中古品
¥ 869
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【送料完全無料・毎日発送!!】カバーに若干のスレ等はございますが、中身の状態は良好です! 有難うございます太陽堂です。お急ぎ便・コンビニ受取・クレジットカード・ネットバンキング・電子マネー・代金引換にも対応しております。こちらはAmazon専用在庫です。お客様よりご注文を頂き次第、Amazonより迅速に発送がなされます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パワポで極める常勝プレゼン (ビジネス極意シリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2011/12/9

5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2011/12/9
"もう一度試してください。"
¥ 16,555 ¥ 614
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

誰でも簡単、必ず伝わる。プレゼン資料作成のコツ。構造化手法で大枠から攻めて落とす。ダウンロードですぐ使える構造化30テンプレート。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

住中/光夫
システムリサーチ&コンサルト株式会社代表取締役。コンピューターを販売サポートする立場、企業の情報システム部門で構築する立場、経営者として情報を見る立場の三点を経験し、情報システムコンサルタントとして20数年のキャリアを持って活躍中。情報システムの構築・活用などのコンサルティングやセミナー講師などを年100回ほど行っており、多くの現場の営業職や管理職から高い評価を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2011/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048709348
  • ISBN-13: 978-4048709347
  • 発売日: 2011/12/9
  • 梱包サイズ: 20.7 x 14.1 x 2.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 466,502位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
プレゼンとは何か?が書かれた良書。
一つ一つの章が良く纏められていて読み易いです。

この本自体をプレゼンとして評価できる程、
書いてある内容を正しく実現している書籍と言えます。

仕事でプレゼンとまでは言いませんが、資料作成に苦労している事が多いので、とても参考になりました。
社会人を始める人から中間管理職あたりの人が読者ターゲットではないかと思います。

本題の割に PowerPoint の小手先テクニックについてはあまり書かれおらず、タイトルで損をしてしまっている気がするのと、
紹介されている構造化テンプレートは、それ程魅力的なものが無かったので星 1 つマイナスで評価しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
(A)PowerPointでのプレゼン資料の作り方
(B)プレゼン資料の作り方
(A)と(B)の、どちらのスタンスなのか?と、
疑問に思われる方も多いと思います。
正解は主が(B)で、従が(A)です。

目次構成は下記の通り
==================================
Part1 プレゼン目的編 何のためのプレゼンか
Part2 プレゼン企画編 誰に何を伝えるのか
Part3 提案企画編 BAF手法で作る提案書・企画書
Part4 資料作成編 構造化手法で3倍速い資料作成
Part5 ページ内表現編 レイアウトとデザインの基本を守る
Part6 本文表現編 伝わる力・3つの図解
Part7 プレゼン準備編 プレゼンの成功は万全の準備から
Part8 プレゼン実践編 聴き手がうなずくプレゼンのコツ
==================================
プレゼン関係の本を買ったことの無い方には、
「プレゼン」の基本的なことを纏めているのでお薦めです。
プレゼン資料のみならず、実施時の注意事項についても書かれていて、
基礎の基礎といったオーソドックス
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
当初、パワーポイントを使っての資料の作り方、つまりは
パワポの初心者向け使用解説や、よくあるテンプレート集程度と
思っていたのですが、想像をはるかに超える充実した内容でした。
これだけ充実していると、題名に「パワポ」を入れるのはかえって
対象者を限定してしまい、もったいない印象さえ受けます。
特にパワポの使用に限らない、プレゼン全般に対する基本的な心構え、
ノウハウ等にもページ数をかなり割いています。
これ一冊だけで、本で学べる範囲のプレゼン技術はすべて身に
付けられると思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
パワポでのプレゼンに使いやすいテンプレートがたくさん載っているのかな?
などという安易な考えで手に取ったのですが、その予想は裏切られました。

もちろんテンプレート(ダウンロードして使います)もあります。
パワポのテクニックもあります。
ですが、本書のメインは「プレゼン」の技術、つまりは「伝える」技術です。

「伝える」ために必要な論理力を、パワポを使って高める。
さらに、
「伝える」ために必要な表現力を、パワポを使って実現する。
これが本書の内容です。

帯には「プレゼン資料作成のコツ」と書いてありますが、
読んでいいとこだけさっと使う、というための本ではありません。
(そのようなテクニックも載ってはいますが、本書の本質とは違います。)
勉強本と思って購入するのがいいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
この本はうってつけかと思います。

自分も今年から職種が変わって、提案書なるものを作る立場になりました。
今までは「報告書」ですとか「作業指示書」などしか作ったことがなかったので
どのような流れで「提案書」と言うものにアプローチしたらよいか判らず
人の作った資料を見よう見真似で加工していました。
正直な話、その場で作ったものは(今でも大したことはないですが)、酷いできでした。

この本は、所謂「できる〜」シリーズではないので、パワポの使い方を事細かに
教えてくれるものではないです。
ただし提案書を作り、お客様のまえでいかに発表するのかの流れや考えることを
かなり細かく教えてくれたのではないかと思います。

そしてそのツールとしてのパワポを利用する方法が書かれているといったのが
正しい解釈なのかなと。

営業職になりたての方は、ぜひ一読され、自分のやり方の参考にしていただくのも
よいのではないでしょうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー