パリ警視庁:未成年保護特別部隊 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,000
通常配送無料 詳細
発売元: リラックスディ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

パリ警視庁:未成年保護特別部隊 [DVD]

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 4,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 104 (3%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 4,000より 中古品の出品:1¥ 2,980より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: カリン・ヴィアール, ジョーイ・スタール, マリナ・フォアス, ニコラ・デュヴォシェル, マイウェン
  • 監督: マイウェン
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: トランスフォーマー
  • 発売日 2015/02/06
  • 時間: 127 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00PQD7LAS
  • JAN: 4522178010699
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 163,703位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

世界中から最も優れた映画が集まるカンヌ国際映画祭のコンペティション部門で、そのショッキングな内容と魂をゆさぶるスリリングな展開が大きな話題を呼び、見事、審査員賞を獲得した傑作が遂にDVDリリース決定! パリ警視庁で未成年を凶悪犯罪から守ることを目的に作られた特別班で働く警官たちの、命をかけた過酷な毎日を描く。本国フランスでは、メディアからの圧倒的な高評価に加え、スリリングな展開が口コミを広げ、興行成績2週連続No1の大ヒット。その年のセザール賞では『最強のふたり』『アーティスト』といった強敵を押さえ、最多の13部門にノミネートを果たし、有望女優賞、編集賞を受賞している。監督は『レオン』『フィフス・エレメント』といった作品への出演で知られる女優・マイウェン。実力派女優ならではの視点で、人間味あふれる群像劇を演出。出演俳優たちの、素晴らしい名演のアンサンブルを生み出している。

≪STORY≫
世界有数の大都会を守る、パリ警視庁。その内部には、きらびやかな街の裏側で多発する凶悪犯罪から青少年たちを保護する特別部隊が存在する。ある日、その部隊に、内務省の指示で写真集制作を請け負った女性カメラマン、メリッサがやってくる。張り詰めた部隊の中で、最初は孤立し、戸惑いを隠せないメリッサ。しかし、命がけで犯罪と戦う警官たちの人間味あふれる姿に触れていくに従い、メリッサは彼らが抱える大きな葛藤や悩みを知り、心を動かされてゆく。そんな中、麻薬捜査班から、巨大な麻薬組織の取引現場での壊滅作戦への応援依頼が舞い込み、隊員たちは危険な潜入捜査に挑むのだが…。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

未成年保護を目的とした特別部隊の活躍を描いたサスペンスドラマ。パリ警視庁にある、凶悪犯罪から青少年を保護する特別部隊。写真集製作のために部隊へやって来たカメラマン・メリッサは、命懸けで戦う隊員たちに触れ、彼らの抱える葛藤や悩みを知る。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

2011年フランス映画。直輸入盤で字幕無しからやっと翻訳付きで観られます。早口のフランス語がどこまで字幕化可能か心配していた評論家も居たみたいですね。字幕から十分状況は把握できます。というか、とても分かりやすく要約された字幕だと思いました。監督マイウェン(と同時にヒロインの一人として演じてもいる)の長期取材によるシーン作りは目を瞠る臨場感。演者の自然さそのもののような演技が観るものをグイグイ内容に引き込んでいきます。そして「色彩」・・・なんと美しい「青」そして「黄色」この色の扱い方だけでも一見の価値ありだと思います。物語ラスト、登場人物の一人「イリス」の振る舞いは(予感は仕込まれていますが)やるせない限りです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ルポあるいは記録映画としてではなく、創作として観ると、これは始まりも終わりもない物語です。

定常の業務として、子どもたちを犯罪から守るための努力があります。

一方で、個々のメンバーに個人生活があります。

家庭があり、和もあれば不和もあり、一つの恋愛がうまくいくと、他方の恋愛が壊れます。

職務上の怒りが描写されています。でも怒りは、結局部分的な感情であるにすぎません。そういう感情が表に出ていないときに潜在的に考え、思うことをコントロールするのが、うまい人とそうでない人とがいます。

それを一握りの登場人物のそれぞれで、場合分けして割り振っています。

創作として一流の出来です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告