パリは燃えているか =集成= がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,957
1pt
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

パリは燃えているか =集成=

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,160
価格: ¥ 1,673 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 487 (23%)
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 1,673より 中古品の出品:2¥ 1,500より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 加古隆 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • パリは燃えているか =集成=
  • +
  • 新・映像の世紀 オリジナル・サウンドトラック
  • +
  • NHKスペシャル 新・映像の世紀 オリジナル・サウンドトラック 完全版
総額: ¥7,457
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2015/12/23)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: avex CLASSICS
  • 収録時間: 47 分
  • ASIN: B016BKOC9M
  • JAN: 4988064258833
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 47,323位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. パリは燃えているか (新・映像の世紀 テーマ [2015年放送])
  2. パリは燃えているか (ピアノ・ソロ Slow)
  3. パリは燃えているか (JAZZ クインテット)
  4. パリは燃えているか (加古隆クァルテット)
  5. パリは燃えているか (追憶篇)
  6. パリは燃えているか (オルガン)
  7. パリは燃えているか (マーチ)
  8. パリは燃えているか (ピアノ・トリオ)
  9. パリは燃えているか (ブラス・アンサンブル)
  10. パリは燃えているか (ピアノ・ソロ)
  11. パリは燃えているか (コンテンポラリー)
  12. パリは燃えているか (宇宙篇)
  13. パリは燃えているか (木管アンサンブル)
  14. パリは燃えているか (JAZZ クァルテット)
  15. パリは燃えているか (室内楽)
  16. パリは燃えているか (映像の世紀 テーマ [1995年放送])

商品の説明

NHKスペシャル「新・映像の世紀」の放送決定で高い注目が集まっている、加古隆作曲のテーマ曲「パリは燃えているか」を集成したファン待望の作品集!!

NHKスペシャル「映像の世紀」(1995年放送)は放送と同時に大反響を巻き起こし、中でも20世紀に撮られた映像とともに流れる加古隆のテーマ曲「パリは燃えているか」に問い合わせが殺到した。それから20年、新たに発見された実録映像とともに新シリーズ「新・映像の世紀」が放送され、加古隆の名作「パリは燃えているか」にふたたび高い注目が集まっている。このアルバムは「映像の世紀」「新・映像の世紀」のテーマ曲はもちろん、場面に合わせて使用された様々なバージョンの「パリは燃えているか」を集成したファン待望の作品集です。

【収録曲】
1. パリは燃えているか 新・映像の世紀 テーマ[2015年放送]
2. パリは燃えているか ピアノ・ソロ Slow
3. パリは燃えているか JAZZ クインテット
4. パリは燃えているか 加古 隆クァルテット
5. パリは燃えているか 追憶篇
6. パリは燃えているか オルガン
7. パリは燃えているか マーチ
8. パリは燃えているか ピアノ・トリオ
9. パリは燃えているか ブラス・アンサンブル
10. パリは燃えているか ピアノ・ソロ
11. パリは燃えているか コンテンポラリー
12. パリは燃えているか 宇宙篇
13. パリは燃えているか 木管アンサンブル
14. パリは燃えているか JAZZ クァルテット
15. パリは燃えているか 室内楽
16. パリは燃えているか 映像の世紀 テーマ [1995年放送]

演奏:ピアノ:加古 隆 (except [03][14])
シンセサイザー、プログラミング:羽毛田丈史
下野竜也指揮 NHK交響楽団 [01]、加古 隆クァルテット[04] 他


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
「映像の世紀」で流れていた様々なバージョンの「パリは燃えているか」が収録されており、ファンにとってはたまらない1枚。
ただし、全曲収録、とまではいかず、2、3曲別バージョンの「パリは燃えているか」は収録されていないので、ちょっと残念。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
サウンドトラックも持っていますが、結局こちらも買ってしまいました。

【新旧・パリは燃えているか】
 BGMとしては番組の最後で流される曲です。
 サラエボ事件しかり、世界恐慌しかりです。
 歴史の重さももちろんですが、ある出来事が次の出来事につながるというのも
 番組と合わせ、曲でも表現していると思います。

【オルガン】
 レクイエムのような雰囲気のバージョン。哀しいというか、「冷たい」印象です。
 番組内でも、特に冷たいというか、消えていくというようなシーンで使われます。
 オーストリア皇太子フェルディナント暗殺から第一次世界大戦への流れなどが代表でしょうか。
 一方、95版で、リンドバーグ帰還から世界恐慌直前まででも使われていました。
 華やかな中で、誰も気づかないうちに燃え尽きているという様子かもしれません。

【マーチ】
 勇ましい雰囲気に違いはないのですが、作中で登場する「オーバーゼア」や
 フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」に比べて、「輝かしい勝利」を向いていない
 ように思えます。
 戦争への覚悟を語りつつ黒人を酷使するチャーチルの回想でも使われていました。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
本作のレビューを書く前に、旧シリーズサントラライナーノートでの加古隆氏自身による解説を牽きたいと思います。
- - - - - - - - - -
メインテーマ『パリは燃えているか』は、まさしくそういった(「歴史上の事件にのみ照射するのではなく、あくまでも、その歴史を動かしてきた人間を中心として考えよう」)視点から生まれた曲です。このタイトルの由来ですが、……第2次世界大戦時下のナチス・ドイツが、パリを破壊しようとした作戦から生まれた言葉です。……メインテーマは、その人間
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
たぶん、いろんなところで聴かれたことがあるのではないかと思われる NHKスペシャル・映像の世紀のテーマ曲「パリは燃えているか」。その集成をしたものがこのアルバムです。加古隆さんが作られた楽曲を、自らいろいろなアレンジで発表しており、それをまとめたものです。
おんなじ旋律が流れているだけ、なのですが、編曲(アレンジ)をして楽器を変えて・楽器の編成も変えて、いろいろと連続して聴いてみると、これはこれで同じ曲ばかりであるはずなのに、興味深く聴くことができました。もともと楽曲が持っているポテンシャルを落とすことなく、常に新鮮に聴くことができるのが、すごいなぁ…と思ったわけです。
これに興味を持てた方は、ぜひ「映像の世紀」「新・映像の世紀」のサウンドトラックも聴いてみることをお勧めします。さらに、加古隆さんのアルバムも聴くとグッと来るはずです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告