日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

パージ:大統領令 (字幕版)

 (214)6.01時間48分2017R15+
政府は犯罪の抑制につながるとして、1年に一晩、12時間だけ殺人を含む全ての犯罪が合法化される法律“パージ”を容認していた。しかし、“パージ”が貧困層や弱者を排除しようとしているとし、“パージ”廃止を訴える無所属のローン上院議員らの台頭により、“パージ”賛成派と反対派との間で国内は分断される。
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
ジョセフ・ジュリアン・ソリアテリー・セルピコレイモンド・J・バリーエドウィン・ホッジカイル・セコー
プロデューサー
マイケル・ベイジェイソン・ブラム
提供
Universal Pictures
レーティング
15歳以上対象
コンテンツ警告
飲酒性的なコンテンツ暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.7

214件のグローバルレーティング

  1. 33%のレビュー結果:星5つ
  2. 27%のレビュー結果:星4つ
  3. 23%のレビュー結果:星3つ
  4. 8%のレビュー結果:星2つ
  5. 9%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

澄人2017/12/16に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
好みはわかれそうだけど良作
確認済みの購入
1作目から観ています。
2作目から続投の主人公は相変わらずかっこいいし、女性議員も綺麗な方で良い感じです。
逃走するときに手を握って走ってるのが、なんか可愛かったです。

パッケージにも映ってる点滅する自由の女神マスクといい、相変わらずパージ支持者はぶっ飛んでて
特に今回はチョコバーJKのインパクトが半端なく、素敵に狂ってるなぁとおもいました(褒め言葉

アクションシーンも迫力があり、主人公と黒人の友情やパージを嫌う半組織がパージを利用しようと
する展開など社会性のあるメッセージ性などもあり、単なるB級映画ではないと思いました。
1作目を観たときには、このシリーズが正直、ここまでちゃんとした(と言うと語弊がありますが・・・)
映画になるとは思ってなかった(笑)

ただし、逆に言えば1作目にあったような「パージの夜の不気味さ」や「普段善良な市民がパージの夜に
狂った殺人者になる」といったような部分はとても薄れており、「ただの仮装した快楽殺人者」的な
イメージが強く、スリラーというよりただのアクション映画になっちゃってる所が旧作のシリーズファン
からすると、一部マイナスに感じる点かもしれません。

個人的には楽しめたので引き続き、このシリーズは追いかけていきたいと思います。
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
cHeeSy_さくらレビューに負けない2021/07/13に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
The Purge: Election Year(パージ:大統領令)
確認済みの購入
貧困層を減らし歳出の軽減を目的に殺人を含む全犯罪が一晩だけ合法となる"パージ"を採択したアメリカ。
選挙を間近に控えた議会はパージの正当性を謳うNFFLと異を唱える反NFFLとに分かれ論争を続けるが、そんな中パージの夜がやってくる。
反NFFLの中心的存在である女性議員チャーリーはNFFLから命を狙われることになるが、果たしてパージの夜を乗り越えることができるのか。また選挙の行方は。

先進国でありながらあらゆる犯罪が法律で正当化させるなんてとんでもなくバカで面白い設定じゃないか!と期待したが結果は非常に残念。
こんな面白い設定がありながらやっていることは延々とくだらない銃撃戦のみで敵も味方も死者を出して悲しい事件だったね、といういつものやつに帰着。
まあ普通に考えればこんな社会が存続できるわけがないんだがそこは基礎設定の部分なので無視するとしても、
いくら政治や宗教を絡めても結局は信念のない殺し合いをしているだけの浅い映画でしかない。
絶対に中心人物には当たらない銃撃戦もあくびが出る。駄作。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
おみつ2021/07/18に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
パージが始まって数十年生きて来れたのに何故か今年パージされてる奴らときたら
確認済みの購入
この世の全ての続編映画、特にアクション映画なら
仕方ない事ですが、回を増すごとに加速度的にスケール
が大きくなっていき、後に引けなくなって元々の
コンセプトなんて有って無いようなものになるのが
悲しいですね。
ちょっとしたゾンビホラーだったバイオハザード然り、
ターミネーター然り。前作で警察だった主人公が
何故か今回ボディガードに転職してるとか、モロに
バイオハザード感があります。
この映画も最終的には世界終わってマッドマックス
みたいになるでしょう。毎日がパージという
もう意味不明な世界になりそう。。。

我々が見たいのはパージという行事全体じゃなくて、
個人のパージなのです。風呂敷を広げ過ぎたせいで、
主要な黒人キャラたちもせっかくそれぞれ武闘派として
個性あったのになんかイマイチ活躍させてもらえないし
強キャラである必要あった?むしろ弱者みたいな感じの
ほうが映画として良くない?
まあ、地下の保護センター襲われてたけど大丈夫だった
のか?続報無いけど?とか、パージを生き残った議員の
くせに序盤妙にパージにウブだったりしてどういう
キャラ設定?とか、構成に問題はありつつも、パージと
いう設定抜きにしたらアクション映画として充分な良作
です。
設定抜きにしてる段階で良作じゃねえんですけどね()
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
eboshi2018/07/02に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
予想外に面白い
確認済みの購入
一作目を観て楽しめたけど、今回は更に面白かった。
B級でもしっかり中身があると思います。
パージという、一日だけいかなる犯罪行為も合法になり、憎い人間や社会的にいらない人、社会弱者が粛清され、それによって景気も良くなっていく世界。
そのパージを廃止しようと大統領に立候補している女性と、それを守る警護、決して裕福ではない黒人のショップオーナーらがパージに巻き込まれていく。
ちょっとバトルロワイアルの様なトンデモな世界なんだけども、病んだアメリカの現状を惜しみなく描いているので単なる架空の話ではなく、リアルにこうなるだろう、と思わせる様な内容です。
単に気に入らない奴を殺したい女子高生や、白人至上主義で黒人を減らしたいパージ支持者たちが入り乱れます。
殺しあうだけではなく、助け合いや、正義の反撃なども描かれているので、残酷なだけの映画は嫌いな人でも見ごたえあると思いますよ。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
M2021/08/02に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
テーマは斬新、テンポもよい。
確認済みの購入
パージシリーズは、これが初鑑賞。
サイレンとともにパージが始まり、街中が静まり返る。思ったより暴徒とかが少ないなと思ったが、ほとんどの市民は家にこもって銃器で自衛してると思うと、夜の街の静寂は納得がいく。
店を襲いに来るJKや、おかしな仮装をしたパージの参加者の狂った衣装や雰囲気は良い。

そんな中で、女性議員の自己中な行動が目についた。安全な場所にいるのは嫌だと警備を多数つけて街中で夜を過ごそうとして、案の定トラブルに巻き込まれる(そもそも狙われてたのだけど)。
この議員の行動で、護衛のSPは大量に人を殺す羽目になり、多数の一般人まで巻き込み、大勢の人間が命懸けで救出に来てるのに、黒幕を「選挙で倒すから、今は殺すな」と無茶の言動。
彼女のせいで、何人の人間が死んだのだろう・・・。

それと最後の戦いで、弾が尽きたから素手でっていう展開にちょっとがっかり。
ここだけ、普通のアクション映画になってしまった。
パージという設定を、生かしたアクションにしてほしかった。

ストーリーはテンポいいし、逃亡の緊迫感もなかなか。
映画内のキャラクターたちは、それぞれ行動理念通り動き不自然さは少ない。そんな中、ひたすらきれいごとを振りかざす女性議員だけが、鑑賞中のストレスだった。
映画全体は、斬新なテーマをうまくまとめていたので☆4つ。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
へべろー2021/07/29に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
この主人公なら最後は蛇足かな
確認済みの購入
人間の本能があらわになる「パージ」の二作目。
パージに積極的に参加する人々の狂気性が実によく表現されていて面白い。

「金持ちは武装して要塞に籠れるので有利」「保険会社は保険料をパージ前日に100倍ぐらいに上げる」など、結局的に資本主義に基づいた「パージ」であることがよくわかる。

今回の主人公は「パージ」廃止を目指す大統領候補の女性。
「ザ・正義!」って感じの女性で、こいつを守るために護衛も善良な市民も、黒人の聖人たちも散っていきます。 

よくいるアレですよ、
「キャシーどくんだ! ボブを殺さないとすぐにゾンビになるぞ!」
「ダメよ、ボブは人間なの! 許さないわ!」

とか言って、結局ボブは仲間をゾンビにしたり、楽園を崩壊させちゃう現象を引き起こす系クxヒロイン。
はっきり言って無自覚に犠牲を増やしまくっている点はかなりイライラするので注意。

それでもみんなが犠牲になってグッドエンディングを迎える。 
多大な犠牲を払って得た成果なので、それを無にするみたいなラスト1分は評価できない。 

なんなの?続けたいの? 終わらせたくないの? お金欲しいの? 
続編もう作ってるから「End」じゃなくて「to be continued.....」のがいいのよね、キャハッ☆ なの?

と感じられる脊髄反射的な蛇足だった。

このため、★4つのところを一つ引いて★3つです。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
熊熊2021/08/20に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
前作より国の運営を考える意味では良い映画となっている。
確認済みの購入
前作に比べて、社会福祉費を抑えることやインバウンドを直接的に出すことで、国家財政を考える意味でも良い作品となっている。

一気に時が飛んで完結編となってしまった感が残念。しかし、政権交代すれば再開されるだろうと思えば一概に完結とも言い切れない。とりあえず、一年毎に話を進めてウォーキングデッドの様にキャラクターを育てていくのもアリだったのかなと思う。

やはり今作でも疑問点がいくつか見られた。
SSの方は追跡バレットは自分も使っていたと言っていたが、本職相手ならそれを警戒して早く取り出すべきだろうに…。
追跡バレットは摘出後、野良犬やネズミなどにつけて迷走させるか、死体回収トラックの死体に入れて死体の山を捜索せせることで、作中の方法より時間が稼げると思う。
与党幹部と支援者は殺害や五体満足で脅す様に解放するのは戦略的に失敗だと思う。『いぬやしき』の様に社会福祉無しに生きられない状態にする事で、選挙に勝っても自分たちがパージ対象になるという心理状態を作る事ができると思う。
多数対多数の場合に、本職の方がエマージェンシーリロードを行うのはどうなんだろう。
雇用者と傭兵?PMC?は、作中でもある様に依頼内容をこなすだけの関係だと思うので、最後の戦闘には疑問を感じる。
もりもりどっとこむ2021/09/06に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
パージアナーキーの続編と思います
確認済みの購入
評価は★2にまで下げました😭

全体的に単発映画だったならコレでも良かったのかなぁ〜と…評価も★4くらいまでやっても良かったかなぁ〜と思いましたが…前回のアナーキーで息子の敵討ちで登場したシークレットサービスが、またまた再登場‼️

今度はパージ推奨派と反対派と政府に雇われた殺人マシンやギャング達、などなど入り混じってのドンパチ映画でしたね〜

あのシークレットサービスの男性マジ死なないですね!

抜け目が全くない完璧主義者‼️

超〜ドSなんでしょうね〜^ ^

要らぬ正義感で命を落とすとは…儚い命です😭

ラストで涙涙🥲と監督さん考えてのアノ議員を守っての撃ち合いだったのでしょうが…もう涙は出ないですね〜残念。

アルバイトが後を継いでお店の修復作業…まぁ〜そうなるわな〜あの展開じゃ!

そして議員が初の女性大統領に‼️

パージ推奨派が暴動‼️

何故下げたか?

アナーキーと大統領令とは基本的な根っこが似たり寄ったりだった為下げました。
すべてのレビューを表示