
加害者を許さない、殺人を許容しない。
死を誰よりも見てきた。
そんな主人公がようやく前へと進む話。

被害者にも加害者にも決して成れない。彼は傍観者なのだから。
このシリーズはそういう人間の話。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ようやく戯言シリーズ最大の見せ場の為の下拵えが終ったのかな、という感じ。
ここに及んでもまだ主人公と玖渚の具体的な過去には踏み込んでいない。ついに最終作品迄持ち越されてしまうようだ。

本書の内容は、さる助教授の研究のバイトに誘われた主人公が例のように事件に巻き込まれる、というもの。
ただし、これまでの作品と違って推理要素・迷宮要素が殆ど存在せず、事件自体にも複雑性がない。
その分だけバトル要素が増えているかというと、そうでもないのだが。
会話部分が多めなのに加え、複雑な表現が減っているので、厚さの割に文章の量感は普通である。

これまでの作品における主人公の臆病で執拗で不遜な内心が、大きく変化するのが特徴的である。
あれはあれでウザかったが、止められたら止められたで寂しいものだと感じた。

この巻までの道のりはそれなりに長かったが、時には苛々を堪えながらも読み進めて良かったと思う。
なぜ西尾維新が人気作家であるのかも理解できた。この上は三分冊の最終巻を楽しみたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告