パッション [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■三方背ケースあり■デジパック仕様■Amazon倉庫から配送 Amazonスタッフがキレイに梱包致します。★中古品は全商品簡易クリーニング後クリアパックに包装しております。■中古品■箱、ケースにすれ、キズ、若干のへこみがある、もしくはディスクに若干のキズがある商品です。■当店では基本的に下記の付属品はご用意してご提供しております■【CD】ケース、歌詞カード■【DVD】ケース、表紙■特典、付属品等は記載があるもの以外ございませんので予めご了承ください。■その他、ご不明点はメールにてご質問ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 8,700
通常配送無料 詳細
発売元: ちゃがま堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

パッション [DVD]

5つ星のうち 4.0 225件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 8,700 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【おかげさまで6周年】ネットショップ つくば屋【茨城県古物商許認可店】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 8,700より 中古品の出品:18¥ 1,529より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • パッション [DVD]
  • +
  • サン・オブ・ゴッド [DVD]
  • +
  • 十戒 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
総額: ¥12,709
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジム・カヴィーゼル, モニカ・ベルッチ, マヤ・モルゲンステルン
  • 監督: メル・ギブソン
  • 製作者: メル・ギブソン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: ヘブライ語, ラテン語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2004/12/23
  • 時間: 127 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 225件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001X9D86
  • JAN: 4988104023087
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 2,745位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品の説明

国内正規品です◆アマゾン倉庫から即日発送◆ディスク、ケースともに綺麗な状態です。ブックレットもきれいです。 クリスタルパックで包装後、アマゾン倉庫で保管しています◆ご注文確定後、安全・確実のアマゾンから発送されます(配送事故保障付)ので、ご安心ください。

Amazonレビュー

   メル・ギブソンが構想12年、私財を製作費に充て、イエス・キリストの最後の12時間を、できる限り史実に従って描いたという渾身の一作。神を冒涜しているという罪で捕らえられたイエスが、ローマ帝国の総督ピラトのもとに連行される。ピラトは民衆の声に押され、イエスを十字架に掛けると判決を下す。イエスは拷問を受けた末に、十字架を背負ってゴルゴダの丘へと歩いていく。
   衣装やセットで紀元1世紀のパレスチナを再現するのはもちろん、アメリカ映画としては珍しく、全編が当時の言語(アラム語とユダヤ語)で展開される。さまざまな器具を使った拷問シーンや、手足に釘を刺す十字架への張り付けは、目を覆いたくなるほどの生々しさだが、より恐ろしいのは、噂や表面的な事実によって、ひとりの人間を標的にする群集心理。これは、現代のわれわれの姿と二重写しになっていく。イエス役のジム・カヴィーゼルは、悲しみとゆるしの両方をたたえた表情が絶品。監督ギブソンのパワフルな演出力が画面の隅々まで発揮され、ゴルゴダを俯瞰するカットなど映像もすばらしい。バチカンやユダヤ人社会などに波紋を与えた本作だが、むしろキリスト教に疎い日本人の眼から観た方が、映画としての感動と衝撃をストレートに味わえるかもしれない。(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 浪人 投稿日 2013/10/17
形式: DVD
私はイエスを主人公にした映画でDVD化された作品は全て鑑賞している。 大半が個人的に素晴らしいと思える作品だが、やはりゴルゴダの処刑シーンだけは抵抗感がある。 マーティンスコッセッシ監督の(最後の誘惑)なんてリアルすぎて、劇場を出たあと食事ができなかったくらいだ。 ところが、この(パッション)はイエスの処刑シーンされるまでの1日の様子を描いているので大半が残酷シーンである。(最後の誘惑)の比ではない。 しかしながら、何故かこの作品からは嫌悪感はなく、ただ感動だけが伝わってきた。 私が一番感動して号泣しそうになった場面だけ紹介させていただく。イエスが十字架を担いで罵声を浴びながら倒れるシーン。それを少し離れた場所から見守る母マリア。幼き頃の転んだイエスを抱きしめた時を思い出したマリアはそのままイエスに近寄り声を掛ける。僅かのシーンだが、思い出しても涙が出る演出だった。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
レビューの中に「映画の中のイエスの鞭打ちやユダの首吊りがあるが、それは勝手な創作だ」との趣旨の記述があったので、この記述が誤解を生まないために書いておきます。
まず、この記述は誤りです。この映画は、基本的に聖書の記述どおりに作られています。
この映画のクライマックスの一つ、イエスの鞭打ちは、イエスの生涯の記録である「福音書」の中にはっきり記されています(マタイの福音書27:26、マルコの福音書15:15)。
また、ユダの首吊りも同じです(マタイの福音書27:5)
この映画の監督メル・ギブソンは敬虔なカトリック教徒であり、徹底的に聖書の記述に忠実であることをこころがけました。
あと、聖書にはないエピソードも映画の中で出てきます。イエスが十字架を背負ってゴルゴタへ向かうシーンなどです。
しかしこれは、カトリックの中で伝承として伝わっていることを再現しているので、カトリック教徒である監督としては当然です。
次に、この映画はイエスの教えをほとんど伝えず、十字架の残虐さばかり見せていて、イエスの真意にかなわないものだという主張もありますが、これも誤解です。
というのは、キリスト教の信仰の中では、イエスが十字架にかかって人類の罪の身代わりとなり、人類を救ったことが最重要の点だからです。
だから、この映画が
...続きを読む ›
コメント 182人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
はじめて観たのは、10年ほど前。
その際には、痛々しさに涙しました。
でも、なぜでしょうか、
今は違う意味で涙します

人生には、精神的に困窮することがあります。
そんなときに、なぜかこの映画を思い出し、十字架にかけられたイエスキリストの受難を思い出していました。

苦しみに上も下もない。
そこからなにを選ぶか。
そこに愛があるのか。
選んだその道は、苦難に満ちていても愛があるのか。
自分の道は誰かを笑顔に出来るだろうか。
そんなことを考えたときに、思い出すのです。

お世話になっている教会に、「主は、乗り越えられない苦難を人々に与えはしない」
と書かれています。

私は、苦難に立ち向かうときに、恥ずかしながら、食い縛ります。
時に泣き、境遇を恨んだりします。
でも、イエスキリストは違います。
ここまで凄惨を極めたむごい仕打ちを受けながらもなお
最後の一瞬まで、人々の救いのために尽くしたイエスキリスト。
それは神の子だから?
確かに間違いなくそうです。

ですが、それは私たちに向けられた、「生き方」をも示してはいないでしょうか。

心からお勧めします。
どうかこの勇気に目を背けないでください。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
私の家族は全員クリスチャンなので、いつもは映画など全く興味のない老いた両親もともに映画館に足を運びました。田舎の映画館ゆえ客数も数える程で、話題作だからというよりも信者だから観に来ましたという感じの方ばかりでした。ですから観おわった後は皆一様に言葉もなく、涙を流しておりました。信者の私たちが一番感銘を受けたのは、やはり十字架刑の凄惨さをリアルに映像化して見せてもらえたことです。イエスの鞭打ちにしても、ローマの鞭が鉤つきで皮膚を引き裂く程のむごたらしいものだとは知っていましたが、体の前面も背面も鞭打たれたなんて知りませんでした。しかし、あの鞭打ちにしても、十字架刑にしても、監督は決して誇張してはいません。ローマの十字架刑とは、当時のあらゆる刑罰の中で最もむごたらしく、怖気を振るうものだったので、異邦人専用の死刑法であり、同胞のローマ人には科せられなかった刑だと聞いています。聖画に見られるようなイメージではなく、実際に十字架刑とはあのような目を覆いたくなるような残酷極まりないものだったのでしょう。演じたカヴィーゼルもクリスチャンで、祈りながらの出演だったと聞きます。イエスの生涯の目的が、十字架による人類の罪の贖いだったことを考えると、その一点に絞ってまるでドキュメンタリーのように美化も誇張もせずに映像化してくれた監督に感謝です。信者でない方の中にも感動された方やキリスト教に関心を持たれた方もおられたと聞いて、信者としては嬉しいかぎりです。
コメント 191人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す