中古品の出品:7¥ 2,650より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

パリ・ルーヴル美術館の秘密 [DVD]

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 2,650より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ドキュメンタリー映画
  • 形式: Color, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: レントラックジャパン
  • 発売日 2004/09/24
  • 時間: 85 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002GD4M8
  • JAN: 4947864990206
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 84,093位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

世界最大の美術館であるルーヴル。そこには膨大な数々の展示品に加え、計15kmの地下通路、4200枚の窓ガラスがある。そしてそこで働く人々は、学芸員、金メッキ師、大理石職人、清掃員、警備員、案内係、資料係、写真家、庭師、音響学者、物理・科学者、調理人、管理人、消防士などなど、その数ざっと1200人。彼らが働くルーヴルの日常を、カメラが追っていく。
【映像特典】
●日本劇場公開版予告編
●オリジナル予告編
【特典内容】
「パリ・ルーヴル美術館の秘密」(約40ページ)ビジュアルガイドブック

内容(「Oricon」データベースより)

約35万点の所蔵品を誇る世界最大の美術館ルーヴルの内側を初めて撮影したドキュメンタリー映画。美術品以外の撮影を許してこなかった舞台裏に迫る。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ルーブル美術館の閉館時の内部「メンテナンス」の様子のドキュメンタリー。
新たな展示場を作り上げてゆく様子、35万点の収集作品を「出庫」してゆく場面、
建物の正面にある名物のガラスピラミッドの窓ふきの様子などをほとんど解説、せ
りふなしの映像だけで次々に見せてゆく。

パリの美術館に行くと、非常に有名(かつ高価!)な作品が普通に飾っていること
に驚く。こんなに無防備で大丈夫なのだろうかと思うが、このドキュメンタリーで
も、絵を掛け替える作業中などでも結構無造作に絵を扱っている姿に驚く。
それはまるで、これだけの量と質の美術品を当たり前のようにそろえている豊かさ
の象徴でもあるのだろうかとさえ思えた。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
たまたま小さな映画館に掛かっているのを見つけて見ました。映画としてはかなり古いものでしたが、今も同じことが行われているでしょう。パンフレットもあったので、映画の後で解説を楽しむことができました。

館長の許しを得て、そのままの姿のルーブルを納めた映画です。美術館なので映画で使われるような明るい照明は使えません。
深夜の美術館で、警備員が巡回するところから始まり、まるで夜中にこそっと探険をする気分でドキドキします。
解説のナレーションは一切ありませんが、そこに働く人たちの台詞から状況を知ることができます。ドキュメンタリーと言われますが、実はわざと足音がするように女性にヒールを履いてもらったり、歩き直してもらうという演出はやっているそうです。

色々な職種の人を取り上げて、しばらくその人を追いかけたり、何度か差し挟んでみたりして、流れを作っています。
館長の所に、美術品を売り込みにくるバイヤーがいたり、
館員の制服を新しく配給するシーンでは、新入社員(?)が自分に合う服がなくて文句を言ってたり、そのまま社員用のフィットネスルームに移動して汗を流していたり、
厨房では千人を超える従業員のために調理をしていたり、社員食堂ではバイキング形式でみなが食事をしていたり、
展示室から秘密っぽい扉を開
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
閉館時のルーヴルの中はまるで墓地のように静かで
飾られた額縁は墓石、作品は死者の魂のようにひっそりとそこに佇み
来館者を待っているような印象を受けました。
なかなか見られる物ではありませんが
見てはいけないような気にもさせるような巨大な地下通路は
まるでピラミッドの中の迷路を想像させられました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告