Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[村上春樹]のパン屋再襲撃 (文春文庫)
Kindle App Ad

パン屋再襲撃 (文春文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.0 48件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 100
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 534 ¥ 128

商品の説明

内容紹介

堪えがたいほどの空腹を覚えたある晩、彼女は断言した。「もう一度パン屋を襲うのよ」。それ以外に、学生時代にパン屋を襲撃して以来、僕にかけられた呪いをとく方法はない。かくして妻と僕は中古のカローラで、午前2時半の東京の街へ繰り出した……。表題作のほか「象の消滅」、“ねじまき鳥”の原型となった作品など、初期の傑作6篇を収録した短編集。

内容(「BOOK」データベースより)

彼女は断言した、「もう一度パン屋を襲うのよ」。学生時代、パン屋を襲撃したあの夜以来、彼にかけられた呪いをとくための、このたくらみの結果は…。微妙にくい違った人と人の心が、ふとしたことで和んでいく様子を、深海のイメージによせて描く六作品。ところで、いろんな所に出てくる〈ワタナベ・ノボル〉とは何ものだろう?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1099 KB
  • 紙の本の長さ: 221 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2011/3/10)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M1KHPSW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,653位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2002/1/30
形式: 文庫
「ファミリーアフェアー」が、お勧めです。何度も読みかえしたほど。妹の結婚話を機に、少しずつ、変わり始める「僕」と「妹」の関係。それは、あたりまえのように繰り返されていた「僕」の日常の中に、「戸惑い」をもたらした。
「僕」が、変わっていく「妹」との関係を透かして、変わろうとしている「日常」をぼんやりと眺め、受け入れていこうとする… そんな「僕」の心の奥に見え隠れしている「妹」への優しさが、この話を包んでいます。いつもの村上春樹ワールドに、どこかしらの優しさがブレンドされて、ほっとさせられる1話でした。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 fox 投稿日 2008/1/25
形式: 文庫
カンガルー日和が短編集だとすれば、パン屋再襲撃は中編集と位置づけられそうです。
どの編も完成度が高く、読み終わった後に充実感を感じます。
そう言う意味では彼の長編著書が好きな方でも十分満足できる作品となっているでしょう。

また、「双子と沈んだ大陸」は村上春樹の"僕”シリーズの長編4作品に関わる短編作品となっていますし、
「ねじまき鳥と火曜日の女たち」は題目通り“ねじまき鳥クロニクル”に関わる短編作品となっており、
彼の長編作品を読んだ人にとっても興味深い作品となっています。
もちろん、彼の本を読んだことの無い人でも、彼の魅力を感じるには十二分な作品であることは
間違いないでしょう。

作中には"ワタナベノボル”や”笠原メイ”も登場するので、彼のファンにはたまらない一冊です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最も村上春樹らしい小説はどれだろう? と考えたのだが、
勿論、何をもって「村上春樹らしい」と思うかというのは人それぞれであって、
処女作「風の歌を聴け」から、いまだに「ノルウェーの森」と思う人や、人気の高い「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」を挙げる人、エトセトラで、短編でも長編を凌ぐ村上世界をつくっている作品も多く、悩ましいことになってしまう。
よってここでは私が極私的に(しかも今日現在)思う村上らしさの頂点にある作として、
この短編集「パン屋再襲撃」における「ファミリー・アフェア」をピックアップしたいのだ。(初出は1985年)

何故か?
村上春樹が小説において書きたいことのフラグメントの数々が散りばめられているからだ。
まず音楽。主人公の兄妹は様々なレコードをターンテーブルに乗っけるが、それは以下。
ブルース・スプリングスティーン、フリオ・イグレシアス(←これは嘲笑の対象として)、ウィリー・ネルソン、ハービー・ハンコック、リッチー・バイラーク・トリオ。
そして食物へのこだわり。
そしてセックス。兄のセックス。マスターベーション。ガールフレンド。今までに寝た女の子26人+10人。妹の性事情。
ワタナベノボルの登場、フィッシャーマンズ・ウォーフ、カジキマ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
久しぶりに読み返したこの短編集で、村上春樹氏が自らの創作の限界を突き抜けて「ねじまき鳥クロニクル」という大作に到達するまでの過程を見せられた気がしました。内容をかいつまんでご紹介します。

「パン屋再襲撃」
新たな相棒である新妻とともに僕は再びパン屋襲撃に向かう。
今度の標的は高度資本主義の象徴ともいえるマクドナルド。
妻の助けを得ながらも襲撃をやり遂げつかの間の充足感に浸る僕は次にやってくるであろう運命に身をゆだねる。

「象の消滅」
象の消滅という事件に町の人々は少なからず戸惑うのだが、やがて忘れ去られつつある。
以来僕の内部では何かのバランスが崩れてしまって世の中の出来事が僕の目には奇妙に映る。

「ファミリー・アフェア」
ほんの1年前まで僕と楽しく暮らしてきた妹が、婚約者とつきあい始めてから少しずつ僕を批難し始めた。
僕は新しい状況に戸惑いながらも、かろうじてアウトロー的な生き方を保っている。
いずれ自己完結した世界の本当の終わりがやって来ることは僕にもわかっているのだ。

「双子と沈んだ大陸」
かつて共に暮らした双子の姿を写真雑誌で見つけた。
彼女たちとの思い出を振り返っているうちに、僕は自分が
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover