パラダイス・キス プレミアム・エディション/コサー... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《初回生産限定版、付属品完備:コサージュ風ヘアアクセ(未開封)、ポストカード 3枚(未開封)、DVD(未開封)、透明BOX、帯》●コンビニ支払い&受取り、クレジットカード・ネットバンキング・Edy支払いがご利用いただけます●商品が到着後、お気に召さない場合は返品・返金も可能です●帯の下部の折れ目はあるため、[良い]としています●ブックレットは折れ、よれ、よごれなく良好です●BOXケースはつぶれ、よれ、よごれなく良好です●DVD、ポストカード、ヘアアクセは未開封です●安心・迅速のアマゾン配送センターからの発送です。お急ぎ便対応・コンビニ受取が出来るほかに、アマゾンプライムやアマゾンのカスタマーサービスをご利用いただけます。また、配送状況の追跡なども出来ます。アマゾン管理用のバーコードシールは、OPP袋で梱包した上からの添付となり、商品の状態に影響はございません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

パラダイス・キス プレミアム・エディション/コサージュ風へアアクセ付(2枚組)【初回限定生産】 [DVD]

5つ星のうち 3.3 39件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 6,487 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、天游堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 4,830より 中古品の出品:16¥ 98より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • パラダイス・キス プレミアム・エディション/コサージュ風へアアクセ付(2枚組)【初回限定生産】 [DVD]
  • +
  • 今日、恋をはじめます DVD豪華版
総額: ¥10,232
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 北川景子, 向井理, 山本裕典, 五十嵐隼士, 大政絢
  • 監督: 新城毅彦
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2011/10/26
  • 時間: 115 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 39件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005GMUP1G
  • JAN: 4988135871602
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 80,191位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

累計発行部数600万部を突破した矢沢あい原作の人気コミックを、北川景子、向井理主演で映画化したラブロマンス。女子高生・早坂紫は、専門学校の学園祭のショーモデルを頼まれ、そこでデザイナーの卵たちと知り合う。特典満載の2枚組。

内容(「Oricon」データベースより)

矢沢あい原作コミックが待望の実写映画化!有名進学校に通い夢も刺激もない高校生活を送っていた女子高生が、ファッション業界を目指す専門学校生からショーモデルにスカウトされたのをきっかけに、恋と自分の夢を見つけ歩き出す姿を描く。出演は北川景子、向井理ほか。スピンオフドラマ等を収録の特典ディスクや封入特典が満載の初回限定生産商品。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
『NANA』をはじめとしたヒット作を多くもつ矢沢あいのコミックの映画化。

原作は読んだことがないので、原作の雰囲気やキャラクターをうまく実写化できているのかは、わかりません。映画だけを観た時の感想です。

観終わって感じたのは、もっといい映画になった可能性があるのに、惜しいという印象。いかにも漫画チックなストーリー展開に登場人物ですが、その分ドラマチックな訳で、映画については、いかにリアリティを持たせられるかが重要だったと思います。

そういった意味では、俳優陣の見せ方が下手だと思います。主人公を演じる北川景子は、彼女の人生を変えることになるジョージ(向井理)たちに出会う前から、普通に可愛らしく、彼らに出会ったことによる劇的な変化が感じられない。(あまり気持ちがこもっていない台詞だけは変化しますが。)映画最大の見せ場ともいうべき、ファッションショーのウォーキングのシーンも特別きれいに撮られている訳ではなく、ソニーのデジ一のCMのほうがいいと思ったくらい。もっときれいに撮れたはずです。

また、彼女の人生を変えるカリスマ的な魅力を持つ設定の向井理の見せ方もいまいち。向井理は端正な顔立ちだと思いますが、どちらかというと、顔だけではなく、ファッション・髪型・佇まいなどの総合的なところでポイントを稼ぐタイプの
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 ふーん、これも原作があるんですね。こういう作品って原作読んだ人や熱烈なファンはまた違った感想を
持つんだろうけど、筆者のように原作を知らない立場から言わせてもらえば、何の先入観もなく作品に入っていけるのが
いいところ?なのかな?(笑)

親の期待に応えようと有名進学校に進もうとする勉学一辺倒の女子高生(北川景子)とファッションデザイナーを目指す
大学生(向井理)の交流を中心としたシンデレラストーリー?というのが(大雑把な)内容かな。
まあ向井くんも北川さんも美男美女ということで(だよね?/笑)こういう作品には合ってる気がするんだけど、これも原作読んだ
人やファンからは賛否あるんでしょうね。

同じ恋愛モノでも、変にお涙頂戴やドロドロした部分がない、爽やかな部分には好感が持てました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
名作漫画原作にありがちな詰め込みすぎで場面がどんどん飛び、
感情がころころ変わるので、意味が分からずまったく感情移入できません。頭に常に?が浮かびます。
1時間くらいでクライマックスと思われるファッションショーが来てあれ?っと思いましたが、案の定
質素で一瞬で終わり、音楽もアンマッチでまったく感動できません。
とにかくキモのファッションもセンスがなく、天才というわりには学際でも負け
洋服も売れず、フランスにもなにをしにいったのか分からないがっかりダメ男のむかいりくん。
まったくかっこよくない。最初の期待感を返してほしい。

やっぱり邦画監督はだめですね。
いい原作がありながらもなぞのオリジナルストーリーを入れて駄作にしっかりしあげてます。
原作を汚すなら一度本書いて実績を積んでから大ヒット作品を改変してもらえますかね。
どこから自信が来て改変できるのかわからない。

結論はファッションショーがしょぼくて残念なので見る価値なし。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
と、思いました。
かなり辛口なレビューになります、ご了承ください。

役者、脚本、演出、どれをとってもマイナス評価をつけざるを得ない作品だと思います。
あんなに素晴らしい原作がありながら、その良いところがひとつも出ていません。逆に感心するレベルです。
役者に関しては、そもそもビジュアルが似ていない、というのはいたるところで言われていますが、私はそれよりも演技力のなさが気になってしまいました。
確かに、ビジネスとして考えれば、旬の俳優さんを使いたくなる気持ちはわかります。けれどそれならば、せめて演技力のある俳優さんを連れてきて欲しい。特にジョージ役の向井さんは、演技力というか、役作りがそもそも間違っていると感じられます。「小泉ジョージ」という役を理解できていない。現実と夢の間で揺れる彼の葛藤や、独特の美意識などまで理解が及んでいない。これはもちろん向井さん本人の責任でもあるとは思いますが、何よりこれでOKを出した監督の責任です。というか、役作りとか役の解釈については、監督から指示が出ているでしょうから、明確に監督の責任なのだと思います。紫役の北川さんも、まああまり達者な演技ではないと思うのですが、紫の役所を考えれば、あのくらい拙くても許容範囲な気もします。
それでも、そういう役者の拙さを加味しても、面白い映画という
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す