¥ 2,592
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ヒトとイヌがネアンデルタール人を絶滅させた がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヒトとイヌがネアンデルタール人を絶滅させた 単行本 – 2015/11/27

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/11/27
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 2,143

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヒトとイヌがネアンデルタール人を絶滅させた
  • +
  • ネアンデルタール人は私たちと交配した
  • +
  • そして最後にヒトが残った―ネアンデルタール人と私たちの50万年史
総額: ¥7,290
ポイントの合計: 220pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ネアンデルタール人絶滅の決定的な要因はヒトがイヌ(オオカミ)を家畜としたこと――。
従来の説よりも1万年以上古い4万年前にネアンデルタール人は絶滅していたなどの最新の知見をふまえ、「侵入生物」「動物の家畜化」という生態学的な視点から人類永遠の謎を解く。

「ネイチャー」「ナショナルジオグラフィック」「ウォール・ストリート・ジャーナル」「オブザーバー」ほか、世界のメディアが驚きとともに紹介したベストセラー!

◎監訳者あとがき より
きわめて刺激的な本である。一般の人にも強い関心があり、永遠のテーマでもある「ネアンデルタール人はなぜ絶滅したのか?」の謎に、最新かつ総合的なアプローチで、原著者パット・シップマンはこれまで想定されたことのなかった推論を導き出した。
アフリカから中東をへてヨーロッパに進出した現生人類は、気候変動や遺伝的多様性の欠失で衰退しつつあったネアンデルタール人を、意図せざる結果として滅ぼした。それには、この頃にいち早く家畜化されるようになったイヌ(原著者の言う「オオカミイヌ」)の存在があった――という説である。
この説を提起したパット・シップマンがベースにしたのは、おおまかに言ってふたつの発見である。
ベルギーのゴイエ洞窟のイヌ科動物が実は家畜化されつつあったオオカミイヌであり、その年代がそれまで想定されていたよりもはるかに古い3万6000年前頃(較正年代)という早さであったこと、そして昨年(2014年)の英科学週刊誌『ネイチャー』8月21日号で報告され、考古学と古人類学の研究者に衝撃を与えた、オックスフォード大学のトマス・ハイラムらのチームによるネアンデルタール人の絶滅と現生人類のヨーロッパへの拡散と制覇の新たな年代的見直しである。
こうした最新知見を基に、動物考古学者として生態学の観点から、上記の説を説得力をもって論述しているのが本書である。

◎目次
序 章
第1章 わたしたちは「侵入」した
第2章 出発
第3章 年代測定を疑え
第4章 侵入の勝利者は誰か
第5章 仮説を検証する
第6章 食物をめぐる競争
第7章 「侵入」とはなにか
第8章 消滅
第9章 捕食者
第10章 競争
第11章 マンモスの骨は語る
第12章 イヌを相棒にする
第13章 なぜイヌなのか?
第14章 オオカミはいつオオカミでなくなったのか?
第15章 なぜ生き残り、なぜ絶滅したか

内容(「BOOK」データベースより)

ネアンデルタール人絶滅の決定的な要因はヒトがイヌ(オオカミ)を家畜としたこと―従来の説よりも1万年以上古い4万年前にネアンデルタール人は絶滅していたなどの最新の知見をふまえ、「侵入生物」「動物の家畜化」という生態学的な視点から人類永遠の謎を解く。「ネイチャー」「ナショナルジオグラフィック」「ウォール・ストリート・ジャーナル」「オブザーバー」ほか、世界のメディアが驚きとともに紹介!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 289ページ
  • 出版社: 原書房 (2015/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4562052597
  • ISBN-13: 978-4562052592
  • 発売日: 2015/11/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 62,357位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 数万年前までヨーロッパを含むユーラシア大陸に生息していたネアンデルタール人。彼らはなぜ絶滅し、なぜ現生人類が生き残ったのか。現生人類がネアンデルタール人を打ち負かしたからか。それとも、何かほかの要因(たとえば気候変動)が働いたからか。いまも議論が盛んなこのトピックに、本書の著者は斬新な視点から挑んでいく。
 まず著者は、ネアンデルタール人絶滅の主因を「気候変動」だとする考え(=気候変動説)を退ける。というのも、絶滅に至るその時期以前に、ネアンデルタール人は何度も大きな気候変動を乗り越えているからである。それゆえ、ただ気候変動を挙げるだけではネアンデルタール人絶滅の十分な説明たりえない、と著者は指摘する。
 そこで、気候変動説に代わって提案されるのが、いわゆる「現生人類侵入説」だ。原書のタイトル(The Invaders)も示しているように、著者はわたしたち現生人類を「侵入生物」と位置づける。そしてとりわけ、その侵入生物たる現生人類が約4万5000年前にユーラシアに到達して以来、ネアンデルタール人を含む多くの生物種がきわめて短い期間で絶滅に追い込まれた、とそう主張するのである。
 さて、ここで大変興味深いのは、ここ数年の年代測定法の見直しによって、いまやネアンデルタール人絶滅の時期がずいぶん改められている点である。これまで、ネアンデルタール人は地中海沿
...続きを読む ›
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 クマ #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2015/12/8
なぜネアンデルタール人が絶滅し、初期現世人類は絶滅しなかったのか、という
人類学の大問題に迫る知的興奮に満ちた一冊である。

その原因として気候変動説が有力であったが、合理的な説明がつかないことから、
新しい「侵入生物」であったのではないか?たとえば、それがヒトとイヌではないかと
仮定し、吟味を進めていく。

ネアンデルタール人は私たち現世人類と親交が深く、交配までしていたという事実が
古代DNA鑑定から確かめられた。データを消去法で検証した結果、両者がともに
過ごした期間は2600~5400年程度と推察されることがわかった。

ネアンデルタール人は主に肉食をしてきたことが確かめられていて、現世人類とは
食物資源が重なり合っていたことが想像できる。その食物を手に入れるための
ハンティングの腕前の決定的な差を生み出したのが、オオカミを家畜化し、イヌを手に
入れた現世人類で、結局のところ、それが勝利した原因ではないかという仮説が
浮かび上がってくる。

しかし、この仮説は「欠点や不明点でいっぱい」と著者が困った顔をするように、更なる
検証を待たねばならないが、古人類学の分野に新しい発見が満ち溢れる、刺激的な
ものであることは間違いない。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ネアンデルタール人の絶滅は
人類が、飛び道具を使い始めたことと
イヌ(狼の家畜化したもの)とともに狩りをするようになり
食べ物で競合したことと
毛皮でより寒地へ適合したこと・・・・というのが著者の今回の仮説。

私が特に興味を持ったのが、後半の「人の目」に関する論議。
人は白眼が広いことにより、自分の視線の向きを他のメンバーに伝えることができるということ。
そして、それは「オオカミ」「イヌ」にも通じている特性。
ネアンデルタール人がどれほど白眼が大きかったか?は不明ですが
人がオオカミを家畜化してイヌにしていく場合に
お互い「視線」を通じて、コミュニケーションするのに都合がよかったのではないか?という考察。

とても面白く読みました!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック