中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 り.えこ書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご検討ありがとうございます。全体的に良好状態です。表面など中品ですので多少のダメージが残っている場合があります。ご理解の上検討お願いします。☆通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヒストリアン・II 単行本 – 2006/2/22

5つ星のうち 2.7 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 780 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

 16歳の少女が、ある夜遅く、父の書斎で一冊の古い「本」を見つけた。竜の挿絵がひとつある以外は何も印刷されていない奇妙な本だった。本といっしょにあったのは黄ばんだ手紙の束。手紙にはどれも宛名がなく、「不運なるわが後継者へ」と記されていた。  
少女の冒険は、「本」を手にした瞬間から始まる。
娘がそれを見つけてしまったことを知った父は、彼女をヨーロッパ各地への旅に連れ出した。父が旅先でぽつぽつと語りはじめたのは、それまで口にしたことのない大学時代の父と死んだ母の出会いの物語だった。きっかけは、もう一冊の「本」を持っていた父の歴史学の恩師、ロッシ教授だった。しかし、ロッシ教授は父にすべての資料を託した直後に失踪してしまう。
父の物語は、失踪したロッシ教授を捜す旅の物語だった。ロッシの残した手掛かりは、15世紀に実在した東欧ワラキアの領主、「ドラキュラ」こと「ヴラド公」に関する資料だった。父の旅は東欧の隅々にまで達した。各地に散らばる古文書資料と伝説、そしてそこここに隠された暗号を解き明かしながら旅は進む。
しかし、すべてを語り終えないうちに、父自身が少女の前から姿を消してしまう。
 若き日の父はロッシ教授を見つけることができたのだろうか? そして父はなぜ突然姿を消したのか?
 娘に残されたのは、父が残した手紙だけだった。
 手紙だけを頼りに少女の冒険旅行は新たな展開を見せる。
やがて少女が知りえたこととは・・・?
 国境を越え、時間を超え、そして世代を超えて、闇に葬られた史実に挑むヒストリアンたちの命がけの物語。
 

出版社からのコメント

2005年6月、アメリカのミステリ界に新星が現れた。
10年をかけて執筆した処女作”The Historian”を発表したエリザベス・コストヴァだ。発売になるや、たちまちベストセラー第1位に躍り出て、100万部を突破した。世界33か国で翻訳出版が決まり、映画化も予定されている。

「歴史家(ヒストリアン)」それは歴史の謎解きに見せられて、真実を探し求める者たち。
 串刺し公ヴラドは残虐なけだものだったのか、それとも・・・?
いまも謎に包まれる、闇に葬られた彼の真実の姿とその亡骸のゆくえは?謎の本を手にした者が次々と姿を消していく。いったい彼らはどこへ消えたのか?
 舞台は東西ヨーロッパの図書館、教会、修道院。手掛かりは古文書、民謡、そして伝説。
 歴史好き、旅好きそしてもちろんミステリ・ファンにはたまらない一冊!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 501ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (2006/2/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140054948
  • ISBN-13: 978-4140054949
  • 発売日: 2006/2/22
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 14.2 x 3.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 570,768位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ヒュー VINE メンバー 投稿日 2006/3/30
形式: 単行本
 ヒストリアンの後編である。ヒストリアンというタイトルの謎がわかった。謎が解けてしまうと、イマイチだったような気がする。

 映画化されるらしいが、「ヴァン・ヘルシング」を超えるとは思わない。

 龍の秘密・龍の秘密と宣伝して、引っ張っているようではあるが、別に大した秘密は無い。

 流行の一冊なので読んで良かったが、数年先に本書は名作として再度世間をにぎわすような名作にはならないような気がする。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
何時か面白くなるんだろう、と最後まで読みました。

面白くならないまま終わりました・・・。

2巻の半ばでは投げ出したくなりました。

(買ったからには仕様が無いので読みましたが)

ま・・・広告をみて吸血鬼物か〜と妄想を膨らませた私が悪いのかもしれません。

でも、ワラキア公の事はもっと突っ込んで書いて欲しかった・・・。

吸血鬼好きには不満が残る作品だと思いますよ。

(歴史好きにも…)
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
歴史ミステリーといってもDan Brownの2作品のようなプロットの展開の速さやひねり、薀蓄の数々を期待すると裏切られる。ハラハラよりもイライラの方が多かった原因は説明的でだらだらとした文章が多かったせいかもしれない。話の根本自体がフィクショナルであるため、あまりに現実離れしすぎており、感情移入しづらかったのも一因。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ヒストリアン1の後編。

1と同時にこの2も買ってたのでしかたなく読んだといった感じです。

1は翻訳者との相性が悪いのかすごく読みづらくて

なかなか前に進むことすらできなかったのですが

2ではだんだん翻訳者に慣れてきたのか、それとも自分で

勝手に翻訳しなおして読んでたのか・・・

まぁ〜読みやすくはなっていた。

しかし、ホラーでもなく、サスペンスでもなく、ロマンスでもなく、

どこにも属せないような内容にがっかり。

なぞ解き(?)もあっさりしすぎでここまで読んだのに

これなのかと非常にがっかりした。

ちなみに、アメリカでこの本はみかけなかったです。

宣伝文句に踊らされた感じでいっぱい。

本当に映画化しちゃうんでしょうか。大丈夫かな?っと

そこも心配なるほど久しぶりにがっかりした作品。

帯とあの表紙に惹かれて読み出すとがっかりするかも。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
評判が芳しくないですね。でも私はとても楽しめました。

冷戦下の雰囲気や研究に対するヒストリアンの熱意がいいですね。世界の旅行書としても参考になります、旅に出たくなりました。ヴラドの歴史と秘密を追っていくのですが、愛もテーマだと思います。ヒストリアンの視点で本が書かれていると考えれば多少の感情の動きや行動の理由が書かれていなくても納得できます。自分で想像しながら読むのも楽しみの一つだと思います。

次から次に事件が起こるような話ではありません。かなり長いうえ、じわじわと話が進んでいくので、じっくり本を読むのが好きという方にお勧めです。

シリアスなのですが時に突拍子もないことがおきます。例えばクレタ島の酒のところでは一瞬コメディーかと思いました。また血を吸ったりしなければ、ドラキュラ伯爵とは違う点がより強調できるし、面白くなったと思います。なので星は−1。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
回想録と現在を、読み手の気持ちをせきたてつつ
ゆっくりと進む
吸血鬼の伝説にまつわる話と実録なのでは?!
と思わせてくれる作品。

目に入るのは文字だけのはずなのに
つきぬけるように頭に浮かぶ
すこしくすんだ青と赤がまばらにちらばる
町並み、人々、灰色の空。

。。。え、もしかして、これは
ノンフィクション!?
と信じたくなる本。

若干緩やかな話の流れに
うーん!と焦る気持ちをおさえつつ 根気よく、
しかし、活字になれていらっしゃる方にはきっと
リズミカルに読ませてくれる話です。

秋の夜長。。。には最適ですよ。
吸血鬼モノの小説がお好きな方は必見!
資料として見るのもまた価値あり。

途中で3日間があいてしまうと
また1から読み直しをしなければいけない罠に
はまるかもしれません。お気をつけて。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー