通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ヒストリエ(2) (アフタヌーンKC) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヒストリエ(2) (アフタヌーンKC) コミック – 2004/10/22

5つ星のうち 4.9 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヒストリエ(2) (アフタヌーンKC)
  • +
  • ヒストリエ(3) (アフタヌーンKC)
  • +
  • ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC)
総額: ¥1,821
ポイントの合計: 47pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『寄生獣』で世を震撼させた岩明均氏が漫画家としてデビューする前から温めていた物語、それがこの『ヒストリエ』。舞台は紀元前、後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作です。蛮族スキタイの出身でありながらそれを知らず、都市国家カルディアでギリシア人養父母に育てられたエウメネスは、そのおかげでギリシア的教養を身につけることとなる。ある日養父がスキタイ人に殺され、自分の出自を知ったエウメネスは奴隷の身分に落とされてしまう。それが彼の波乱の旅の始まりだったのです。

著者について

岩明 均
1960年7月28日生まれ。東京都出身。1985年、ちばてつや賞入選作品『ゴミの海』が「モーニングオープン増刊」に掲載され、デビュー。『寄生獣』で第17回講談社漫画賞(1993年)、第27回星雲賞コミック部門(1996年)受賞。2003年より「アフタヌーン」にて『ヒストリエ』の連載中。


登録情報

  • コミック: 220ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063143597
  • ISBN-13: 978-4063143591
  • 発売日: 2004/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
読み始めた当初は、往時のギリシャの風土をよく考えて書いていらっしゃるなあと思う反面、現代日本人でないと理解できない台詞を登場人物たちに言わせていて、これもご愛嬌でしょうかと半ば容認しながら読み進めていたのですが、2巻から変わりましたね。エウメネスの少年時代は多くが創作の部分とはいえ、古代人の生きるとは何か、が内容に反映されはじめたと思います。
そうは言っても、人類の歴史を考えてみると、何千、何万年と世俗は移り変わりますが、人の思考はそんなに大きく変わりません。日本で言えば、平安時代の源氏物語に描かれている心情と現代人の感覚にはほとんど差異がありません。こういった普遍性なるものが人類にはあるので、それが過去の人物であろうと海外の人物であろうと、親近感を覚えたり、理解したりできるのでしょうね。
最近、ヴィンランドサガ、イノサンと優れた世界史のマンガが世に出回っているのも嬉しいです。もちろん、本作はオススメですよ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ホメロスの『オデュッセイア』が一番好きだと語る主人公が、おそらくオデュッセウスと似たような境遇に陥るのであろう所で2巻は終了、1巻で既に故郷に帰ったわけだが、今後は1巻までの波乱万丈の物語が描かれるのだろうか、あるいは書記官時代が描かれるのだろうか。
「本には何も書いていない」と呟く主人公が物語の主人公と似たような境遇になり、さらに書を書く職業である書記官となる過程、今から楽しみだ。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yass VINE メンバー 投稿日 2010/6/20
形式: コミック Amazonで購入
主人公をスキタイ人にすることでドラマが劇的になる。
民族としての主人公の位置が生まれるのだ。
論理をすり替える大人とそれに気づく子供。
そこにこそ作者が描きたかった人物像が垣間見える。
非常に精緻な作品なのだ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
残酷なシーンは読後の食事に差し支えます。
食べている食感が、トラクスのはいだ人の皮のようで・・・。
とはいえ、この著者の残酷なシーンは、
ちょっとリアルで興味深い、こんなこともあるだろう、こんなこともあったろうという感じです。

淡々と進む冷酷な事件の中で、情が垣間見られ良かったです。
主人公の実母や養母の気持ちにウッときました。
この著者は女性の立場もフェアに描いてくれていますよね。男性の立場から女性を違った人種にすることなく、立場に立った気持ちの分かる描き方をしてくれている、そんなところがとても好感を持っています。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「学問は胆力をつける」というのは、小さいながらにこういうことを言うんだろうなと。まだ2巻までしか読んでいませんが(勿体なくて!)、これから主人公が色々なことに遭遇して練れてくるのだろうかと今から楽しみです。
ベースが歴史ということもあり、大変力強い説得力です。
1巻が無料だったので読んでみたところ、続きが気になって気になって・・・。数日間抵抗した挙句、ついに2巻目を買ってしまい夢中で読みました。現在9巻まで出てると(嬉)?ああはまってしまった、どうしてくれるんだよAmazon!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 第2巻には1巻に続いて物語序盤でのエウメネスの人物造形について重要な伏線が張られている。それが「現実のスキタイ人」であるトラクスの登場である。ギリシャ人として過ごして来た少年期のエウメネス。その彼の中にある異質な要素「スキタイ人」。既にそれは第1巻7話の「同じ夢」で暗示されているが、これはあくまで夢である。実際この先もエウメネス自身の目には、夢の中の女は常に漠然とした姿でしか現れない。だがトラクスは現実にエウメネスの前に姿を現す。その美しくて残虐な戦いぶりが3話に渉って描かれる。彼に対するエウメネスの強い共感。そして、直後にエウメネス自身もスキタイ人であると云う事が明らかになる。淡々と出来事を語っているようでいて、実は極めて綿密に構成されたストーリーだ。

 この「スキタイ人」であり「ギリシャ人」でもあると云う異質性を内包する事によって、エウメネスの人物造形は「寄生獣」・「七夕の国」から大きな飛躍を遂げた。恐らくエウメネスの中のこの「異質性」の発展が物語の中で大きな意味を持つ事になるだろう。エウメネスがどのように成長していくのか。今後の展開に大きな期待を抱かせる。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
私は7巻まで読んでいますが「ヒストリエ」はアレキサンダー大王の秘書官まで上り詰めたエウメネスの生涯を描くスケールの大きな歴史絵巻である。その物語の構成力、歴史考証、展開の妙、それにコミックならではの表現力、絵のタッチも繊細なところまで凄く良く描けている。ストーリーと絵のバランスのレベルが高い作品である。岩明均は本当に力量のある作家だと思う。最近では山田芳裕氏の「へうげもの」も傑作だがこれと並ぶ歴史ものの白眉と言っても過言ではない!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー