パピヨン-製作30周年記念特別版- [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】中古品のため使用感はありますが、非常に良い状態で、再生に問題がなく大切に扱われている商品です。※破れ・シミはなく良好です。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

パピヨン-製作30周年記念特別版- [DVD]

5つ星のうち 4.7 26件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,800 通常配送無料 詳細
ポイント: 58pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【最速配達】 マルシン商店 オンライン店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • パピヨン-製作30周年記念特別版- [DVD]
  • +
  • 大脱走 [DVD]
総額: ¥7,050
ポイントの合計: 58pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: スティーブ・マックィーン, ダスティン・ホフマン, ロバート・デマン
  • 監督: フランクリン・J・シャフナー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2003/10/01
  • 時間: 151 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 26件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00007KKUI
  • JAN: 4988003951108
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 76,513位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1931年、胸に蝶(パピヨン)の刺青をした男(スティーヴ・マックィーン)が殺人罪で終身刑を言いわたされ、南米の仏領ギアナの刑務所に収容される。しかし彼は幾度も脱獄を繰り返しては失敗し、ついには親友ドガ(ダスティン・ホフマン)とともに脱獄不可能の孤島に送り込まれるが…。
   実在の脱獄囚アンリ・シャリエールの実録小説を『猿の惑星』『パットン大戦車軍団』の名匠フランクリン・J・シャフナー監督が映画化した名作中の名作。自由を求める執念の男をマックィーンが『大脱走』を超えるインパクトで好演しており、これを彼の代表作と讃える者も数多い。前半ほとんど音楽を入れず中盤から一気にエモーショナルな音楽を沸き立たせていくジェリー・ゴールドスミスの優れたスコアも素晴らしく、今や映画音楽のスタンダードである。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

無実の罪で刑務所に送られた胸に蝶の刺青を持つ“パピヨン”と呼ばれる男が、何度も脱獄を試みる姿を描いた作品。出演はスティーブ・マックィーン、ダスティン・ホフマンほか。製作30周年を記念した特別版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 パピヨン(スティーヴ・マックィーン)は無実の罪で南米のフランス領ギアナの刑務所におくられる。船中で知り合ったのがドガ(ダスティン・ホフマン)だった。パピヨンは、ドガの金をねらう男から、ナイフをつかって彼をまもる。映画はふたりの友情とパピヨンの不屈の魂をえがいていく。
 背景は臨場感たっぷりで作り物らしさを感じさせない。看守長や囚人仲間の人間像、刑務所内での事件、囚人のみじめな最期等々は、緊迫感があって、見ていて息苦しささへおぼえる。パピヨンは何度も脱獄をこころみては失敗して最後には脱出不能の孤島におくられた。しかし、ついに椰子のみの袋にのって脱出する。
 袋の下には人間の姿がうつっていて、公開当時はこれが非難されたが、作品の価値をそこなうものではない。パピヨンのセリフはすくない。パピヨンの仕草と哀感を感じさせる音楽、そして波のくだける音が本作の格調をたかめて、涙をさそう。
 パピヨンは独房で夢をみた。「お前の罪は殺人ではない。人生をムダにすごしたことだ」という言葉に、彼はその通りだと思った。もし獄死すれば、その通りだったが、彼は脱出して自由人になった。有意義な人生に転換したラストシーンが心をとらえて忘れられない映画だ。
 
 
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
パピヨンというあだ名の人物が刑務者から脱走を試みる話。映画らしい映画で強烈な印象を与える作品だった。長いが感動が沸く。しかし子供向きではないから、今の流行りの映画に慣れた観客には地味に感じられるかもしれない。「CGが無い」とか「何だよ、この猿顔は!?」などと酷評されるかも。恋人と観て楽しめるとも思えない。

奇想天外な設定ではなく、実話に基づいて物語を作って強烈な印象を与える。そのためには実話の持つ怖さ、俳優の個性、訴える力量、演出で迫力を出せる事などが必要なんだろう。猿顔だが当時の大スター、スティーヴ・マックィーンとダスティン・ホフマンが共演しているが、特にマックィーンの演技は迫力満点で、実に男っぽい。

本作の中で、独房から顔を出して「俺は思い出せないんだ…」と呻く場面は強烈だった。独特の顔貌のせいか、激しい消耗ぶりはさすがに今の若い観客にも伝わるのでは? この場面の演技は難しい。やり過ぎてしまうと白々しくて台無しになりかねないし、弱々しく見せ過ぎてもいけない。

マックィーンは脱獄囚の役柄が合うようだ。「ネバダ・スミス」でも似たキャラクターを演じていた。パピヨンの方が、よりしつこい演技だった。本作には、彼の強烈な個性が貢献しているのは間違いない。足を枷につながれたまま移動するシーンの歩き方は年期が入っていた。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最初はダスティン・ホフマン目当てで見たのですが、マックィーンの演技に圧倒されて
自分の中では彼=パピヨンというイメージが定着しています。
(もちろんホフマンも素晴らしいです!)

とにかく色んなシーンが体の感覚として伝わってくる ... 独房の中での息苦しさ、
遮られていた光を久々に浴びた時のまぶしさ、首だけ突き出されて尋問される苦痛、
特に告発を思いとどまる時はこちらの喉元が締め付けられる感じがしました。
(そしてあのピーッという笛の音!!)

あと、独房から出た時にドガから差し入れられたスープをむさぼるシーンが好きで
いつもおいしい汁物を食べる時には思い出します。
そしてドガとの大声では言わないけど友情を通わせるシーンが胸にじーんわり来ます。
画面と演技から、生きているという感覚がしみてくる映画だと思います。
最初に見たのが中学生くらいだったから余計にそう感じたのかも知れませんね。
(尼さんは信用出来ん!とかw)

暑苦しい男ばっかりで汗臭い環境に悲惨な状況、オマケにホモのおっさんやらギロチンと
本来ならちょっと汚〜いイメージがしそうですが、不思議とそう感じないのは
マックィーンに何処か「品がある」か
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 タカ 投稿日 2007/9/12
この映画は「大脱走」と一緒に見ると面白いかもしれません。
「大脱走」ではどうやって捕虜収容所から脱走するか?「パピヨン」では極限の中、どれだけの気力を持って脱走するかという形で描かれています。
改めて、マックイーンの演技力の凄さを見せられました。すごいタフな持ち主で、憧れを感じます。もちろん共演のダスティ・ホフマンもすごいです。後半ではホフマンという感じは
しませんでしたが、やはりすごい俳優だなと思い知らされました。
個人的には中盤、げっそりやせたマックイーンが紙を食べてニヤッと不敵な笑みを浮かべる場面がとてつもなく印象的でした。クスッと笑える場面もありますし、名作です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す