通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
パプリカ (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s9426_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パプリカ (新潮文庫) 文庫 – 2002/10/30

5つ星のうち 3.9 44件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • パプリカ (新潮文庫)
  • +
  • 旅のラゴス (新潮文庫)
総額: ¥1,253
ポイントの合計: 73pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

精神医学研究所に勤める千葉敦子はノーベル賞級の研究者/サイコセラピスト。だが、彼女にはもうひとつの秘密の顔があった。他人の夢とシンクロして無意識界に侵入する夢探偵パプリカ。人格の破壊も可能なほど強力な最新型精神治療テクノロジー「DCミニ」をめぐる争奪戦が刻一刻とテンションを増し、現実と夢が極限まで交錯したその瞬間、物語世界は驚愕の未体験ゾーンに突入する!

内容(「BOOK」データベースより)

精神医学研究所に勤める千葉敦子はノーベル賞級の研究者/サイコセラピスト。だが、彼女にはもうひとつの秘密の顔があった。他人の夢とシンクロして無意識界に侵入する夢探偵パプリカ。人格の破壊も可能なほど強力な最新型精神治療テクノロジー「DCミニ」をめぐる争奪戦が刻一刻とテンションを増し、現実と夢が極限まで交錯したその瞬間、物語世界は驚愕の未体験ゾーンに突入する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 483ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/10/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101171408
  • ISBN-13: 978-4101171401
  • 発売日: 2002/10/30
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 84,629位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
「無意識」が、ヒソカに流行っているのでしょうか。

この本も、映画化されるそうです。

かなり昔に書かれた本ですが、古さを感じさせず

おもしろく読めました。

ユングやフロイトをかじったことがある人が読むと

いっそうおもしろい、と思われます。

もちろんかじってなくても、グイグイひきこまれて

ひっぱっていかれそうです。

夢の怖さ、不思議さ。ワケ分からん中にも、

実は意味があったりすることが、興味深く

描写されてます。

主役のパプリカちゃん、魅力的ですね。

余談ですが、バーテンダーさんたちの生き方は、

実はかなり貴重なものなのかも?と思わせ

られました。(心理学者の河合隼雄さんも

「ただお皿を洗ってるだけで幸せな人がおられる」

と、著書で言われてましたし)
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
筒井作品を読むたびに、この人は天才なんだな、と痛感する。テンポの良い文章、大衆受けする話しの練り方・・・。
今回の作品も、本当にそんな世界が繰るような錯覚に陥ってしまう。最後の終わり方が勧善懲悪気味だったのが多少気になったが、やはり私はこの人の文章のとりこだと思った。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
おもろい。おもろすぎる。
筒井康隆の作品は難解だったり、実験的すぎたり、スラップスティックが濃すぎたりで胃もたれするときがあるけど(まあそれでもおもしろいけど)、エンターテイメントをやらせればこんなの簡単に作れるんだぜ、ていうのを見せ付けられました。確かに登場人物のなかに筒井作品のなかでパターン化された性格が多く見られたり(パプリカの理想的すぎる美しさとか)、ストーリーの緻密さも「ん?」てとこもあったりするけど・・・
そんなことを忘れさせる表現力の豊かさ、テンション。緻密な前半から、後半部分になるにつれどんどん暴走していきます。ただし今回は、物語の構造を、わかりやすいエンターテイメント性ももったままで。バーテンが不動明王になったりするのは笑える。意味が分からんけど。
ぜひぜひ後半は、酒を喰らい前後不覚になりながら読んで欲しいです。そうすればあなたも、グリフォンになれるかも・・・
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
おそらく原作よりアニメの方が有名になってしまった作品。

古さはまったく感じられず、原作を読んでいるとなぜか手塚治虫のアニメを思い起こさせる。

パプリカの魅力もさることながら紳士的な振る舞いの殿方たちにも拍手。

小説の中では焦りや緊張が時間とともに逼迫する様が描かれているが

読んでるこちらはその状態をさらにもっと大きくとらえる場所から見据えているようで

SF感ハンパない。スピーディーな展開に引き込まれる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 作者お家芸の心理学(特に夢理論)をベースにした、SF仕立てエンターテインメントの傑作です。
 筒井娯楽作品の常として、主人公夫妻を始め「エエもん」のキャラクター群については理想化されすぎのような気もしますが、他人の夢に入り込んでその人の心を癒す美女の主人公というアイデアは秀逸で、やがて現実を侵食する「夢」をめぐるストーリーは、まさに悪夢のような最終決戦へと一気になだれこみます。この迫力はまさに筒井文学の真骨頂。作者曰く、「執筆中に何度も悪夢に苦しめられ、ある日眼が覚めたら総白髪になっていた」との話も頷けます。
 この本を読んで、「他人の心に入り込むこと」は人助けや心の支えになるといった綺麗事だけではなく、本質的にはとても怖いことであると思い知らされました。カウンセラーなどの職業を目指される方も、ぜひ一読されてはいかがでしょうか。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひで 投稿日 2010/11/1
形式: 文庫
個人的にアニメから入った作品だが、17年の時を経た今読んでも新鮮なおもしろさを感じさせる。またSFミステリー的な作品ながら、作品を読む自分自身も夢に対していろんなことを想像させられた。改めて完成度の高さを感じた。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hit4papa トップ1000レビュアー 投稿日 2017/3/4
形式: 文庫
患者の夢に介入し、精神疾患を治療する<夢探偵>パプリカ。パプリカの正体であるノーベル賞候補のセラピストが、勤務する研究所の権力闘争に巻き込まれ、夢現の世界で闘いを繰り広げるという物語だ。

夢や精神を扱ったSF作品をおおくものしている著者。夢と現実が混ざり合うという崩壊感は見られるものの、実験的な要素はなく、決着のつけ方を含めわかりやすい展開である。

精神疾患患者の夢を他者へ投影し精神を崩壊させるというツールや、登場人物たちの性的な嗜好に、著者の内なる毒性を垣間見てしまった。本作品はアニメ化されているが、この毒性がどのように表現されているのか興味深くはある。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー