通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
パリの朝食はいつもカフェオレとバゲット ―フランス... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【帯付】◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に微スレが確認できますが、紙面の状態は非常に良好です。【検品担当者より】書き込み等ございましたら、保障いたします。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パリの朝食はいつもカフェオレとバゲット ―フランス人はなぜ仕事と子育ての両立が上手なのか? 単行本 – 2016/10/28

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,031

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • パリの朝食はいつもカフェオレとバゲット ―フランス人はなぜ仕事と子育ての両立が上手なのか?
  • +
  • パリジェンヌのように 少ないモノでスッキリ暮らす
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

著者は、夫の仕事の関係で、フランスに家族4人で住む機会を得た。
2001年から2004年と、2007年から2010年の二回、パリ市内のアパルトマンで暮らしたが、
計6年半フランスに滞在して何よりも驚いたのは、働く母親が多いことだったという。

フランス人の女性たちはいったいどうやって、仕事と子育てを両立しているのだろうか。
日本では難しいことが、なぜフランスでは可能なのだろうか。

2人の子どもを現地校に通わせ、フランス人と知り合う中で、両立を可能にする実情がだんだんとわかってきた。
長い歴史と豊かな文化のある国フランス、人生を楽しむフランス人のライフスタイルから学ぶことは多い。

本書では、仕事と子育ても含めた、フランス人の普段の暮らしを紹介します。
毎日を楽しく過ごすためのヒントが満載の1冊です。

【contentsより】
はじめに
第1章 グルメの国の食卓
第2章 奥深い食文化
第3章 仕事も子育ても
第4章 良いバカンス、良い週末
第5章 人との関わり
第6章 思い思いに暮らす
第7章 心豊かな日々を
おわりに

内容(「BOOK」データベースより)

パリに延べ6年半滞在し、ふたりの子どもを現地校に通わせた著者が見たフランス人たちの幸せな生き方とは―?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: プレジデント社 (2016/10/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4833422042
  • ISBN-13: 978-4833422048
  • 発売日: 2016/10/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 140,692位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「パリ大好き!」という憧れいっぱいの文章ではなく、元新聞記者というだけあってしっかりとした構成でご自身の体験と、外国人として感じた一般論がバランスよく書かれていて、これは本当なんだろうなと信頼して読むことができました。
フランスと日本は気候も違って、日本に戻って夏の服を買い足したという箇所が印象的でした。最近はミニマリストの本が流行っていますが、やはり日本の夏は汗もいっぱいかくし、洗濯回数も多いし、モノを少なくといっても自分に合わせるべきだと安心しました。
洋服の生地の厚さが違うといったことや、洋服にかかる税金が高いから、そもそも服をあまり買わない、という異文化の話がちゃんと書かれているのが良かったです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
欧州に数年間いたことがありますが、
この著者のフランス観、パリ観にはぴったりきます。
フランスというとエッフェル塔やセーヌ川など華やかな
観光地が思い浮かびますが、フランスを構成しているのは
日々の日常をぜいたくではないけれど楽しく暮らす庶民です。
フランス人の日常、生活を楽しむ方法に興味がある人には
強くお勧めできます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
夫の駐在でパリに4年いました。
当時4歳と2歳だった子供も今は日本の小学校に通っていますが大変懐かしく思いました。これからフランスで生活する人は参考になるの一冊では?
雰囲気は充分伝わります。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトル的に仕事と子育ての両立のためのポイントが書かれているのかと思いきや、ただのフランス文化の紹介本でした(--;)。ママ友の家に招待してランチする習慣があるとか、マルシェでは野菜の調理方法が知れて社交の場になるだとか子育てとは関係のない訳のわからないことがほとんどで、だいたい飛ばして読んだほどです。フランス文化を参考に日本の子育てや働き方にママ自身が工夫できることは何かを書いてほしかった。これからフランスで子育てする人向けの本です。日本で子育てするものには全く参考になりませんでした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
結構たんたんとした雰囲気で個人的には読んでいてワクワクさせられなかった。パリではこんな感じですっていうレポートのようなものです。そういう感じが好みの方にはパリの日常生活が伝わり楽しく読めるのではないでしょうか。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック