通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ヒストリエ(4) (アフタヌーンKC) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヒストリエ(4) (アフタヌーンKC) コミック – 2007/7/23

5つ星のうち 4.7 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヒストリエ(4) (アフタヌーンKC)
  • +
  • ヒストリエ(5) (アフタヌーンKC)
  • +
  • ヒストリエ(6) (アフタヌーンKC)
総額: ¥1,821
ポイントの合計: 47pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『寄生獣』で世を震撼させた岩明均氏が漫画家としてデビューする前から温めていた物語、それがこの『ヒストリエ』。舞台は紀元前、後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作です。蛮族スキタイの出身でありながらそれを知らず、都市国家カルディアでギリシア人養父母に育てられたエウメネスは、そのおかげでギリシア的教養を身につけることとなる。ある日養父がスキタイ人に殺され、自分の出自を知ったエウメネスは奴隷の身分に落とされてしまう。それが彼の波乱の旅の始まりだったのです。

著者について

岩明 均
1960年7月28日生まれ。東京都出身。1985年、ちばてつや賞入選作品『ゴミの海』が「モーニングオープン増刊」に掲載され、デビュー。『寄生獣』で第17回講談社漫画賞(1993年)、第27回星雲賞コミック部門(1996年)受賞。2003年より「アフタヌーン」にて『ヒストリエ』の連載中。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/7/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063144607
  • ISBN-13: 978-4063144604
  • 発売日: 2007/7/23
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
休載が多くなって、かなり間隔が開いての第4巻。
最強戦闘民族の最強戦士の子という肉体属性よりも、知将として
の頭脳戦にスポットあてる方向になって、面白くなってきた。
この巻では初陣を描いていて、エウメネスが自分の人生の有り様
を自覚するところがいい。善良素朴な村人の中で、自分だけにし
かできない殲滅戦の作戦立案が成ったときの高揚感と自信。
しかし、必要とあればいくらでも人を殺せるという異能は平和の
訪れとともに… 
エウネメスは自分の才能も、それを必要とするところも必要とさ
れないところも全て自覚して、迷いなく行動していく。友情も恋
も確かなものだったのに、それは記憶の中にしまいこんで… 
頑張れ! 
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
アレクサンドロス大王の部将兼書記官をつとめたエウメネスの生涯を自伝的につづるコミックの4巻目。
この巻ではエウメネスの「最初の戦い」が描かれ、3巻目まで虐げられていた主人公に感情移入していた人はやっとスカッとする展開となる。
また、巻末で1巻の冒頭にもどり、ここでこの長い物語のプロローグが終わり、次巻からフィリッポスやアレクサンドロスが登場するのだなぁ、という期待を持たせるところで終わる。
本作の魅力は何と言っても主人公のキャラクターだろう。闊達でありながら内省的なエウメネスに惹かれる人は多いと思う。「寄生獣」と比較されることも多いが、新一よりも完成されたキャラクターと言えるかもしれない。
エウメネスやバルシネのその後については、森谷公俊『王妃オリュンピアス』、『アレクサンドロスの征服と神話』等を読むと輪郭がつかめる。あえてそれらの情報に触れずに物語として楽しむのも手かもしれない。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 紀元前343年、ペルシア帝国アッソスの町からはじまったシリーズ第1巻の冒頭に、ようやく話がつながっていく第4巻。主人公エウメネスの背中の刀傷の由来も、そっかー、そういうことだったのかー・・・と、本書を読めばバッチシ了解。
 後にアレクサンダー大王の側近として名を馳せることになるエウメネスの少年時代の足どりを訪ねて行く本シリーズ。話の歯車ががたりと、ひとつ回転した音が聞こえた気がした第4巻。「が しかし・・・・・・ オデュッセウスの冒険は ここから始まる」と呟くエウメネスの台詞がいいですね。なんかさ、話もここからもっとわくわく、面白くなっていくんだよ!って感じで。
 本巻ではまた、気になるキャラがひとり、出てきました。レスボス島の生物研究所で何をしているのか?>不気味なヤツ。この人物の黒い笑いが、この先、どのシーンでカチャリとハマるのか。作者がわざと落としたパズルの1ピースを拾った気分。うーん、気がかりだなあ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
3巻から1年以上たつというこのゆっくりしたスパン。
取材や資料集めに膨大な時間をかけているのかもしれない。
歴史考慮がちゃんとなされていて、絵柄はまったく寄生獣と変わらないのに
ちゃんと古代を感じさせるし、それぞれの人物もその時代の考え方をしている。
その中で一人、近代的な考え方(?)をしているかもしれない
新しい存在がエウネメス。
知略をめぐらし、頭で戦うという事をおしすすめる彼は
ちょうど今やっているNHKの風林火山の勘助を思わせる部分もある。
時代がこういう人を求める流れなのかもしれないなあ。
暴力だけで問題を解決しない様は、今の時代を生きている自分達にも
参考になる部分が多い気がする。
正直、寄生獣が良すぎて、そのあとのこの作者の作品はどれも物足りなかった。
ヘウレーカを経て、この作品の1巻を読んだ時
久しぶりにこのヒストリエはヒットになりそうだと思ったが、その通りだった。
長いスパンで読ませる話だろうから、じっくりと時間をかけて描いてほしい。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
岩明さんは、初の連載作「風子のいる店」の当時からずっと応援している作家です。
芯はしっかりしていながら、どこか揺らぎのある、独特のキャラの主人公を描くのが好きでした。
風子、新一、エウメネス…段々とその揺らぎは薄らぎ、自分に確信を持った主人公へと変化してきたのは、
作家自身の成長でもあるのだろうと思います(「寄生獣」の新一に関しては、初めと終わりでもかなりキャラが変化してます)。
この作家の物語の主人公はどれも一貫して、ある意味で作家自身の分身であるように、私には見えます。
そして、なぜか判らないのですが、彼の物語の主人公には、
つい自分を重ね合わせてしまう、という感じの共感をいつも持ってしまうのです。私だけなんでしょうか。。。

エウメネスも、並外れた知性と体力を持つ英雄的人物として現れていながらも、
芯の芯には、風子と共通する自分の存在への心細さを出発点として抱えているように思われるのです。
そこが岩明さんの物語の懐の深さであり、魅力ではないでしょうか。
ストーリーテリングの見事さは作を重ねるごとに素晴らしくなり、饒舌に説明しすぎることもなく、
こちらに考える余地を残してくれるネームも非常に完成度が高いと思います。
デビュー前から温めていた題材とのこ
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー