ヒカルの碁 一 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,978
通常配送無料 詳細
発売元: ■TapoTapo store
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヒカルの碁 一 [DVD]

5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 4,978 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 206 (4%)
ポイント: 50pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ZPストア[★送料無料!365日配送!安心・迅速・安全にお届け致します★]が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 4,978より 中古品の出品:9¥ 1,217より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ヒカルの碁 一 [DVD]
  • +
  • ヒカルの碁 二 [DVD]
  • +
  • ヒカルの碁 三 [DVD]
総額: ¥12,978
ポイントの合計: 178pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 川上とも子, 千葉進歩, 小林沙苗, かかずゆみ
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: エイベックス・トラックス
  • 発売日 2002/03/27
  • 時間: 75 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005V470
  • EAN: 4988064142736
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 85,838位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

テレビ東京系にて放映の、ほったゆみ、小畑健原作による人気囲碁アニメ。声の出演に川上とも子、千葉進歩ほか。第1~3話収録。

レビュー

テレビ東京系アニメのDVD化。原作も含めて大人気で、少年少女たちに囲碁ブームを巻き起こしている。原作コミックスのアニメ化では、『ワンピース』に感心していたが、この『ヒカル~』はそれ以来の秀作だと思う。話のテンポが早く“見逃せない”という思いをかきたてるし、エピソードの扱いのバランスも素晴らしい。特筆すべきコミックスのストーリーを大きく逸脱することなく、アニメの特性を活かした作品作りがされていること。囲碁のルールなんて知らなくても、その対局シーンの力強さに引き込まれる。ぜひ観ていただきたい作品だが、連続テレビ・アニメ・シリーズなのに3話しか収録されていないし、静止画だけの特典映像というのは、DVDのスペックを考えると寂しい。 (池崎晴) --- 2002年05月号 -- 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

監督: 西澤晋 原作: ほったゆみ 漫画: 小畑健 監修: 梅沢由香里 シリーズ構成: 大橋志吉 アニメーション・キャラクターデザイン: 本橋秀之 音響監督: 高橋秀雄 音楽プロデューサー: 長澤隆之 音楽: 若草恵 プロデューサー: 崔鐘秀/山西太平/三上孝一 声の出演: 川上とも子/千葉進歩/小林沙苗/かかずゆみ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

うーん。すごい!!!。近年のアニメの中でもトップクラスでしょう。
まず藤原左為が現代にまで、霊として生きていて、進藤ヒカルに憑依する。そして左為の影響でヒカルがめきめきと碁の腕が上達していく・・・・
ここまではまあアニメらしい、現実にはありえない話なんだけど・・・・
でも、このアニメのすごいところは、このありえない設定の中で、もっともリアルに碁の世界を描いたことですね。
碁の世界は勝負の世界です。どんないい碁をしようがなんだろうが、結果を出さなければ、意味がない世界です。それが容赦なく描かれています。プロ試験に落ちて、迷走する伊角さんや号泣する本田さん。桑原本因坊と緒方9段の、碁盤の外でのプレッシャーの掛け合い。
甘ちょろい世界ではなく、どんなことをしてでも勝たなくては生きていけない。そんな厳しい世界が描かれています。これはまさに現実そのものでしょう。だからこそこのアニメはリアルだといえるでしょう。
そして、なにより碁の楽しさ、面白さが余すとこなく描かれています。小学生を中心にブームを巻き起こすことが出来たのも頷けます。
別に碁のルールが分からなくても、碁を打つもの同士の火花を散らす気迫のぶつかり合い。相手より上を行こうとする知恵の戦い。そして神の一手とは?それを究める道とは?そんな碁の奥深さ、面白さをこれほど描
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
テレビで放映されていたのを何気なく見ていたら、小林沙苗さんの声(アキラ)の魅力にとりつかれてしまいました。名人の息子で天才的な力を持つアキラが、目に見えない何か圧倒的な壁にぶちあたり敗北して涙する場面の衝撃! ヒカルとアキラが互いを過剰なまでに意識して成長していく様子はせつなく、胸を締めつけられます。こんなに強い絆を結べる相手に出会えたら、これ以上の幸せはないのでは?と思うほど。囲碁が題材なのに、こんなに夢中になっていいの?と思うくらいのめり込みます。ヒカルの碁のDVDで、何か1枚買うなら、この1枚。ですが、これを買ってしまったら、DVDの続きも、漫画も欲しくなっちゃうと思います。手元に置いておいて、何度も見返したいDVDです。私は、中毒みたいになって、何度も何度も繰り返し見て、台詞まで入っちゃいました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 platero 投稿日 2002/6/17
週刊少年ジャンプ連載中「ヒカルの碁」が原作のアニメです。
主人公ヒカルが佐為や生涯のライバル塔矢アキラくんに出会う回。
声優さん、音楽、作画ともに見ていて安心できる1話~3話でした。
又、ヒカル(佐為)と塔矢アキラくんが始めて対局するシーンは、アニメならではの分かりやすさと迫力です!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 oriya 投稿日 2002/3/24
週間ジャンプで連載の人気漫画「ヒカルの碁」のアニメ。
原作に忠実なストーリーに、綺麗な絵で原作からのファンも、アニメで初めて見る人にも楽しめる。声優陣もどの役もイメージぴったり。
オープニングテーマ・エンディングテーマもヒカルの碁の内容に大変合っていて、ストーリーのドキドキをさらに演出している。
囲碁がわからない人でも、ぐいぐいと引き込まれる魅力は、息も付かせぬ見事なストーリー展開とキャラクターの人物像にある。
特にこの巻では、主人公「ヒカル」とヒカルにとり憑く霊「佐為」との運命的な出会いとほほえましい掛け合いや、ヒカルのライバル(?)塔矢アキラとの出会い・対局も見所。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
子供たちに碁のブームをもたらした囲碁マンガが原作のアニメ。
小学生の主人公だけに見える天才棋士の霊とともに碁を打ち、
同時に主人公も碁に対して成長していく話。

評判通り面白く、このマンガによって碁が流行るのも頷ける。
話の展開がうまく、碁がまったくわからない主人公と
天才棋士の組み合わせながらこそ成り立つ話な上に、
たまに主人公が自主的に行動するところが話の面白味につながっている。

強い人の棋譜を読んで打った手順を真似するのは
囲碁や将棋の訓練として定番だが、
主人公はただ霊の言いなりに碁を打つだけでなく、
まさにこのトレーニングを常に行う状態にある。

そうした中で碁そのものにも興味を持ち、
負けたくない、強くなりたいという気持ちが芽生える。

さらに周囲にいる憎めないキャラクター、
碁を愛する人々が多く関係し、どんどん観てしまう魅力がある。

原作が元々よくできているのもあるのだろうが、
アニメとしても非常に良作。碁がわからなくても楽しめるデキ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック