中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。uu5997_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

パラサイト式血液型診断 (新潮選書) 単行本 – 2006/5/24

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 占い| ゲッターズ飯田などの人気占い本やスピリチュアル本、風水、タロット、西洋占星術 など、幅広いジャンルの本をラインアップ。占いの本ページへ。


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

感染症から生活習慣病まで、さまざまな病気に血液型が関係している。性格も、血液型の影響を受けている…なぜなのか。最初に細菌のなかで誕生し、やがて、腸内細菌によってヒトにもたらされたABO血液型や、微生物と闘うための防御システムとして進化した白血球の血液型HLAなど、寄生虫博士が、免疫学の視点から解き明かす、血液型の驚くべき真実。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

藤田/紘一郎
1939年、中国・旧満州生まれ。東京医科歯科大学医学部卒、東京大学医学系大学院修了。医学博士。東京医科歯科大学名誉教授。人間総合科学大学人間科学部教授。専門は寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/5/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106035626
  • ISBN-13: 978-4106035623
  • 発売日: 2006/5/24
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 453,233位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
著者の藤田氏は寄生虫学の専門家で、
「笑うカイチュウ」や「空とぶ寄生虫」など
軽妙なエッセイでも著名である。
本書はその藤田氏による「寄生虫からみた血液型」論。

血液型による性格診断は科学的には根拠がない、というのが識者の間での通説である。
性格検査や心理テストではA、B、O、ABの間で差が見られないためだ。

しかし藤田氏は

「寄生虫や細菌には血液型の好みがある」

という事実をもとに、病気への罹りやすさ、治りやすさが
性格に影響をあたえる可能性もある、という新説を展開する。
たとえば、

◆O型はことに梅毒に対して強い。ゆえに、開放的で社交的。
◆AB型は病気全体にかかりやすい。ゆえに神経質で引っ込み思案。

という具合である。

面白いのは、もともと人間にはO型しかなかったが、
病原体に感染することによって血液型が分かれてきた、
という説。

血液型と性格の間のダイレクトな相関関係の証明にはいたらないが、
すくなくとも病気と血液型の間に密接な関係があることは理解できる。

筆者も否定論者だったが、
血液型にはまだわからないことがたくさんある、
ということを知った。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 USC VINE メンバー 投稿日 2006/6/4
形式: 単行本
 お腹の中にサナダムシを飼っている「カイチュウ先生」の書いた血液型に関する本です。血液型は微生物が決めたと言うところが先生らしい本です。納得させられます。性格についても書かれています。血液型の種類もABO型以外にも沢山あることが書かれています。しかし、血液型占いの本ではないのでそれに興味のある方はお薦めできません。然し、血液型に興味があり、科学的に考察されて非常に読みやすい本です。読んで損は無いです。名文家の先生ですので読ませる工夫もされています。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
2006年初版。日本人の大好きな血液型...当っている部分も勿論ありますが、他人から一方的に決め付けられるのは実に不愉快なのも、この血液型です。1960年代から幾度か血液型ブームが繰り返し、老いも若きも洗礼を受けています。

著者は医師と言う立場から、そして専門の寄生虫を研究する立場から面白い見解を述べています。血液型別罹病し易い病気は人類の歴史をも塗り替えていて、人間の場合はその職業や専門にまでその影響が及び、動物も、果ては昆虫までもがその食べ物を体内に居る細菌により制約を受けている、と言います。単に農業書だけ読んでいては分らない秘密が本書にはあります。果てはその人に合う食物までが血液型、つまり私達の体内に宿るモノの影響を受けているとの事です。

江本弘志氏の『吸気唱法』に出ていたのがこの本を読んだ切っ掛けで読みましたが、嘗てブームで読んだ血液型の本とは一寸異なる部分が面白いです。医師が書いただけあって、藤田紘一郎氏の本にしては、素人には分らない処も多々有りました。それは私の教養の無さが原因だ、と思われます。だから、暫くは☆4つです。

人間の食物も遺伝的に持つ血液型の抗体により変って来るとすれば、世の栄養学やTVで『あの食物が良い!』と言っている著名な先生方のご意見等は少し考えてから採用しないと行けない事になります。<
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告