通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
パーム (34) 蜘蛛の紋様 (5) (ウィングス... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 FAIR PLAY
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 必ずお読み下さい。こちらの商品は少し使用感が御座います。その他には特に問題もなく。コンディションは良好です。ただし中古品ですのでご理解下さいませ。 当店48時間以内に発送をさせていただきます。宜しくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

パーム (34) 蜘蛛の紋様 (5) (ウィングス・コミックス) コミックス – 2011/3/25

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 82
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • パーム (34) 蜘蛛の紋様 (5) (ウィングス・コミックス)
  • +
  • パーム (35) 蜘蛛の紋様 (6) (ウィングス・コミックス)
  • +
  • パーム (37) TASK II (ウィングス・コミックス)
総額: ¥2,008
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

農場というシドの牢獄を逃れたジェームスは、エリーの組織の本部で深手を負った体を休めていた。
巨大組織エリー内部に蠢く思惑と憎しみ。
誰も知らないエリー壊滅の謎がついに明らかに!?

すべてを超える、力がそこに!


登録情報

  • コミック: 190ページ
  • 出版社: 新書館 (2011/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4403621023
  • ISBN-13: 978-4403621024
  • 発売日: 2011/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 寧夢 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/4/2
形式: コミック
連載当初のシリーズの空白を埋める物語なので、
往年のファンとしてはちょっと物足りない。
ジェームズの過去は何度も断続的に描かれており、
オムニバス形式のエピソードが差し挟まれている。
その強烈な生い立ちは二人とも壮絶としか言いようがないが、
カーターが出会ったジェームズが晴れて自由?の身の上になるまでに、
どれほどの修羅場をかいくぐってきたか、
これでもかこれでもかと書き綴られている33、34巻目。

ちらほらと暗躍する殺人鬼サロニーのさりげない出番が光る。
ちなみに、ジェームズの人を魅了する不思議さ、大人びた口調、
皮肉とも優しさとも取れる物言いは少年期からも変わらないようだ。

カーターのエピソードは少ないので、「蜘蛛の文様」連載当初は
カーターファンには読み応えがあったが、今回は憂いに満ちた横顔の表紙のみ。
ちょっとストーリー展開としては中だるみを感じる。
時系列の空白を埋める作業といえば仕方はないが。
いずれにせよマイケル・ネガットからジェームズ・ブライアンとして、
カーターに会うための翼を手に入れる第一歩。
それが「逮捕」「捕縛」による警察当局の身柄の確保という展開に、
やっとたどり着いた。

前巻が殺伐とした迫力に満ちていたせいか、終わり方がやや明るめなのが救い。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
絵がすごい、上手になってますよね。
独特な癖はのこりつつ、ですが。
お話も、ああ、こうゆうことだったんだ、ってもう先を知ってるからこそ、楽しめるストーリー展開で。

天才ですよね。
手放しで大好き。マイナー路線なんだろうけど、いろんな人に読んでもらいたいな。
つぎも楽しみです。おまちしています、先生。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 壮絶な虐待を生き延び、ようやくテキサスの農場を出たものの、マフィアの組織内部の抗争に直面せざるをえないジェームス。そしてはじめて安定した愛情に出会いながらも、それに戸惑うカーター。サロニーは舞台裏で暗躍し、エリーらは立て続く幹部たちの死で疑心暗鬼に踊らされる。マフィアの幹部になるか、それとも再び追われる身を覚悟して逃げるのか、その選択をジェームスは迫られる、ただ生きるために。
 しかし、あれだけの傷を負わされたにも関わらず、憎むことを放棄し、ゾーイーの死を見送ることになるのは、もしかしたらジェームスにとって最も罪悪感の残る経験だったのかもしれない。そして、それが彼にとって、“走り去る”引き金となったのかもしれない。
 最後のシーン、少年は、走り去る。すべての大人の手の届かないところへ。暴力も死も届かないところへ。その最後の見開きニページは圧巻。ジェームスの少年時代を描く最後の巻(おそらく)。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 りり 投稿日 2011/10/27
形式: コミック
palm一連の作品は、時が止まるような感覚になります
いくつもの交差する時間、人、感情。
運命とは? 偶然なのか、それとも必然であったのか。
それすらもわからなくなっていく出来事をめまぐるしく駆け抜けていくように書き出しながらも、どこか悠然とした静かな空間に満ちている
生きていくことの悲しみもやるせなさも喜びも感じさせてくれる作品です
読んだことのない人はぜひ一読を
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
すごいドラマだなと思っています。
「蜘蛛の紋様」は一番辛い場面なので、なかなか描きにくかったのではと素人ながらにも思ったりもしますが、よくまとまっていると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告