この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パンデミック新時代 人類の進化とウイルスの謎に迫る 単行本 – 2012/11/23

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/11/23
"もう一度試してください。"
¥ 2,376 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ウイルスハンター界のインディー・ジョーンズが
未知のウイルスに挑む!

新型豚インフル、鳥インフル、西ナイル熱、エボラ出血熱、ハンタウイルス……。未知のウイルスが引き起こす地球規模のパンデミックにいかに立ち向かうか。ウイルスハンターとしてアフリカの奥地に踏み込み、地球規模の免疫システムを構築するために日々奔走する最前線のウイルス学者が、人類とウイルスとの壮大な進化の謎に挑む。

内容(「BOOK」データベースより)

医学や科学技術が発展した今日でも、西ナイル熱、エボラ出血熱、豚インフルや鳥インフルといったパンデミックが発生するのはなぜか?人類は太古の昔からウイルスと共に生きてきた。問題は、世界がフラット化した現代では、変異した致死性のウイルスが瞬く間に世界中に拡散してしまうことだ。どうすればパンデミックの危機を防げるのか?若き科学者ネイサン・ウルフは、パンデミックの爆心地―ジャングルの奥地でウイルスが動物からヒトへと感染するその瞬間をとらえ、警告すべく、最新の科学と通信技術を使った地球規模の免疫系を作りあげようとしている。果たして人類は、このパンデミック新時代を生き延びることができるのだろうか?サルからヒトへの進化の過程で、ウイルスが果たしてきた歴史を紐解きながら、人類とウイルスの未来図を描く、パンデミック爆心地からの最新レポート。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 312ページ
  • 出版社: NHK出版 (2012/11/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140815825
  • ISBN-13: 978-4140815823
  • 発売日: 2012/11/23
  • 梱包サイズ: 19.2 x 14 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 653,938位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
パンデミック。
ある病気が爆発的に地球規模でひろがること。
鳥インフルエンザ、エボラ出血熱、エイズetc.
近年人類が遭遇した伝染病の媒体としてのウイルス。
この本はパンデミックの消滅に挑む科学者(ウイルスハンター)渾身のルポです。
著者自らがアフリカの奥地で患者の治療に当たり、ウイルスを特定して行く。
ウイルスの伝播経路と発生場所をさぐってさらに奥地へと分け入って行く。
野生の動物を捕獲し解体することによって人間に巣くいはじめるウイルスの実体。
さらには人間がウイルス保管庫となって世界中にそれをばらまいて行く経路。
気の遠くなるような調査の中で、科学者たちはそのウイルスの根絶と病気の治癒を目的に日々現場からの情報を収集し研究を重ねて来ました。

著者は最初にこう発言します。
<嵐が近づいている。本書の目的は迫り来る嵐について理解することだ。つまり、パンデミックの性質を探求し、それらがどこからやってきて、どこへ行こうとしているのかを知ることにある。だが、ここに描かれるのは暗いだけの絵ではない。人類がウイルスを発見してから110年たつが、そのあいだに私たちはウイルスに対する理解を大いに深めてきた。困難な仕事はまだまだたくさん残っているが、もしもそれをうまくこなして、
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 感染症が世界的規模で流行することをいう「パンデミック」。本書は、パンデミックが発生する過程を明らかにし、同時に、パンデミックを予防しようという著者の試みを紹介する本である。
 本書を読んでいてまず驚かされるのが、著者の多彩な経歴と、師(たとえばリチャード・ランガム)や共同研究者(たとえばジャレド・ダイアモンド)の豪華さだ。もともとアフリカでチンパンジーの野外研究をしていたところ、霊長類のかかる感染症に興味をもち、ついにはウイルス学者となった著者。師や共同研究者との出会いも「幸運」と謙遜するが、著者自身の熱意と行動力によって人が惹きつけられていることは間違いないだろう。
 さて、説明も平易で、門外漢でも楽しめる内容の本書。しかし、帯にもある宣伝文句にはちょっと違和感が。

 「ウイルスハンター界のインディー・ジョーンズが行く!」
 「この時限爆弾を止めるべく、爆心地に乗り込む!」

探検家賞なるものも受賞している著者ではあるが、しかしこの本自体のおもしろさは、そうした探検的要素にあるのではなく、むしろきちんとした生物学的知見(とくに進化論的知見)にもとづいていることにあると思う。(当たり前であるが、この本には本当のインディー・ジョーンズも藤岡弘、も登場しない。)
 結果的にいい意味で裏切られた本書。内容はたしかに楽しめるものだった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本書は、表題のとおり最新のウイルス研究を通じて、近未来に起こり得るパンデミックの脅威と、対策を述べたものである。
ただ、その内容はウイルスの発見の歴史と、動物とウイルスとのかかわりを歴史的に明らかにしたもので、非常に興味深い。
ジャレド・ダイアモンドの名著の続編ともいうべき内容にもなっている。

ウイルスにかかわる新たな知識も豊富に出てくる。
・人類の遺伝子の解析によると、過去に大きな人口減少が起き、ボトルネック効果によって人類に寄生する微生物が大きく減少した。
また、火を使うことや、野生生物を接種しなくなったこともその一つである。
・人間を除くすべての霊長類が感染するSFウイルスだが、アフリカのハンターの中には、キャリアがいる。
・人間をすみかとするウイルスで私たちが知るものはごくわずかである。 たとえば日本で最初の感染者がでたTTウイルスやGBウイルスなど一般的なウイルスだが有害とは断定されていない。
・野生のサルに多く感染するヘルペスBウイルスは、人間に感染すると必ず死をもたらす。
・世界では、バイオテロやバイオエラーのリスクが高まっている。

人が広域に移動するようになり、また輸血なども未知のウイルスが爆発的に広まる懸念が高まっている。
その一方
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
トキソプラズマという寄生性の原虫がいる。これは一部では「ゾンビ虫」と言われているらしい。トキソプラズマをテーマにしたドキュメンタリを観たことがあるが、フランスではこの原虫に感染している人が多いそうだ。そして、この原虫に感染すると性格が変わり、特に「危険なことを好むようになる」のだとか。

このトキソプラズマはネコを終宿主とする。つまり、トキソプラズマにとってネコこそが、目指すべき理想郷なわけである。ところが、トキソプラズマは人間にも家畜にも、そしてネズミにも感染する。そして、ネズミに感染した場合、ネズミはネコを怖がらなくなる。それどころか、ネコの尿のにおいに引き寄せられるようになるそうだ。トキソプラズマがネズミの行動を変えているのだろう。

そこでふと思う。そういえば、ネコを何十匹も飼うような人が時々いるが、ああいう人たちももしかすると……。そう、実際に「クレイジー・キャット症候群」なんて別名もあるほどネコ好きな人たちは、トキソプラズマに感染しているのではないかという説があるそうだ。感染すると、ネコの尿のにおいに鈍感になるどころか、ネズミと同じで引き寄せられるようになるらしい。

本書では、このような微生物、特にウイルスの話をメインに、感染症、アウトブレイク、パンデミックについて解説してある。

興味深
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告