通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC) コミック – 2004/10/22

5つ星のうち 4.2 57件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC)
  • +
  • ヒストリエ(2) (アフタヌーンKC)
  • +
  • ヒストリエ(3) (アフタヌーンKC)
総額: ¥1,821
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『寄生獣』で世を震撼させた岩明均氏が漫画家としてデビューする前から温めていた物語、それがこの『ヒストリエ』。舞台は紀元前、後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作です。蛮族スキタイの出身でありながらそれを知らず、都市国家カルディアでギリシア人養父母に育てられたエウメネスは、そのおかげでギリシア的教養を身につけることとなる。ある日養父がスキタイ人に殺され、自分の出自を知ったエウメネスは奴隷の身分に落とされてしまう。それが彼の波乱の旅の始まりだったのです。

著者について

岩明 均
1960年7月28日生まれ。東京都出身。1985年、ちばてつや賞入選作品『ゴミの海』が「モーニングオープン増刊」に掲載され、デビュー。『寄生獣』で第17回講談社漫画賞(1993年)、第27回星雲賞コミック部門(1996年)受賞。2003年より「アフタヌーン」にて『ヒストリエ』の連載中。


登録情報

  • コミック: 212ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063143589
  • ISBN-13: 978-4063143584
  • 発売日: 2004/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
若い人に(ちなみに私は50過ぎです)、是非是非読んでみてくれなどと言って五巻分押しつけられた。
だいたい、いい本ですよ(コミックでも)とか言って「読んでください」などと言われると、かえって腰が引けてしまうのが常である。
今回もそう。一気に五巻、それも熱心にすすめられ、かえって手に取る気がしなくって、しばらく放置していた。しかも、「寄生獣」の岩明均かぁ。。。ちょっと、アレルギーあるなぁ、なんて勝手に思っていた。

ところがところが、読み始めてみるとどうだ。
これはおもしろい。
小説の醍醐味は、物語から、自分でその世界を空想することだけど、何せ古代ギリシャ時代とか言われると、やはり想像には限度があり、特に市民の普通の生活までもは想像することができない。「絵」として結べない。

その意味で、本書は、我々に誠になじみのない「古代ギリシャ」の町中の様子、市民の様子がイメージされ、実に楽しい。
ストーリーも中々ドラマチックで、わくわくする。
あぁ、あっという間に五巻まで読んでしまった。まとまって読めた幸せと、続きが読めない待ち遠しさ。
今度も、一巻一巻読むのではなく、しばらく我慢して、また一気に数巻読むかな。

これは、なかなかのおすすめ、です。
「寄生獣」とは、全く別の世界ですね。
あぁ、おもしろかった。次、早く出ないかなぁ。
コメント 118人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
10年ぶりに岩明先生の「寄生獣」を読んで、その残酷性と巧緻な心理描写の強いコントラストに改めて感動したが、この「ヒストリエ」もまた岩明先生の作風が強く滲み出た、秀逸な作品である。
舞台は紀元前のギリシャ。主人公エウメネスの幼少からの人生を、時折示唆される彼の暗い過去の体験を暗に織り交ぜながら、まるで目の細かい織物を織り上げるかのように物語を展開させていく。読者は冒頭からの残酷なシーンに一旦は引きながらも、その後刻々と展開する物語にすぐさまのめりこんでいくであろう。
今はまだ2巻までしか刊行されていないのが惜しまれる。早く先を読みたいと強く思わせる傑作に久々に出会えた。あなたが歴史好きではないとしても、物語の魅力だけで十分にのめり込めることは間違いないだろう。ただし、かなり残酷なシーンがあるので、スプラッターがダメな人にはあまり薦められない。絵とはいえ、言い知れぬ生々しさを伴うのもまた、岩明先生が名人なるがゆえなのかもしれない。
コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
多くの岩明ファンと同じく「寄生獣」に心震わされ、「雪の峠・剣の舞」や「ヘウレーカ」といった歴史物も大好きな私が、
「ヒストリエ」の連載開始をどれほど喜んだことか。
アレクサンドロス大王の書記官という、著者一流の主人公セレクトにいかなる意図があるものかと、
妄想しつつアフタヌーン発売日を待ったものです。
そして、連載開始。面白い、確かに面白いのではあるのだけれども、どこと無く物足りなさも感じる。
延々と「序章」を見せられているかのような…。
傑作を世に送り出した作家が、創作家として苦しい状況に立たされることは間々あることです。
岩明均もそうなのかと残念に思いつつ、あれほどの傑作(「寄生獣」)の後では致し方ないと自分を慰めていたものです。

しかし、単行本をまとめて揃え、一気に読み返したとき評価は一変しました。
何様か自分。なんという節穴。ゆるゆるとした「導入」としか思えなかった部分に、
何と多くのドラマがあることか。

こんな程度の読み手である自分がレビューを書くのはおこがましいのですが、
一つ言い訳をさせていただければ、まとめ読みによってこれほど読みの質が変わる作品も珍しいと思います。
連載は休載が多い状況で、いつ完結をみるのか全く予
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/10/25
形式: コミック
「寄生獣」「七夕の国」の岩明均の最新作。
紀元前のオリエントを舞台に、アレクサンダー大王の書記官・エウメネスの生涯を描きます。
相変わらず淡々としてますが、職人的な面白さ。
世界史はサッパリの私でも楽しめました。
ハードな世界観なのに、どこかのんびりしているこの感じ、好きです。
そしてこの作者お得意のグロい描写は「寄生獣」とほぼ同レベルにあります。
ダメな人はダメでしょうが、この人の無機質な絵だと私は平気でした。
この1巻だけだと、正直物足りない。
まだまだ序章という感じです。
ただ2巻に入ると、一気に物語が動き始めます。
怒涛の展開に目が離せません。
出版社もそりゃ2冊同時発売にしますわ。
1・2巻セットで考えて星5つ!
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック