¥999
初回のご注文は 無料配送: 10月25日 月曜日 までにお届け
最速の配達日: 明日10月 24日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon
販売元
出荷元
Amazon
販売元
返品・交換の条件: 返品が可能な商品です
お届け時の状態で商品を返品いただくと、返金を受けられます
この商品は1-Click注文できません。

powseed 内張り剥がし 樹脂製 うちばりはがし パネルはがし4点 クリップ クランプツール 5点セット ハンディリムーバー 内張り 剥がし はがし 外し 工具 パーツ オリジナル ツール

5つ星のうち4.1 2,115個の評価
Amazon's Choiceは、すぐに発送ができて、評価が高く、お求めやすい価格の商品をおすすめします。
Amazon's Choice うちばりはがし 車

価格: ¥999
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.
色:
この選択に基づいて他のオプションを更新しました

購入を強化する

  • 本製品は改造車やドレスアップ・チューンパーツの取付け、また日常整備などに最適。自動車の内装・外装の各部やセンターコンソール・オーディオ/カーナビ・グローブボックス・F/Rバンパー・クリップ・クランプ、サイドモール類などの脱着に便利。
  • 機械的特性に優れたエンジニアリング・プラスチックの一つ、ポリアセタール(POM)から作られた内張り剥がしは、自己潤滑性が高いことから優れた磨耗性を持ち、同時に耐疲労性、高温下でも使用に耐える耐クリープ性を持つ。また電気的特性に優れ電気絶縁性が高いという機能ももち、電子機器関連のパーツ、カバー類などでの使用にも最適だ。
  • ハンディリムーバーは作業時に握りやすい肉厚設計です。キズをつけにくい樹脂製ですが、クリップクランプツールの先端部分が金属製で、養生テープなどでキズを防止する事をお薦めします。
  • 自動車以外でもエアコン、照明器具のパネル、ルームランプカバー等の樹脂部品の取り外しにもお使いいただけます。
  • バッケージ内容:パネルはがし*2 、内張りはがし*2 、クリップクランプツール*1。100%POM製で、他の出品物より強度が強いです。両方とも買えば、一目瞭然です。100%真実のお客様が記載してくれた使用感に関するレビューです。桜レビューが多い出品物にはよくご注意ください!!
もっと見る
最大5,000ポイント還元

キャンペーンおよび追加情報

よく一緒に購入されている商品

  • powseed 内張り剥がし 樹脂製 うちばりはがし パネルはがし4点 クリップ クランプツール 5点セット ハンディリムーバー 内張り 剥がし はがし 外し 工具 パーツ オリジナル ツール
  • +
  • 【Amazon.co.jp 限定】エーモン 検電テスター(LED光タイプ) DC6V~DC24V (A49)
  • +
  • 【Amazon.co.jp限定】 エーモン 配線ガイド(フレックスタイプ) 全長約1m (1161)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品は、それぞれ別の出品者から販売、発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

色:

詳細情報

登録情報


商品の説明

内張り剥がし

内張り剥がしの素材:ポリアセタール(POM)

5大エンジニアリング・プラスチックとして優れた機能を持っている。

その特性はいくつかあるが、その中で最も代表的な機能が耐磨耗性と高い強度が挙げられるだろう。

ポリアセタール(POM)は、自己潤滑性が高いことから優れた磨耗性を持ち、同時に耐疲労性、高温下でも使用に耐える耐クリープ性を持つ。

また電気的特性に優れ電気絶縁性が高いという機能ももち、電子機器関連のパーツ、カバー類などでの使用にも最適だ。

  • 耐磨耗性:自己潤滑性が高く、プラスチックのなかで最も高い耐磨耗性を持つ。
  • 機械的強度:高い引張り強度を持ち、高温下での使用にも耐えうる。
  • 耐衝撃性:靭性が高く高い耐衝撃性を持つ。
  • 耐クリープ性:高温の環境下においても長時間の使用に耐えうる特性を持つ。
  • 弾性率:高い弾性と弾性回復率をほこる。バネにも使用される素材。
  • 吸水性:吸水性が小さく水による形状変化がない。
  • 寸法安定性:寸法安定性が高く、小さい部品などにも最適。
  • 電気絶縁性:電気絶縁性が高い。
  • 温度性:高温から寒冷まで幅広い温度環境での使用に耐える。
  • 耐薬品性:耐薬品性や耐溶剤性に優れる。
  • 後加工:レーザー加工や切削などには適している。

ドア内張りの外し方:

  • 1、内張りパネルを外す。

手で引っ張って取る。わざわざ内張りはがしでこじるのは、それこそ傷を付ける原因になりますので。

  • 2、ネジ類を外す。

次はネジで固定されている箇所を全部外す。三角パネルはたまにネジで固定されている車種もあります。ネジ固定が残っていると、内張りをいくらこじっても外れませんので。 肘掛けのポケット部分を上から覗き込むとネジがある。この位置は定番です。隠しネジの位置は車種によっていろいろです。

  • 3、 ドアハンドルの枠を外す。
  • 4、同じやり方で他のツメも外せば、取れる。

先が薄くなっているのがこういう場面で利用できますです。内張りの脱着でもよく使われる定番モデル。

  • 5、パワーウインドウスイッチのパネルを外す。

車種ごとに、内張りを外す前にパワーウインドウスイッチ周りのパネルを外すことも有ります。 手で引っ張り上げて外せるなら、内張りはがしは使わないで取ります。 内張りが全体が外れてから、内張り裏でパワーウインドウの線を抜く車種も多いです。

  • 6、ドア内張り全体を外す。

ドア内張りを外しにいくときは、まず内張りはがしを差し込んで少しスライドさせてみるのがコツ。 スライドさせて探ると、よりボディ側の鉄板と強くくっついている場所というのが感触で分かります。そういう場所はピンで固定されている付近なので、そのあ たりで内張りはがしをひねると、パンっとピン固定が外せます。

  • 7、強く固定されている付近をこじる。

固定箇所の近くをこじるのがコツなわけです。固定ピンと固定ピンの中間地点とかだと、内張りはがしでこじっても内張り自体がしなって力が逃げてしまいます。

  • 8、内張りは無数のピンで固定されている。

外す前の段階ではピン位置が分かりませんが、それを感触で探すわけです。内張り下部のピンが外れたら、手で内張り全体をつかんで引っ張ります。

  • 9、内張り下部の固定が外れる。

下部がフリーの状態になったら、上方向へスライドさせるとドア内張りが外れます。 内張りはがしの使用は必要です。

  • 10、ステップなどを外す場合。

ステップなどを外すときは、太めの内張りはがしを使うといいです。 細いタイプでこじると、1点に力が集中する。傷つけたりしやすいです。 この場合も内張りはがしを差し込んだら、少しスライドさせてみると、コンと当たる感触でピン位置が探れます。 内張りはがしをひねればいいわけです。 それが内張りはがしを使うときのコツです。

ご注意:

  • 1、金属製は内張り側を傷つけやすい。だから内張りをこじるときは、樹脂製の内張りはがしがオススメなんです。
  • 2、手で外せるモノは手で外すのが基本です。わざわざ内張りはがしでこじるのは、それこそ傷を付ける原因になりますので。
  • 3、ドアハンドルには、隠しネジがあるパターンも多いです。その場合はネジも外しておきましょう。ネジ固定が残っていると、内張りをいくらこじっても外れませんので。無理に外そうとすると、割れる可能性があります。注意しましょう。
  • 5、クリップクランプツールの先端部分が金属製で、養生テープなどでキズを防止する事をお薦めします。
  • 6、過度なご使用は破損の原因となります。
  • 7、内装パネルを外すとき、力ずくで引っ張ると内張りピンが割れたり、最悪の場合パネル本体も破損してしまう恐れがあります。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
2,115 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年1月20日に日本でレビュー済み
色: 赤Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち3.0 一度の使用で先端がボロボロ、耐久性に疑問?評価は適切なのか?
ユーザー名: プラティプス、日付: 2019年1月20日
バイクのカウルを剥がすため2018年12月頃購入。
パネルはがしは初使用、初購入、整備初心者のレビューとなります。
まずパネル剥がしとしてはまず使えました。バイクですので3カ所程度しか剥がしてません。
問題が乗用車の内装と違うのか?硬めなのでしょうか?
一回使っただけでも画像のように先端がボロボロです。先端が潰れることによって少し盛り上がるので
隙間にも入りづらくなるんじゃないか?余計なバリも発生するのでカウルや内装傷つけるのではいか?
こうやって潰れたらヤスリとかで削って調整するような商品なのかな?と
DIY初心者にはあまりにもこの高評価な商品に疑問を残す結果となりました。

ただパネルは剥がすことできました。
この結果はパネル剥がしとして当たり前だというのであれば、整備知識のない私の見当違いですのでお許し下さい。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
46人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年9月9日に日本でレビュー済み
色: 赤Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年5月24日に日本でレビュー済み
色: 赤Amazonで購入
36人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年6月13日に日本でレビュー済み
色: 赤Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年1月14日に日本でレビュー済み
色: ブルーAmazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年9月30日に日本でレビュー済み
色: 赤Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年7月9日に日本でレビュー済み
色: ブルーAmazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月23日に日本でレビュー済み
色: 赤Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告