パレード (初回限定生産) [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,980
通常配送無料 詳細
発売元: ゴエモン屋
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

パレード (初回限定生産) [DVD]

5つ星のうち 3.4 32件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,479 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、成功商店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 5,129より 中古品の出品:5¥ 2,450より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • パレード (初回限定生産) [DVD]
  • +
  • 林遣都1st写真集「Clear」(DVD付) (Angel works)
総額: ¥7,639
ポイントの合計: 65pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 藤原竜也, 香里奈, 貫地谷しほり, 林遣都, 小出恵介
  • 監督: 行定勲
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2010/10/06
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 32件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003OUHSYE
  • JAN: 4988003802592
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 57,886位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

★初回限定生産(DVD2枚組、アウターケース付き)※初回生産版が終了次第、特典ディスク、アウターケースの付かない通常版(1枚組で価格は同じ)に切り替わります。
★[原作]吉田修一×[監督]行定勲 [出演]藤原竜也×香里奈×貫地谷しほり×林遣都×小出恵介★現代に潜む闇を切り取った、深遠なる衝撃の問題作ー。歪みはじめる、僕らの日常 やがて待ち受ける衝撃の結末。共感できるあなたに闇が訪れるー。
★都会の片隅、ルームシェアをしている4人。穏やかな日々に、突然現れた1人の少年。同じ町では、連続暴行事件が起きている・・・そして彼らの生活はゆっくりと歪みはじめるー。『世界の中心で、愛をさけぶ』『GO』の行定勲監督が、かねてから映画化を熱望、現代の若者の内面に宿る”モラトリアム”をテーマに新たな境地を拓き大ヒットを記録した衝撃の問題作。原作は、第15回山本周五郎賞受賞作である、吉田修一の青春群像劇「パレード」(幻冬舎文庫)。主演を演じるは『カイジ 人生逆転ゲーム』のヒットも記憶に新しく、本格的実力派俳優として高い評価を得ている藤原竜也。共演は多数のドラマに出演し、映画『しゃべれども しゃべれども』でもその演技が高く評価されトップモデルとしても絶大な支持を得ている香里奈、07年NHK・朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」のヒロインを始め、『ジェネラル・ルージュの凱旋』など活躍目覚しい貫地谷しほり、映画『バッテリー』でデビューした新風・林遣都、そして「ROOKIES」や『風が強く吹いている』など実力に定評のある小出恵介。
★全国20館の上映から興収2億を超える驚異的大ヒットを記録!2010年邦画最大の問題作
★藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介。二度と揃わない奇跡の豪華出演陣。
★第15回山本周五郎賞受賞作!原作:吉田修一×『世界の中心で、愛をさけぶ』『GO』監督:行定勲の強力タッグ!★第60回ベルリン国際映画祭・国際批評家連盟賞受賞!ほかにも第4回アジア・フィルム・アワード・ベスト・フィルムノミネートなど海外でも大絶賛!!★特典映像 本編ディスク:劇場予告編、TVスポット 特典ディスク(初回生産版のみ):メイキング、舞台挨拶イベント(イベント、初日舞台挨拶)、WOWOW放送特別番組、オーディオコメンタリー
★[STORY]「嫌なら出ていくしかなくて、居たければ笑ってればいい」都内のマンションに暮らす男女4人の若者達。几帳面で健康オタクの会社員・直輝(藤原竜也)、自称イラストレーターの未来(香里奈)。無職で恋愛に依存している琴美(貫地谷しほり)、先輩の彼女に恋している大学生の良介(小出恵介)。それぞれが不安や焦燥感を抱えながらも、”本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。そこに男娼のサトル(林遣都)が加わり、町では女性を狙った暴行事件が連続して起こり始めた。穏やかだった日常は歪み始め、やがて思いもよらない結末が彼らに訪れる・・・。友達、恋人、一緒に暮らしている人・・・あなたは本当にその人のことを知っていますかー?

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

第15回山本周五郎賞を受賞した吉田修一の小説を、行定勲監督が映画化した青春群像ドラマ。都内のマンションでルームシェアをする4人の男女は、さまざまな不安を抱えつつも怠惰な共同生活を満喫していた。そんな折、男娼のサトルが同居人に加わり…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
5人の人間模様が、とても面白かった。購入しようか迷ったが、林遣都のファンですが、他のキャストも、いい味出してて、購入してよかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
正直に言って、よくわからん話でした。
こーなんだよ~・・・と、言いたいようなんだけど・・・
同居している5人の群像劇っぽい感じになってます。
同居しているのに、それぞれが秘密というか、"かくしごと"を持っています。
まぁ、そうだわなと思っていると、だんだんその"隠し事"が
ヤバイ方向にいく。
どうなる?ってとこですが・・・
ここに題名のパレードという言葉が意味を持ってくるんですかね・・・
イマイチ、ピンとこないんだよなぁ・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 タムタム トップ500レビュアー 投稿日 2015/5/30
初見の時、この映画が伝えたかった事、ラストのオチの意味は「分かったような分からないような」という印象で、変なモヤモヤが残ってしまいました。
その後、Yahoo知恵袋でこの映画の非常に分かりやすく、詳しい解説を読んで、自分が読み取りきれていなかった部分を理解できました。

その結果、改めて抱いた感想は「トラウマになる程怖い」という事でした。
様々なシーンがラストの真実に繋がっていたと分かると、後からジワジワと嫌な恐怖感がこみあげてきました。

自分が隠していきたい、見せたくないものを上から目線で暴露されているような。
まさに「心がえぐられた」ような気分になりました。

この作品の魅力の半分は、ナチュラルながらもインパクトを感じさせる演技を披露してくれた、役者達の力もあると思います。

特に林遣都の演技がとても素晴らしかったです。(もともと林遣都目当てでこれを見たのですが)

この作品に出る前の林遣都にはまだ「爽やかなアイドル俳優」のイメージがあったのですが、当時弱冠18、19歳だった彼が、他のベテラン役者達をも圧倒する、体当たり演技を披露しています。
今やどんな役をも演じきるカメレオン俳優となった林遣都が、それまでの清純なイメージを払拭する事に成
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作未読。
何か面白い邦画ないかなと物色していたところ本作品に出会った。

東京でルームシェア生活をしている男女4人が物語の中心人物です。それと男女比は2対2で同率
そこに正体不明の金髪青年が上がり込み物語の幕が開きます。

原作は読んでいない為
キャラクターとの適合率はわかりませんが、出演者は男女共に熱演しており、不自然さを感受することはありませんでした。

ラスト付近は大声の前の深呼吸なのか、不気味な程静で長いシーンが続きます。上記かもしくは別の意図があっての演出なのでしょうけど、終盤近くに挿入するには些か冗長だろう。たまらず1.5倍速モードでの鑑賞に移りましたが、それでもなかなか進行しないのには驚愕しました。

サトルが上手い具合に平常の安寧をかき乱して
日々に新たな渦を生じさせた。「これはもしやサトルって打開と住人とを繋ぐトリックスターなのか」と思った矢先あのオチですよ。

自分は途中で飽いてしまい余り楽しめませんでした。作風が作風だけに楽しい気分になれないのは当然かもしれませんが
何かを感じとることも出来ず、ここでのレビューでパレードの意味、オチの表している事を知ったくらいです。
この皮相の見が起因してこの感想に至
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
豪華なキャストを原作に違和感なく浸した監督の腕前が冴える本作品。

登場人物の皆がくせ者ながらどこにでもいそうな人物。
その中に異質な存在が一人足されたことにより前半のほのぼのな空気に次第にヘヴィーな展開へと発展してゆきます。

異端児ことサトルを体当たりで演じた林くんの演技が優秀でしたが原作では年齢の割には全てを悟ったような語り口をするのでそこら辺のギャップが出せてたら良かったとも思います。

他キャストに関してはまんま原作に違和感なく香里奈と貫地谷しほりが良い味を出していますね。

一番マトモそうな直輝こと藤原竜也ですが…まぁ彼が演じるキャラですから…演技もキャラも良い意味で何時もながらと言った感じです。

原作とは微妙に伏線が違っていたりしますが例のビデオの話を削らなかったのは安心しました。

ただラストは原作ではあやふやにして終わっていましたが。

映画ではラストの香里奈の核心的な一言により明らかにされている気もして滑稽な話からよりリアリティーあるサスペンスとしての色彩が強くなっているとも感じました。

ただ例のビデオの件をピンクパンサーから恋愛ドラマにした
のは納得いかなかった。
著作
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す