通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
パレード (幻冬舎文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーデザインが画像とは異なります。 カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

パレード (幻冬舎文庫) 文庫 – 2004/4

5つ星のうち 3.8 155件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • パレード (幻冬舎文庫)
  • +
  • 最後の息子 (文春文庫)
総額: ¥1,192
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

受賞歴

第15回(2002年) 山本周五郎賞受賞

内容紹介

都内の2LDKに暮らす男女四人の若者達。本音を明かさず、“本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。そこに男娼をするサトルが加わり、徐々に小さな波紋が広がり始め……。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 309ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2004/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344405153
  • ISBN-13: 978-4344405158
  • 発売日: 2004/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 155件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 63,983位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 投稿日 2015/12/27
形式: 文庫 Amazonで購入
5人の物語をそれぞれの視点から1人ずつ読んでいく面白さ。本当の自分を演じるというのもと面白い。部屋にいるのにいないとか、その人について、自分がみてるその人ことしか知りえないという台詞と結末の矛盾さ。ミステリーともホラーとも言えない独特の“怖さ”を体感することのできる一冊。映画も小説も見たが、小説から映画を見た方が良い。ちなみに私は逆だったがそれでも満足した。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
読了。
10年以上前の本なのにまるでいまの時代を俯瞰してるよう。東京での男女の共同生活を一人称オムニバスで。上辺だけの付き合い。それくらいがちょうどいい?『この部屋用の私』だからか。
賛美両論ラスト。
私はちょっとイマイチに感じてしまったけど、この作家の日常描写は素晴らしいですね。目に映る映像のようにリアル。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
2度、3度読んでみると、終盤の衝撃だけじゃなく細かいできごとにも注意が向きます。
人物それぞれの魅力、弱さ、えぐい部分。ひとりの人間にはいくつもの側面があり、すべてを知ることはできない。むしろ、すべてを知るなんてほど遠く、相手のほんの一部しか知らないまま平然と暮らしている。
それって、なんだかとてもおそろしい。

映画や舞台だとここまで人ひとりの厚みは出せないと思います。小説の力をひしひしと感じました。1度目の読了後は、ここまで感じられませんでした。

読みやすいのに、おそろしい小説。
また時間をおいて読み直したいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今ってこの感じが普通だと思う。
書かれた内容に時代が追い付いたような気がした。
ナイフを持ってる人間がいても、その切先が自分に向かなければ無関心。
自分が傷つかず安穏と過ごせるなら、他人の抱えた闇なんて知らない。
そう思ってしまう自分が一番怖いのかもしれない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
※ネタバレあり
吉田修一氏の「悪人」は、良い意味で読み易く、最後まで惹きつけ一心に読ませ、また色々な事を感じ、登場人物に自己を投影させ、考えさせられる作品で、当方にしては珍しく最高評価のレビューを投稿した。その著者の作品と言う事で、期待して購入したのが当著。
そして期待は見事に裏切られた。

5人の若い男女が恋愛関係等なく、適度な距離を保ちながら共同生活者として東京の2LDKで暮らすと言う、古今の若者が夢想しそうなシチュエーション。
そこで、世話になっている先輩の彼女を寝取って全く良心の呵責を感じない大学生、育った家庭環境のトラウマを抱えいつも酔いつぶれるまで飲む24歳のオコゲのイラストレーター兼雑貨屋店長、薬好きの18歳の男娼等、別に興味も無ければ関わりたくもない若者たちの日常がひたすらダラダラグダグダと描写される。
我慢して最後まで読みながら、それでもこういうはっきり言ってどうでも良い若者たちの日常をひたすらダラダラと描写する事に徹する小説も(良いか悪いかは別にして)有る意味新境地ではないか、と思い始めたころ、取って付けた様な「ショッキング」な結末が待っている。
しかも、それまで大した伏線も無く、唐突に、理由の説明も無ければ必然性も感じさせず、登場人物の一人が本当に無意味に、コンクリート片で通りかかった女性の
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読んだあと、無性に他の人の感想を聞きたくなりました。

「こわい」などという一言に丸め込んでしまうのは、あまりにももったいない気がして

何に怖さを感じたのか、どこに共感できるか、あるいは嫌悪するか

おそらく人それぞれ微妙に違うであろう読後感を知りたくなる、魅力的な小説でした。

魅力的ではありますが、決してグイグイ引き込まれる小説ではありません。

4人の男女が色恋抜きのちょうどよい距離を保ちながら共同生活をする物語は

海外ドラマのようにクールで楽しげですが、特にこれといった事件が起きるわけでもなく

読んでいて少し退屈、だけど面白いという感じです。

登場人物も軽薄でつかみどころがない感じなのですが、それぞれがモノローグで語る本当の自分は意外に真っ当で

馬鹿そうに見えるけど、実はいろんなことを考えているんだねと共感したくなります。

そうやって軽く読んでいるうちに、不思議な違和感が胸に広がってきました。

人に見せている自分と、本当の自分との食い違い

他の人をどこか見下しながら、それに合わせて自分を演出して作るやさしい空間の空虚さ
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー