パッチギ!LOVE&PEACE スタンダード・エデ... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,843
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

パッチギ!LOVE&PEACE スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.1 48件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 1,840 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,150 (54%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【迅速発送】売物王国【FBA商品は専用倉庫から24時間以内に出荷します!】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:17¥ 980より 中古品の出品:9¥ 350より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオパッチギ!LOVE&PEACE¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • パッチギ!LOVE&PEACE スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • パッチギ! (特別価格版) [DVD]
総額: ¥3,577
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 井坂俊哉.西島秀俊.中村ゆり.藤井隆
  • 監督: 井筒和幸
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2007/10/26
  • 時間: 127 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 48件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000UNWGU4
  • JAN: 4907953025097
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 49,864位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

あの、井筒和幸監督『パッチギ!』の第二弾! 感動もスケールもパワーアップして帰ってきた!

【STORY】
アンソン(井坂俊哉)と家族たちは、病にかかった息子チャンスの治療のために東京に移り住む。
キョンジャ(中村ゆり)はふとしたきっかけから芸能界に身を置く事になり、先輩俳優の野村(西島秀俊)と出会い強く惹かれ合っていく。
一方アンソンは、元国鉄員の佐藤(藤井隆)と共に、チャンスの為に無謀な計画を企てていた。
キョンジャと野村の恋愛の行方を縦軸に、アンソンと佐藤の友情と挑戦を横軸にし、変わりゆく大きな時代の荒波の中で、運命に翻弄される人々の“生きざま”を織り上げていく。果たして彼らの前にはどんな“河”が横たわっているのか。
そして、彼らは乗り越える(パッチギ!)事が出来るのか?

【特典】(全て予定)
1、本編ディスク
A.オーディオコメンタリー
(井筒和幸監督・李鳳宇プロデューサー・井坂俊哉・中村ゆり)
B.キャスト&スタッフプロフィール 一言コメント付き(ある人のみ)

Amazonレビュー

   井筒和幸監督の代表作となった前作。舞台を京都から6年後の東京に移したこの続編では、アンソンとキョンジャの兄妹が「命」を巡ってさらなる試練に立たされる。難病の息子を治療するために東京へ引っ越してきた一家だが、若き父のアンソンは闇取引で治療費を稼ぐしかない。一方、妹のキャンジャはスカウトされて芸能界入り。在日である事実を隠し、持ち前の負けん気を活かして大作映画のヒロインへと昇りつめていく。
   メインキャストは前作から一新。アンソン役の井坂俊哉は元サッカー選手だけあって、ケンカの場面もダイナミックに肉体を躍動させる。そんな彼以上にすばらしいのは、キャンジャ役に抜擢された中村ゆり。今回最も泣ける場面は彼女が一身で担い、そこでの気丈な演技は忘れがたい印象を残す。ただ、兄妹の父が体験した第2次大戦での悲劇も重なり、おなじみの曲「イムジン河」も流れるわりに、感動の度合いでは前作に及ばないかもしれない。それ以上にインパクトがあるのが、背景となった70年代の風俗で、とくにキョンジャの目を通した芸能界の舞台裏が面白い。「アイドル水中水着大会」での騎馬戦“ポロリ”など、ある世代には必見のシーンが満載なのだ。(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
前作よりだいぶ、威力が堕ちてしまった。原因はいくつかあるが、
ひとつは舞台の一つを芸能界にしたところである。芸能人が芸能人を演じるのは難しい。
劇中映画「太平洋のサムライ」は劇場を満員にする映画という設定だが、これが満員になるはずもなく
こういう小さくても重要なところでウソをつくことがが、映画の質をすこしずつ蝕んでいくのである。

もうひとつは、病気を背景に使ったことである。病気で悲しいのは当たり前で、
謂わば反則である。

よほど悲しみがほしいのか東北の孤児も設定してあった。藤井隆の東北弁は実にいい加減で、
東北出身のぼくは腹立たしかった。

テーマ曲である『イムジン河』が余り流れず、『アリラン』のほうが多く流れたのは
この映画がテーマを見失ったただの「悲しみバラマキ映画になってしまった」からである。

前作がすばらしかっただけにすごく残念である。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
井筒監督はやってしまった。
監督の怒りが出すぎだと感じます。
この映画がヒットすると、多くの日本人が見ると、思われたんでしょうか。
暴力には暴力をでは平和はないでしょう。
観る人に殴りかかるような映画をどうして・・・。
差別は「無知」である。すべてを知らしめよ!
でも、見てもらわないと伝えられないでしょ。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
特攻隊の映画に反論するため無理矢理入れた戦争のシーンなのですが・・・何故、あのシーンが必要だったのかよく分かりません。監督が反日宣伝をやりたいのはよく分かります。在日が居なければ紅白も野球も成り立たない。とか・・・・・まぁ、ビックリする台詞のオンパレードでしたから・・・。ですが、ここまで娯楽性を削ってしまえば政治宣伝ムービーとしか言いようがないと思います。

パッチギ1のように主人公たちに喧嘩ばっかりさせておけば無難な続編だったと思うのですがねぇ。

それにしても、芸能界は在日ばっかりなのに、芸能人に性的行為を要求するのは「日本人」ばかりだとか・・・・。ちょっとどうかと思うなぁ。
コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
結局この映画で何を訴えたいのだろう。
自分が俳優を殺して賠償金を朝鮮総連に肩代わりしてもらって恩があるのは分かるが
表現手段に映画を使ってほしくはない。 映画は道具では無い。

カメラ使いを見ると元のように成人映画を撮られたほうが才能を生かせる気がします。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
井筒監督の作品は暴力シーン多いですよね。

パッチギも内容を見て『あ、観てみたいかも』と思いましたが、実際見ると、暴力シーンばかり…下ネタもあったような…。

井筒監督…回りを批判する前に自分の作品をよく見て下さい。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
昔はともかく今時こんな差別あるのかな。
在日の結婚相手も日本人が多くなっていると聞くし、帰化して日本国籍になる人も増えていると聞いている。
在日の芸能人もテレビコマーシャルにも連日のように出てるし、先年話題になったハリウッドの硫黄島の映画にも在日の俳優さんが日本軍将校の役で出演していました。
そういう認識が私にはあるので、この映画を見たときにすごく違和感がありました。
井筒監督の認識が正しいのか、私の認識が間違っているのかわかりませんが、少なくとも私は全然面白くなかった。
常に朝鮮半島は善で日本は悪、という描き方はおかしいと感じました。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
おいおい井筒監督それにしても凄い映画を撮ったもんだというのが
最終的な感想ですが、在日社会にいきる朝鮮半島の人々の傍若無人な
日常を描いています、あまりに正直に演出したために最終的に在日の
犯罪連鎖を剥き出しにすることになり、これじゃ反日映画ではなく
嫌韓映画になっちゃているじゃないよ!というとても面白い作品に
なりました、個人的には南洋諸島における機銃掃射の場面など戦闘
場面の演出が気に入りました。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
真実は明らかでゎありませんので憶測ですが。在日さんは日本へ出稼ぎにこられ朝鮮へ帰国するか日本に残るか選択でき
残られた朝鮮の方が在日さんです。
自分達の意思で残られたのにもかかわらず、日本の文化にとけこまず文句をいわれても困ります。
日本人が朝鮮へ住めば差別されます。
お互い様ですよね。
こんな問題は一生解決しません。
しょーもない映画でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー