¥ 3,456
通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
パーフェクト Java EE がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パーフェクト Java EE 大型本 – 2016/7/26

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 5,820

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • パーフェクト Java EE
  • +
  • わかりやすいJavaEEウェブシステム入門
  • +
  • Java EE 7徹底入門 標準Javaフレームワークによる高信頼性Webシステムの構築
総額: ¥11,016
ポイントの合計: 332pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

サーバサイドのJavaで開発を行う人へのバイブル的1冊です. JavaEE7からJava EEの標準技術のみで大規模開発が可能になりました.そこで本書は、Java EEの標準技術をDI/Web層/データアクセス層に分け解説することで,大規模Webアプリケーション開発をする上での実践的な知識を一冊に凝縮しています.

内容(「BOOK」データベースより)

Java EE7対応!Java EEの最新アーキテクチャを徹底解説。DI層、Web層、データアクセス層までWebプロファイルを完全網羅。CDI/JAX‐RS/JSF/JPA/WebSocket。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 592ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2016/7/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774183164
  • ISBN-13: 978-4774183169
  • 発売日: 2016/7/26
  • 商品パッケージの寸法: 23 x 18.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 82,919位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
2016年秋現在では最も優れた日本語リファレンス本かと思います。
説明があっさりしている部分もありますが、ネットで調べるための足がかりにはなるので、大変助かっています。

この本を買う前に わかりやすいJava EE ウェブシステム入門
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
例えばJavaEEでサイトを作成しようと思った時にこの本を買っても作成することはできないでしょう。

「JSF」はこのような機能、「JAX-RS」はこのような機能、といったような機能を主体とした記述なので
あるWebシステムを作成するときにどのようなクラスやDAOを作ればよいか、逆引きでたどっていくのは容易ではありません。

また、全体像(Webアプリのアーキテクチャ)も全体600ページ弱の中でp.19からp.23迄の4ページ弱となっていて、
この本だけではJavaEEとはどういうものなのか理解するのは難しいでしょう。

この本を読むべき人は
・JavaEEの全体像を知っていて、各機能の仕組みを知りたい人
・JavaEEの導入に際してリーダーシップをとる立場の人
・JavaEEの導入でシステムの共通コンポーネントを設計する人。
・JavaEEの機能のリファレンスを必要とする人。
等、業務アプリ作成より一歩踏み込んだ知識が必要な人が対象になると思います。

少なくともJavaEEのビジネスロジックを作成する人は
この本よりも
・わかりやすいJavaEEウェブシステム入門
・JavaEE徹底入門
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック