ヒッチャー [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヒッチャー [DVD]

5つ星のうち 2.8 21件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,980 通常配送無料 詳細
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、falo-mediaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 2,780より 中古品の出品:12¥ 428より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ヒッチャー [DVD]
  • +
  • ヒッチャー [DVD]
総額: ¥5,871
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ショーン・ビーン, ソフィア・ブッシュ, ザカリー・ナイトン, ニール・マクドノー, マイケル・ベイ
  • 監督: デイヴ・メイヤーズ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2008/03/05
  • 時間: 83 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0011YNEAW
  • EAN: 4988013453746
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 139,357位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ルトガー・ハウアー主演のカルトサスペンスを、『トランスフォーマー』のマイケル・ベイが製作を手掛けてリメイク。長距離ドライブ中にヒッチハイカーを乗せた大学生カップルが、恐ろしい惨劇に見舞われる。R-15作品。

内容(「Oricon」データベースより)

「トランスフォーマー」のマイケル・ベイが1986年公開の戦慄のサスペンス・アクションを完全リメイク!大学生のカップル、グレースとジムは、ドライブの途中に正体不明のヒッチハイカーを乗せてしまったことで、悪夢のような事件に巻き込まれる。密室の車内で凶器をちらつかせ、2人を脅迫するそのヒッチハイカーは、州内を騒然とさせていた連続殺人犯だった…。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

それなりに楽しめました。レプリカントのイメージ強かったハウアーと違い、ショーンビーンはリアルな犯罪者みたいでよかったです。オリジナルとは女と男が入れ違ってる展開もデスプルーフっぽくてよかったです。ある意味、こちらのほうが狙ってない分、よりグラインドハウスっぽいかなと思いました。オリジナル版よりも短い1時間30分に満たない上映時間も最高です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前作(リメイクの原作)を知っているので、ついそのイメージで見てしまう。

ヒッチャーの一線越えた怖さというか不気味さが減り、現代風な無差別殺人者になっている感がある。
「なんでこんなに追い詰めるのか」という殺人者の素性が本当は気になるはずだが、
そんな当然な疑問が頭に浮かぶ事さえ許さない、あの狂喜さが少し足りない。
ある意味、本当にありそうな感じに収まったリメイク作品。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
オリジナル版“ヒッチャー('84年)”はサスペンスとしても、アクションとしても大傑作だった。
そして、このリメイク版が公開された初日に見に行ったのだが、あまりにも地味と言うか、
小粒な作品でオリジナルの足元にも及ばなかった。
悪い意味で最近の作品のリメイクと同じ感じがした。

オリジナルのジョン・ライダーを演じたルトガー・ハウアーは、
意味深なサイコ殺人鬼を熱演じていて非常に怖かった。
しかし、ショーン・ビーンはただのサイコ野郎で“自分を止めて欲しい"という気持ちが
微塵も感じられなかった。
また、主役のソフィア・ブッシュはそこそこ頑張っていたが、脇役になってしまった
ジム・ハルジー(ザカリー・ナイトン)はオリジナルの活躍は何処へやら、
全く使えない男に成り下がってしまっていたのは残念である。
そして、1番の問題点は、最近の作品に良くある“驚かせ演出の多用”であると思う。
それもどこでくるかは見え見えなのだ。
これは、TV畑出身のデイヴ・マイヤーズの力量の無さが原因だろう。

最後に・・・どうした!?エリック・レッド!!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ルトガー・ハウアー主演でヒットした同名映画のリメイク版。
大学生のジム(ザカリー・ナイトン)とグレース(ソフィア・ブッシュ)が大雨の中ジョン・ライダー(ショーン・ビーン)と名乗るヒッチハイカーを乗せる。
しかし彼は州内を騒然とさせていた連続殺人犯だった・・・
製作がマイケル・ベイなのでアクションは派手。
特にカーアクションは見もの。
ショーン・ビーンも役にはまっていて中々良かった。
B級感はバリバリ出ていますが俺はB級映画が好きなので嬉しかった。
ストーリーもテンポよく進んでいくので観やすい。
ソフィア・ブッシュは気弱なヒロインではなく力強いヒロインだったので好感が持てました。
ただ、オリジナルでは大活躍したジム・ハルジーが情けなかったのがちと残念。
これも時代の流れかな。
近年は女性が強いですね。(バイオハザードやイーオン・フラックスのように)
まあ、俺的にはかなり楽しめました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
非常にストレートな作品です。
ストーリー、キャラの作り方、恐怖描写、類型的そのものかも。
でもお約束通りだからこそ楽しめる、という世界もあるかも。
普通に怖いし、楽しめます。
でも、本当にストレートだな、これw
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
テキサスチェンソーと感じが似てるなぁ〜と思って見てました。
納得です!それなりに恐怖感が出てるし、楽しめました。
只、子供と見たので吹き替え版で鑑賞しましたが、主人公の女の子の声は
イメージダウンで(かわいくない声)なんかせっかくの恐怖心を
ぶち壊してしまいました。やっぱり声って大事だわ!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「殺して、殺して、殺しまくるッ!」…謎のスーパー殺人鬼・JOHN RYDER(SEAN BEAN)。旧作のJOHN RYDERとは全く違う殺しの‘美学,を持っている。SEAN BEAN演じるJOHN RYDER、何故か?憎めない…そして、何故か?哀愁があり寂しそう…。この男、確かに残忍極まりない冷酷・非情な謎の殺人鬼だが、ここまで片っ端から殺人を犯るからには、必ず理由がある筈…。何かを望んでいる!…イカレてはいるが、眼光はまともに感じられる。この男の標的にされたのが、休暇ドライブ中のカップル…ジム(ZACHART KNIGHTON)&グレース(SOPHIA BUSH)。このカップルは最終的には、JOHN RYDERに寄ってジムは惨殺され、グレースは人生を狂わされる。ラスト…グレースはJOHN RYDERを射殺してSTORYは幕を閉じるが、結果を観ればJOHN RYDERが勝利した…JOHN RYDERの思惑通りに‘事,は済んだ…僕には、そう感じられた。観終わった時に‘不思議な感覚,が残る映画だったと、素直に思えた。本作品…僕の中では1級の作品となりました。SEAN BEANの魔物的な1級の演技の芝居が輝る作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック