通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか?~脳化社会の生き方... がカートに入りました
+ ¥250 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【始めに】  お立ち寄り頂きまして、誠に有り難う御座います。コンディションを最後までお読み下さい。他サイト、店頭販売を併用に行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせて頂きますので予めご了承下さい。(検品者より) 十分な検品をし、出品しておりますが、もし、商品の状態がアマゾンのコンディションガイドラインと異なる場合は、返金保証致しております。付属品等の有無、コンディションをご理解の上、ご購入いただける方にお願い致します。★      ★ ご注文がAmazon様より確定してから36時間以内に梱包・発送致します. カバーはエタノールにてクリーニング済。素敵なご縁に成ります事、心からお待ち致しております。この度は、数ある出店の中からお立ち寄り頂き、誠に有り難う御座いました。素敵な御縁に成りますこと、心からお待ち致しております。※1・2の厳しい評価を書き込む前に即ご連絡下さい!迅速丁寧な対応を心より致します※ 店主
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか?~脳化社会の生き方~ (扶桑社新書) 新書 – 2019/3/2

5つ星のうち5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥979
¥979 ¥390
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで日用品等が30%OFF。 1 件
  • まとめ買いで日用品等が30%OFF。
    Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等と【B】ドラッグストア・ビューティー・お酒・ベビー&マタニティ・ペット・ホーム・家電・オフィス用品・スポーツ&アウトドア・本などをまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。10/10(木)から10/30(水)まで。詳しくは キャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等と【B】ドラッグストア・ビューティー・お酒・ベビー&マタニティ・ペット・ホーム・家電・オフィス用品・スポーツ&アウトドア・本などをまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。10/10(木)から10/30(水)まで。詳しくは キャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか?~脳化社会の生き方~ (扶桑社新書)
  • +
  • 神は詳細に宿る
  • +
  • 孟司と誠の 健康生活委員会
総額: ¥4,059
ポイントの合計: 40pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

「人間は、意識だけでできてるわけではない」より<抜粋>
~基本的に私どもは意識の世界に住み着くというくせをつけてしまった。その方が意識にとっては居心地がいいわけで、なぜならばそういう世界にはゴキブリがいないからです。ですから、あのゴキブリを追っかける執念というのは私は非常に興味があるのでいつも見ています。どうしてあんなか弱い生き物が気に入らないのか。しかしその裏には非常に深い、何か根の深いものがあるのです~


目次
意識は、なぜあるのか?
・脳の機能の基本は、コンピュータと同じである
・意識はひとつではない
・意識とは、自分の脳がどう働くかを知っているということ
・感情とは、脳のバイアスである

人間は死んだら「モノ」なのか?「ヒト」なのか?
・人間は死んだら「モノ」なのか「人」なのか?
・死体には三種類ある
・人間は人工物ではなく、本来自然の存在
・荻生徂徠がいう「米は米、豆は豆」とは?
・社会の中で宗教が果たしてきた"ブラックボックス"の役割
・自然を破壊してきた文明は強い

人間は「人工身体」と「自然身体」の
二つのからだを持っている
・いったい身体とは何か?
・日本では死者と生者をきれいに断ち切る
・数字で一般化された身体・・・「人工身体」
・歴史の上に立った身体・・・自然身体」
・「人工身体」と「自然身体」の埋まらない対立
・原理が違う、首から上と首から下の運動
・戦後、縮小していく身体表現と、肥大していく言語表現

人工(脳)と自然(身体)との
釣り合いこそ重要である
・構造を見るうえで大事な5つの観点
・我々は目玉でものを見ているわけではない
・人工(脳)と自然(身体)との釣り合いこそ重要である

人間は、意識だけでできているわけではない
・都市化を拒否している幸福の国・ブータン
・なぜ、ヨーロッパの都市は城壁で囲うのか?
・都市の中で、やむなく発生してしまうもの、それが人間の身体
・人間は、意識だけでできているわけではない
・ブータンと日本の小学生を、一年取り替えてみたらどうだろう

「男」と「女」という言葉ができたとき、
性の連続が断ち切られた
・自然の中では、男と女の違いを分けることはできない
・男か女かわからないヒトは、自然にできてしまう
・人間が持っている自然は、女性に強く表れる

人間は、自分ができることの説明ができない
・人は自分で自分のやっていることを、よくわかっていない
・なぜ、宮本武蔵は一度も敗れなかったのか?

子どもを育てるとは「手入れ」をすること
・鎌倉の松は、なぜ消えてしまったのか?
・結局、「身についたもの」だけが財産となる
・なんで親は、子どもの教育に自信をもてなくなってしまったのか?
・子どものものを削って、大人のものをつくる時代になった
・都市とは、人間の考えたものしか置かないという約束のあるところ
・現在がどんどん大きくなって未来を食っていく
・子どもを育てるとは「手入れ」をすること
・メメント・モリ=死を忘れるな

「ああすれば、こうなる」だけになった現代社会
・脳を取り出して見てみる
・脳の出力は運動しかない
・人によって違う「現実」を統制するのが世間
・五感だけではない「美しい」「正しい」と感じる現実
・「ああすれば、こうなる」だけになった現代社会
・自然とは「ああすれば、こうなる」が成り立たない世界
・すでに都心ではバーチャル・リアリティになっている!

内容(「BOOK」データベースより)

身近な疑問から見えてくる知識社会の限界。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 273ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2019/3/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594081541
  • ISBN-13: 978-4594081546
  • 発売日: 2019/3/2
  • 梱包サイズ: 17.3 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 36,563位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 3
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

ベスト50レビュアー
2019年3月10日
形式: Kindle版Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年7月22日
形式: Kindle版Amazonで購入
ベスト500レビュアー
2019年3月4日
形式: 新書
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告