¥ 1,728
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
パパ、お月さまとって! がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パパ、お月さまとって! ハードカバー – 1986/12

5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 383

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • パパ、お月さまとって!
  • +
  • お月さまってどんなあじ?
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

商品説明

モニカがお月様と一緒に遊びたがったので、パパはお月様を取りに行くことにした。お月様まで昇るのは簡単ではなかったけれど、とうとう成功した。と思ったら、お月様は大きすぎて家に持ち帰れない。子どもたちは、この問題が解決される様子を大いに楽しみながら読み進める。楽しい物語が、ページをめくるたびに、広がったり浮かび上がったりするしかけの「Classic Board Book」版で登場。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

絵本『はらぺこあおむし』の作者カールさんは、絵本の魔術師といわれます。その明るくさわやかな貼り絵の世界は、見る人の心をとりこにしてしまいます。こんどは、絵本の画面が左右上下に開いて、広い広い空を絵本の世界にしてしまいました。「お月さまをとって!」と娘にせがまれたお父さんが、長い長いはしごをかけて月をとりにいくという優しさにあふれた絵本です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 43ページ
  • 出版社: 偕成社; 改訂版 (1986/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4033282807
  • ISBN-13: 978-4033282800
  • 発売日: 1986/12
  • 商品パッケージの寸法: 28.7 x 20.8 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,881位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
 パパにお月様と遊びたいから取って来てと娘がねだるところからお話がスタートします。
高いお山にはしごをかけて、はしごを登ってパパがお月様を取りに行きます。
見開きのページにおさまりきらない挿絵は、上に下に横にとページを広げるしかけがたくさんあります。
絵本一杯のお月様も迫力があります。
是非、一番大きなサイズの絵本を買って、ダイナミックな仕掛けを満喫してください。
 娘が2歳の時から大好きな絵本で、今ではしかけの端が破れていますが、何度も繰り返し読んでと持ってくるお気に入りの一冊です。
また、お月様が満ち欠けするものだという自然の原理をさりげな~く教えてくれる絵本でもあります。
3歳の娘は毎日のように空のお月様を見ては、今日は丸くて大きい、今日!は小さくなっているなどと言います。
我が家のパパは、娘にお月様をとってきてと言われて大変です。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
エリックカールさんの絵本の中でも、一番夢があって、私は大好きです。
英語版のビデオ(はらぺこあおむし、だんまりこうろぎなども収録)を見て、是非2歳半の娘に読んであげたいと思いました。
娘も、最初は仕掛けを開いたりとすごく楽しんでいたのですが、大きなお月様を開くと、大きすぎて怖かったのか、泣いてしまいました。
それ以来、絵本を見せただけで泣いてしまいます。
全然、怖くない絵なんだけど。。
本当に大好きな本なので3歳過ぎてから、もう一度挑戦しようと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
小学2年生の教室で読み聞かせをしました。
2年生ともなると、パパが梯子を上っていくところで「空気がないよ!」「死んじゃうよ!」などの茶々も入りますが、そこはエリック・カールの魔術!見開きからあふれ出る巨大な満月の登場で、子どもたちは一気にお話の世界に引き込まれていました。
お話そのものは幼い子でも楽しめるシンプルなものですが、月が小さくなるときと大きくなるときとできちんと描き分けられており、大きい子たちに月の満ち欠けの話をする際の導入にも使えるのではないかと思いました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/11/28
形式: ハードカバー
2歳の子供は夜空を見ては「あっ、半分お月様!半分どこいっちゃったんだろう。」と言っています。どうして月が大きくなったり小さくなったりするのか、子供なりに考えているのかこの本を楽しく読んでいます。大人が思う以上に子供はお月様が不思議な存在でかつとてもきれいなもののようです。それにしても、本当に楽しい本です。大人が何度一緒に読んでも退屈しません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
うちで読むのにもいいけれど、幼稚園で本の貸し出し時に子供達の前で読んだら大うけ!ページによって折りたたんである紙を広げると縦に伸びたり横に広がったりするので何人かの前でも迫力があります。エリックカールさんの色彩センスもいいのでしょう。ただ、事前にちょっと練習しておいた方が無難です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 森島 陽子 投稿日 2012/12/15
形式: ハードカバー Amazonで購入
息子の小学校で、読み聞かせをしたいます。
低学年での読み聞かせのときに使用しました。ところどころ仕掛けがあるので、子供たちは、興味深々です。
月の満ち欠けもわかって楽しい絵本です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
4才と2才の息子も、読んでいる私も大大大好きな絵本です。2才の息子はいつも『お月さまとはしご』をお絵かきで書いています。お月さまに行ってママにお月さまをとって来てくれるんだそうで。4才の息子が3才だったときも、夜に突然『お月さま取りに行ってくる』と外へ出ようとしたことがありました。見開きの仕掛けも、娘に言われたからとお月さまを取りにいくパパの姿もすべてが素敵です。2人の息子は月を見るたびに、まあるいおせんべいなどを食べるときも『だんだんちいさく。。。ちいさく。。。』と言っています。何度も何度も繰り返し読んでぼろぼろになったらまた買って、すっと手元に置いておきたい一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
1歳児と3歳児の娘のお気に入り。
毎晩リクエストが入ります。文章は短く、絵が素晴らしいので子供が喜びます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
「おつきさま こんばんわ」で月に興味を持った1歳の息子。
でも、彼が知っているのは満月の丸いお月さまだけ。
そこで月の満ち欠けを教えてみようと思いこの本を読んでみると…

大きくて丸いお月さまが出てきて大喜びの息子。
でも読み進めていくうちに、
お月さまが半分になって、どんどん小さくなって…
お月さまが小さくなるなんて!!! そんな!!!
(思いもよらなかったのでしょう)
息子は本に釘付け!!! あまりのショックに言葉も出ない!!!
(読み聞かせながら笑いをこらえるのに必死でした)
最後に消えてしまったお月さまが、また空に出て浮かんでいる所で
ようやく「ホッ」とした顔で笑っていました。

以来、発泡スチロールの破片や小石を拾っては
「お月さまみたい ちいさい」と言っています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す