通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
パース!―マンガでわかる遠近法 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パース!―マンガでわかる遠近法 単行本 – 2004/7/1

5つ星のうち 4.1 43件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 305
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • パース!―マンガでわかる遠近法
  • +
  • パース!2: マンガでわかるもっとディープな遠近法
  • +
  • 人体のデッサン技法
総額: ¥5,929
ポイントの合計: 179pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

評判のアーティストで、自伝風漫画を得意とするデヴィッド・チェルシー。その弟子で、頭が空っぽのマグ。この2人といっしょに、モノの遠近感を視覚的に表すテクニック―パースのさまざまな側面にアプローチしてみよう。本書では、ステップ・バイ・ステップの愉快なコミック形式で、パースの基本コンセプトを具体的に説明。真に迫ったスリルあふれる風景や構成的な室内の作図を、デヴィッドとマグがデモンストレーションしてくれる。

内容(「MARC」データベースより)

ステップ・バイ・ステップの愉快なコミック形式で、パース(モノの遠近感を視覚的に表すテクニック)の基本コンセプトを具体的に説明する。ビギナーだけでなく、スキルアップをめざす活躍中のプロにも最適。


登録情報

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: マール社 (2004/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4837304273
  • ISBN-13: 978-4837304272
  • 発売日: 2004/7/1
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,078位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
分かりやすいか分かりにくいかで言えば分かりづらいです。
大抵「マンガでわかる」と言うと、大雑把なことをマンガならではの豊富な図柄でわかりやすく解説してくれると期待しがちですが、
他のレビューにもあるように、この本に限っては全く違っていました。
パースの変態が描いたとしか思えない内容です。

膨大なコマの過半数には建築物などの背景が描き込まれており、その全てがゾッとするほど整っているために、
同じ場所の写真ばかりを延々と並べたような閉塞感があります。

また、建築パースの本でさえサラッと「目分量で」と流してしまうような部分、
例えば「立方体の奥行き」などにもしっかりと言及されており、
正確さを追い求めるための手間のかかる技法の説明も多く、
他のパースの本と比べてみても異様に詳しいことがわかると思います。

そもそも「マンガ」は単調な情報を伝えるには不向きな手法であるために、かえってわかりづらくなっていると思います。
分かりづらいけれども、ユーモアのあるマンガだからこそ読み進められるのかもしれません。
それに解説されるパース技法の実例は嫌というほど執拗に描かれていて圧巻です。

すでに基本的な技法は知っているけれど、い
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本のタイトルに惑わされますが、これからパースを始めるぞ!という人には向かないです。
分かりやすい、と言えるのはある程度パースの知識があるからです。0からスタートする人にとってはとても敷居が高い本。
漫画でコミカルに説明されても、言ってる意味が分からなかったらどうしようも無いですから。

個人的にパース初心者には「なぞってシリーズ」がオススメ。
なぞるだけなので感覚的に理解しやすく、今すぐ試してみたい!という気になれます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
レビューが高かったので購入しましたが、私にはレベル高すぎでした。ちなみに私は少女マンガ投稿コーナーの小さい賞をとっているレベルです。
ある程度画力ある方が購入する本だと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 この本は、じっさいには円はこのように見えるはず、という基礎から一歩進めた応用編部分が売りです。平面図から立方体を描き起こす方法なども説明されています。
 基礎部分も説明されていますが、説明のしかたが正確で詳しい分、初心者にはむずかしく感じると思います。したがってこの本はパースの入門書としてはおすすめしません。パースを追求してみたい人向けにおすすめしたい本です。もっと詳しく理屈が知りたかった、という方には非常におもしろい本だと思います。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
パースマニアの漫画だと思えばユーモアありで凄い面白いです。ただ全く頭の中に入ってこないです。
何故頭に入ってこないのかというと、漫画だから要はこういった方法はどう描くのかというまとめがないので混乱します。
なのでパースの勉強がしたのであれば、普通のパース教材を買うことをお勧めします。
パースマニアの方はめちゃくちゃ面白いと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
英文で、漫画形式で、この手の本にありがちな、イントロダクションが長く、解説も冗長な感は否めない。
「そうさ とっても簡単な事なのさ」系の文章で埋め尽くされていて、肝心の欲しい情報が埋もれてしまっています。
とは言うものの、パースを学ぶ上では書かせない本の一冊であるのは間違いないと思います。
「この本が一冊あれば、パースを描くコツがわかるよ。どうだい素晴らしいだろう」というニュアンスの文章に耐性があるならお薦めです。
コメント 132人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
お気楽そうに見えて

実は少々ダラダラ感があったりして続けて読むと嫌になってくる

というのは否めないのですが、

これ以上やさしく書いてある技法書は無いと思います。

個人的には、「アイレベル(目線の高さ)の重要性」とか

「一点透視とか二点透視等の本質的な違いは、表現出来る事の差」とか

目にはまっていたウロコが結構たくさん取れたので

自分の進化には大いに役立ちました。

最初は分かり難いと感じるかも知れませんが

あきらめずに熟読してみてください。そうすればそのうち、

この本の本当の価値が分かるんじゃ無いかなぁと思います。

そういうタイプの本です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー