通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ヒストリエ(6) (アフタヌーンKC) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ヒストリエ(6) (アフタヌーンKC) コミック – 2010/5/21

5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヒストリエ(6) (アフタヌーンKC)
  • +
  • ヒストリエ(5) (アフタヌーンKC)
  • +
  • ヒストリエ(7) (アフタヌーンKC)
総額: ¥1,821
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

『寄生獣』で世を震撼させた岩明均氏が漫画家としてデビューする前から温めていた物語、それがこの『ヒストリエ』。舞台は紀元前、後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作です。蛮族スキタイの出身でありながらそれを知らず、都市国家カルディアでギリシア人養父母に育てられたエウメネスは、そのおかげでギリシア的教養を身につけることとなる。ある日養父がスキタイ人に殺され、自分の出自を知ったエウメネスは奴隷の身分に落とされてしまう。それが彼の波乱の旅の始まりだったのです。



遂にマケドニアの王子アレクサンドロスと対面したエウメネス。アレクサンドロスは他の同世代の若者たちと共にミエザの学校で学び、エウメネスは王に命じられ乗馬訓練に勤しむこととなった。乗馬訓練の最中エウメネスは自らの ルーツに迫る発見をし、アレクサンドロスは若者たちと共に馬で絶景を見学に行くが、そこで事故が発生する。その後アレクサンドロスとエウメネスは再会するがアレクサンドロスの様子は以前と違っていた。

著者について

岩明 均
1960年7月28日生まれ。東京都出身。1985年、ちばてつや賞入選作品『ゴミの海』が「モーニングオープン増刊」に掲載され、デビュー。『寄生獣』で第17回講談社漫画賞(1993年)、第27回星雲賞コミック部門(1996年)受賞。2003年より「アフタヌーン」にて『ヒストリエ』の連載中。


登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063106624
  • ISBN-13: 978-4063106626
  • 発売日: 2010/5/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
アフタヌーンに連載されているカルディアのエウメネスを主人公にした作品。月刊誌の連載、しかも毎月掲載されているわけでもないこの作品の単行本化のペースは非常に遅く、ファンとしては続きが読みたくてやきもきしていた。
いよいよ、主人公が将来仕えることになるアレキサンダー大王(まだ大王ではないが)が登場。今巻はエウメネスとの絡みはあまりなく、むしろ大王になる前のアレキサンドロスの人物紹介が主になっている。
今までは、記録があまり残っていないエウメネスの前半生を描いていたが、これからはいよいよ歴史の表舞台に出るエウメネス。著者は、どう描いていくのか。とっても楽しみだ。でもまた1年、待たなきゃいけないのね。
1 コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
待ちに待った「ヒストリエ」最新刊。

最近の漫画は、CGの進化なのか背景など異常に細かくて、
設定やストーリーも凝ったものが多く、そういうものも確かに良いが
この積み重ねられた、ささやかなエピソードにより
読み手に裏側を想像させたり、感動させたりできる手腕は
名人としかいいようがない。

一巻から出ていた、あの装飾品に意味があるとは思っていたけど
六巻にもなって出てくるなんて、すごい構想力だ。

ゆっくりでもいいので、最後まで読みたいです!
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ヒストリエ6巻は、仕事や馬術の修練に勤しむエウメネスを中心にマケドニアという国の成り立ちを紹介する前半と、ミエザにてアレクサンドロス王子と学友達を紹介する後半からなる。

5巻のカルディア編クライマックスから一段落して、次の舞台と人物の紹介のためやや落ち着きを見せるストーリー。
だが史実ではアレクサンドロスの僚友であったヘファイスティオンの扱い一つで、死体の一つも出すこと無く岩明均らしいグロテスクな神話的妖しさをすでに醸し出している。
”鐙”の伏線回収や偏執的にアレクサンドロス母子に現れる蛇のイメージなど、小さなエピソードもページ数を割いて(時間をかけて)丁寧に描くゆえに、読者は続刊を待ち焦がれる苦しみも背負わねばならない。
個人的には実に味のある脇役としてディオドトス書記官が目についた。

だがしかし今回の見所は馬だ。
表紙でアレクサンドロスに付き従う僚馬ブーケファラスに始まり、あちこちの場面で躍動する馬の肉付きから毛並みの一本一本まで実に精緻に描きこまれ、馬の足運びも気持ちも手にとるようにわかる。
そうしてリアリズムを追求した先にある美が単行本のあちこちに散見される。
各エピソードでも馬が関連していることから、岩明御大は恐らくこの巻で馬を魅せようと描き方を研究したに違いない。
漫画でなければ味わえない視覚的な幸福を味わっていただきたい。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
もうすごく発行ペースが遅いのは仕方ないとあきらめました。
でも読むたび続きが気になってしかたない。
これから話が大きく動いていきそう!なところでつづく…
もうこれ、一気に10巻くらいまとめ読みしたいです!
4巻で一つの山場を迎えたと思うんですが、そこからまた淡々とストーリーが進んでいる状態で
これからおこりそうな山場に期待感がもりあがってきます。
エウメネスの、狂気的で頭が良くてひょうきんで優しくて痛々しくてかっこいい
もう完璧なまでに魅力的なキャラクターにやられています。
内に秘めたる狂気をたまにかいま見せるところがたまりません。
そのくせ大口がはーっとあけて呆れたり笑ったりするんだよね。
表情の落差は岩明先生の特長ではあるけど
エウメネスにはこの絵がぴったり嵌ってると思いました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
アレクサンドロス大王の部将兼書記官をつとめたエウメネスの生涯を自伝的につづるコミックの6巻目。
本巻ではいよいよマケドニア宮廷の人間模様が描かれ、エウメネスを取り巻く人々の全体像が明らかになってくる。
やがて世界征服を成し遂げるはずの、アレクサンドロスと彼の側近になる若者たちの溌剌としたエネルギーが満ちているようすが生き生きと描かれていて小気味よい。
一方で、アレクサンドロスにまつわるある「秘密」など、宮廷の暗部もまた明らかになってくる。
巻末に「著者がデビュー前からあたためていた」とある。このようなことを言うのは無粋を承知で申し上げると、そのような段階では、当代の第一人者・森谷公俊氏の著作はおろか、ろくに日本語で読める文献もなかったと思う。それでいて、マケドニア宮廷の人々はかなり史実に忠実に描かれていて、著者の丹念な下調べの努力が物語の厚みを下支えしていることが窺われる。
固いことを言ってしまったが、個人的注目はエウリュディケ。彼女は今のところ端役だが、これからきっと活躍すると思うので、お見逃しなく。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック