通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
パーク・ライフ (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【毎日24時間以内に発送】 【帯付き】 表紙に細かいスレ、僅かな傷み等はございますが、紙面の状態は非常に良く、書き込みや線引きもなく、中古としては大変綺麗な商品です。 ★ Amazon専用在庫ですので欠品はございません ★ 全額返金保証 【十分な検品を行い出品しておりますが、万が一、商品説明と異なる場合は、速やかに全額を返金させて頂きますので、ご安心してご利用下さい 】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パーク・ライフ (文春文庫) 文庫 – 2004/10

5つ星のうち 3.2 107件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,337 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 464
¥ 464 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • パーク・ライフ (文春文庫)
  • +
  • パレード (幻冬舎文庫)
  • +
  • 最後の息子 (文春文庫)
総額: ¥1,656
ポイントの合計: 53pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

受賞歴

第127回(平成14年度上半期) 芥川賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

公園にひとりで座っていると、あなたには何が見えますか?スターバックスのコーヒーを片手に、春風に乱れる髪を押さえていたのは、地下鉄でぼくが話しかけてしまった女だった。なんとなく見えていた景色がせつないほどリアルに動きはじめる。日比谷公園を舞台に、男と女の微妙な距離感を描き、芥川賞を受賞した傑作小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 177ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2004/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167665034
  • ISBN-13: 978-4167665036
  • 発売日: 2004/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 107件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 188,084位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
どこにでもいるサラリーマンが、友達夫婦のマンションや日比谷公園などで過ごす日常と、感情を描いた小説。

オレンジジュースみたいなバスジェルを販売し、友人夫婦の飼うサルの世話をし、スタバのカフェモカを飲み、ジムで体を鍛える主人公。どれも、生きていくためには不必要だ。そんな生活感のない都会生活を送る現代人が描かれている。人生の美酒を浴びる勝ち組でもなく、といって、奈落に落ちるような負け組でもない登場人物の振幅の狭い感情は、希薄な人間関係の象徴でもあり、この小説のもつ独特のゆるい空気感を生み出す。ただ、そのような登場人物を揶揄するわけでも、賞賛するわけでもない。

公園で時々話す名前の知らない女性が話す。
「なんにも隠しているものなんてないわよ。逆に、自分には隠すものがないってことを、必死になって隠しているんじゃないかな」
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 毎日同じようなライフスタイルをおくっていると、形骸化してくるような感覚になってくるが、この小説はそんな日常の形式化からある女性との偶然の出会いによって目を覚まさせてくれ、そして最後は前向きになれるような、さわやかな小説だと思った。

 目を覚まさせてくれるといっても、「はっ」とするようなドラマチックなものではなく、静かにゆったりとした空気のような話の流れで、とても心地よかった。(逆にドラマを求める人にとっては退屈かもしれない。)

 日常の形式化に似ているものに、形だけの常識もある。

 ある女性との出会いのきっかけとなった、臓器移植ネットワークの広告の『死んでからも生き続けるものがあります。それはあなたの意志です。』というキャッチコピーにも表れていると思った。それを読んで多数の人は、なんとなく「ああ、そうなのか」と常識的に(無意識的に受け入れるように)思うだろうが、この主人公は、「ぞっとする。」と感じ、形だけの常識から逸脱する。それがきっかけで、ある女性と出会い、話は主人公の形式化してしまった日常から少しずつ実のある日常へと変化していく。

 小説冒頭部分から東京の地下鉄などの地下の構造網を『中身がすかすかなケーキ』とたとえたり、スタバにいる女性たちが『何か秘密を隠し持っている』雰囲気を放ちながらも
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
吉田修一の第127回芥川賞受賞作、パーク・ライフ。2002年刊。

これを初めて読んだのは高校三年生の時で、一気に吉田修一の才能に惚れ込みました。(そのわりには著作を広げたのは最近なのですが) この小説が「文学ではない」であるとか、「ストーリーがない」であるかは関係がなく好きでしょうがなくなってしまったのは、小説世界が持つ人間の距離感と空気感。

何と表現すれば良いか分かりませんが、自分と他人・自分と世界との間に絶妙な距離感が流れていて、それが爽やかすぎず、鬱陶しすぎることもない、不思議な魅力を持っているんです。「ああ、こういう感じ、良いよな」という魅力。

あらすじ・・・といってもストーリーといったストーリーはなく、ひょんなきっかけで主人公がある女性(スタバ女)と知り合う。そこでありきたりの恋愛感情を育んでいくわけでもなく、のらりくらりと昼休みにお互いがもともと好きな日比谷公園でゆるい時間を過ごす。そこで公園で何をするわけでもない人たちと触れるような触れないような時間を過ごす。

また、主人公のキャラクターも独特でありながら、非常に共感が持てる部分があり、不思議と好感も嫌悪感も抱かない人物像。ほとんど狂言回しのような存在で、ある意味では日比谷公園が主人公のようにも受け取れる。(当時のメンズノンノのイン
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「パーク・ライフ」に関し、ストーリーそのものは大きな起伏がある訳ではないの

だが、日常生活の中に散りばめられた小さな非日常、自分のアパートがありな

がら半別居状態でマンションを空けている先輩夫婦の家で寝泊りする主人公、

偶然主人公が話し掛け、スターバックスのカフェモカを公園で飲む間柄になった

年上の女性、特に大きな理由も無く、CCDカムをミニチュアの気球に取り付けて

空に飛ばす老人の姿などが作品の随所に散りばめられており、その舞台として

日比谷公園を中心とした銀座・日比谷・有楽町界隈があてがわれている。

そういう意味では読み手によっては退屈な作品なのかも知れない。

『あるあるネタ』が好きな人なら。

後半に収録されている「flowers」は若妻のアングラ劇団への入団を機に、九州

から上京して飲料水のルートセールスの職に就いた男が、巨根で頭の悪い先輩

と上司が別の同僚の奥さんの間男だったり、上司が自分に奥さんを寝取られた

部下をなじったりするなど、職場内の人間関係に巻き込まれる姿を描いている。

以上の2作
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー