再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

パーフェクト ワールド [DVD]

5つ星のうち 4.5 105件のカスタマーレビュー

再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。 在庫状況について

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら
この商品をチェックした人は、これらの取り扱い商品もチェックしています

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ケビン・コスナー, クリント・イーストウッド, ローラ・ダーン, キース・ザラバッカ
  • 監督: クリント・イーストウッド
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 英語, ポルトガル語, 中国語, 韓国語, スペイン語, 日本語, タイ語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2007/04/06
  • 時間: 138 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 105件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000HCPVHI
  • JAN: 4988135580092
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 140,800位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   クリント・イーストウッドが自らは脇に回り、人気スター、ケビン・コスナーを主演に迎えて監督したクリミナル・ロード・ムービーの佳作。当時イーストウッドは『許されざる者』、コスナーは『ダンス・ウィズ・ウルヴズ』と、それぞれ監督・主演した西部劇で、アカデミー賞など多大な評価を得たというつながりもあった。

   脱獄囚のブッチは、途中で8歳の少年フィリップを誘拐するが、やがて両者は心を通わせるようになり、フィリップを捨てた父から唯一届けられた絵葉書を頼りに、アラスカへと向かう。暗い影を落としながらも、新天地を求めようと逃亡の旅を続けるふたりの姿がいじましい。一方イーストウッドは、ブッチを追い求める警察署長役だが、主演でない分どこか役そのものを楽しみながら演じているといったおかしみがある。(的田也寸志)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

"ケビン・コスナー主演のクライムサスペンス。“クリント・イーストウッド キャンペーン <アンコール> 1,500円”。"

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
一人の脱獄囚と一人の少年、互いに父親を持たぬ二人の旅を描いたロードムービーです
この作品、おそらく母子家庭で育った者や複雑な父親事情を抱えて育った経験のある人は特に涙する作品かと思われます
DV癖のある父と長らく離ればなれだったが故に父親との幸せな日常を送る事の無かった脱獄囚ブッチ、途中相棒のミスにより一般の子供を人質に捕る事になるのですが、親の信仰上自由に過ごせなかった少年フィリップの望みを叶えようとします
これはブッチ自身が味わえなかった幸せを、同様に父のいない寂しさを抱えるフィリップに与えているという風にも見て取れ、孤独な心を埋め合う二人の関係、これこそがタイトルの「パーフェクトワールド」なのではないかと個人的には解釈出来ます
ラストはその二人の関係に終焉が訪れますが、フィリップの母親とブッチの約束事からして、一応は最終的にフィリップの本来望む世界(パーフェクトワールド)になったようにも解釈できるので、後味の悪い結末でもないと考えられますね

一つの映画作品としては所々テンポの悪さが目立ちますが、ケビンコスナー演じる孤独な男の哀愁はとても印象的でした
自分も父親関係で複雑な家庭で育った身なので、共感できました
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
劇中のどこかにつながる冒頭は、得られないはずの「完璧な世界」が見えたような気すらしてくるほど綺麗。

お互い補いあうように仲良くなる親子ほど離れた犯人と人質。脱獄からくる不穏さを引きずりながら警察(イーストウッドら)の追跡劇もどこか牧歌的。
逃走の身なのだけれど擬似親子?関係がこのまま終わらないで続いて欲しいとつい思ってしまう。しかしそれが叶わない事は当人たちも観客もなんとなくわかっている。2人とも日常では得られないつかの間の…

映画的よさの詰まったまさに"ロードムービー"。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
 思った以上に良かった。
 『地獄の逃避行』などを念頭においた、逃亡のロードムービーといえますが、主人公の行動は、父親との関係に規定されています。息子(男の子)を殴る父親(男性)への敵意。自分の父親がろくでなしだと認識しつつも、父親からきたアラスカからの絵葉書を後生大事にしていて、アラスカを目指す主人公は、愛情深い父親を幻想している面もある。

 それで、人質の男の子にこうであってほしかったような父親役を演じるということになるのだと思います。男の子は、父親不在で、家族は女性ばかりで、母親からの拘束が強い。このあたりの心理的論理が見えないと、ありえない話だよな、だけで終わってしまいます。
 
 観終わって振り返ると、よく構想・構成されているのに感心します。イーストウッドの監督としての才能を目をみはります。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
リマ症候群(自分の支配下に置く被害者に愛着が湧き、被害者に対して優しくすること)とストックホルム症候群(犯人の支配下に置かれ、恐怖の基準がおかしくなり犯人に優しくされたりすることで、犯人に愛着が生まれ、逃げようとする意志がなくなること)を上手く書いて感動させているなぁという印象を受けました。
殺人犯と子供の友情というか絆というものを描いているように見えますが、見方を変えると非常に怖い映画だとも思えます。
ですが、表面的な額面通りの見方をするととてもよく出来ていますし、感動します。キャストも脚本も素晴らしいとおもいました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
格好良くて犯罪上手なブッチと、
笑顔が素敵で純粋なフィリップのやり取りが素敵な名映画でした。
ふたりが逃亡の難所を次々華麗に切り抜けていく流れが心地良かったですね。
最後の池の畔の木陰における人物ふたりを含めた風景は、半ば現実離れして美しく、
パーフェクトワールドの淵に辿り着いたかの様に心を打ちました。

ラストについて、
オープニングのシーンと、ブッチの『2人殺した』というフラグ立て台詞から、
ブッチのラストはああなるんだろうな、とほぼ確信しつつはありましたが、
その映画の定跡を良い意味で裏切ってほしいと願いながら観ていたのは、私だけではないんじゃないでしょうか?
病院に担ぎ込まれて、お腹を治療して、アラスカに辿り着いて、
目的を達成する未来もあったのでは、と夢想してしまいます。
※もちろん誘拐罪/脱走罪を加えた刑期を終えてからの話ですよ。(この場合、2人目の殺人は脚本上ノーカウントで良いですよね!)
 発砲したフィリップは後悔しちゃいそうですし、ふたりでハッピーエンドに辿り着いてほしかった。
 (フィリップ母とブッチが結婚、とか迄はいかなくても、本当の父と子の様な関係が末永く続いてくれたら。。)

しかし最後に、『だれか
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー