この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

パレポリ(紙ジャケット仕様)

5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 8,219より 中古品の出品:8¥ 1,980より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の オザンナ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (2009/6/24)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ディスク・ユニオン
  • ASIN: B0028CUIOQ
  • JAN: 4988044390126
  • 他のエディション: CD  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 279,742位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

3作目にして、OSANNAの最高傑作の呼び名が高い1枚(73年)。フェリーニの世界を音像化し、終始ナポリ地方の幻想を彼ら独特のサウンドで展開する唯一無二の世界。ふんだんに使用されたメロトロンに打ちのめされる事間違い無しのイタリアン・ロック屈指の1枚。 ■見開き、特殊A式、内袋入り、国内プレス商品。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
 確か、日本盤初リリース時、キンクリに似ているという広告コピーだった、イタロ・プログレの伝説的バンド。
 100点評価から10点に切り替えた、当時の『ニューミュージック・マガジン』でも満点だったような憶えがあるが……。

 一聴、「えー、似てねえよ」と、がっかりしたものだったが、今聴けば、イアン・マクドナルドが吹くようなサックス、フルートではある。
 キーボードもシンセじゃなく、キンクリが使っていたメロトロンじゃないかなあ。
 「似ていない」と思った理由の第一は、イタリア語の語感からだったのかもしれない。
 
 それに、アメリカのジャズ、イギリスのハード・ロックとプログレ、クラシックの要素を強靭な胃袋で消化しきったうえに、イタリアの伝統的な民俗音楽のテイストも香ってくるので、「キンクリ似」はセールス的な呼び水というより、例えようがない独得のサウンドに対して、形容するのに苦慮した結果に過ぎなかったのか。
 
 輸入盤だから仕方ないのだろうが、歌詞どころか、メンバーの情報さえ省いた極めて不親切な盤。
 
 親切な解説がついた日本盤の購入も考慮してみては?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
かつてキングのヨーロピアンロックコレクションでトップクラスの売り上げを誇ったらしい人気作。私ももちろん買って,何度も聞き込んだアルバム。CDで買い直して聴き直しても,やはり,わけのわからない感動を呼ぶ名作だ。サントラである「ミラノカリブロ9」もなかなか良い曲をやっていて良いのだが(ミラノの方が好きという人も多いが),個性的である点で本作のほうが数段魅力的だ。キングクリムゾンの影響が大きいことは聴けばすぐ分かる。しかし,民族音楽を取り入れているだけでなく,演奏面でも個性的特徴がある。私の友人Y氏の意見では,「荒い」。演奏が下手という意味ではなく,独特の荒さがあるのだ。フルートもギターも,音が荒い。そして,ぶ厚いメロトロンに哀感のあるヴォーカル。なお,「わけのわからない感動」に至るためには,できるだけ大きな音で聴く必要がある。これはクリムゾンも同じだが,小音量ではダメである。近所に迷惑をかけたくない人はヘッドホンを使って,大きめの音で聴くこと。また,紙ジャケットはうれしいようでもあるが,収納には困る。変形ジャケではないので,プラケースでも良かった。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/10/29
形式: CD
 1973年、イタリアのプログレバンド・OSANNAの3rdアルバムです。

 この作品は、よく「OANNAの代表作」「イタリアン・プログレの名盤」と言われる作品です。

 KING CRIMSONのようなヘヴィ・プログレに、GENESISのようなドラマ性を合わせ、
そこに、イタリアン・プログレ特有のドロドロ濃厚感を加味したような感じです。

 で、他レビューにあるように、楽曲が「わけ分からん」「意味不明」「ナンセンス」です。
 1シーン1シーンのサウンド・コラージュのようであり、
ある種のモダンアート、話の脈が分かりにくいデカダン小説のような質感があります。

 民族音楽的なのどかな雰囲気、フェスティバルのような熱狂、叙情的な音世界、神秘的・サイケ的な音世界、
原始的なリズム、呪詛のようなライム、HR的なギター & フルートの攻撃的なユニゾン、ミステリアス・知的な音世界、
シンフォ的・感動的な場面、Jazz (Wes Montgomery "Full House")。。。などなど、万華鏡のように、次々と展開していきます。

 特に、「美しいメロトロンをバックに、Saxがヒステリックに叫び上げる」場面は、素晴らしいと感じます。(個人的
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 緑川 とうせい VINE メンバー 投稿日 2008/10/30
形式: CD
イタリアのプログレバンド、オザンナの3rd。1973作/紙ジャケリマスター盤
70年代イタリアン・ヘヴィプログレの中でもCERVELLOの「MELOS」と並んで、
もっとも幻想的であり、そして完成度の高いアルバムがこれだ。
鈴の音とともに太古の儀式を思わせるような雰囲気から、フルートが鳴りだし、
うねるようなギターとメロトロンが合わさって、祝祭めいたサウンドが作られると
やがて幻想都市パレアポリスが目に浮かぶ。イタリア語の歌声による叙情と、
濃密な空気がかもしだす特有の迫力は、このバンドならではのものだ。
吹き鳴らされるフルート、荒々しいギター、フェリーニの映画のような破天荒さと
呪術的な幻想性…すべてにおいてイタリアからしか出て来得ない傑作だ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す