Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 702
ポイント : 147pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[POKKA吉田]のパチンコが本当になくなる日 (SPA!BOOKS新書)
Kindle App Ad

パチンコが本当になくなる日 (SPA!BOOKS新書) Kindle版

5つ星のうち 3.6 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 702
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821 ¥ 252

Kindle雑誌セール 99円~
Kindle雑誌が99円~とお買い得!ビジネス、ファッション、趣味・実用雑誌ほか多数。 今すぐチェック
【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

違法釘問題や爆裂機規制などで揺れた2015年のパチンコ業界。警察の思惑やホールの現状などを内部文書などを交えて暴露する。パチンコ問題の本質に鋭く斬り込んだ一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

違法釘問題、ART規制、サブ基板アイス、相次いだメーカーの経営破綻etc.2015年にパチンコ業界を揺るがした数々の出来事。警察、メーカー、ホール、業界団体の思惑が乱れて交錯した舞台裏では何が起きていたのか…そのすべてを暴露する!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7866 KB
  • 紙の本の長さ: 139 ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2016/2/29)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01I2IFCU4
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 66,091位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
普段、ホールに足を運ぶ我々から見えるのは、パチンコ店、メーカー、パチンコ(パチスロ)雑誌・ネット動画など。

でもその奥では協議会や、委員会、組合、公安、警察など本当に多くの人たちが、様々な想いを抱えて動いている。

本書ではそういった、一筋縄ではいかないパチンコ・パチスロ業界の世界を垣間見ることができます。

規制が厳しくなってきた昨今、このような業界の情報の方がホールでの実践なんかより面白い気がします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
この業界に興味がある方には楽しめる、また考えさせられる1冊です…ここ数年におけるパチンコ業界の動き‥前代未聞の事案やメーカーホール監督官庁の動きをズバリ辛口込みで解説してる最高の本です…前回の「パチンコ-オカルト信者につけるクスリ」もおすすめです!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
自分はパチンコは全くやらないのですが、今話題のソシャゲ関係者だったりするので、対岸の火事とも思えず本書を読みました。

内容的には釘問題を通じて、警察によるギャンブル規制がどう実施されるかという点については非常に参考になりました。

ただタイトル詐欺感は否めないですね。本書の本筋ではないので書いてしまいますが、「パチンコがなくなること」を「釘調整の可能な台がなくなること」としています。

しかし、そもそも実質的に賭博であるパチンコが認められているのは、検定を通った台の釘調整という確率の事後修正がないことを前提としている。その当たり前のことを再確認したのが2015年なのではないのでしょうか。

それなのに最後に「釘調整がないのはパチンコではない」と言い出すのは、いったいあなたは昨年何を学んだのかと思います。本筋の内容はまともなだけに、最後はかなり残念ですね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
パチンコに造詣が深い人には、参考になると思います。
1000万人のファンが、どのように変化するのか、興味はありますが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 パチンコ産業の将来が厳しいとは書いてあるのだが、大局的な分析がもう少しほしかった。これは業界人のための参考書という色彩が強い。
筆者は業界内部にとても詳しい人なので、細部を論じすぎて、「木が見えて森を忘れる」という傾向があるのかなと感じた。
パチンコが人の欲望をコンピューターの力で操り、依存症を多発させているのは事実であり、どうしてそうなったのか、その分析と改善策はもっと論じられていい。警察の責任も大きいはずだ。たかだか一般入賞口?をもっと開けて球のモチをよくするというとかいう程度の話ではあるまい。
ICの力も借りて巨大化しすぎたパチンコ産業を経営者、警察、愛好者ももて余しているのではないか。
せいぜい一万円の範囲内で遊ぶことが可能な遊技場に戻るのは難しいのだろう。一円パチンコが主流になる可能性はないように思う。
パチンコ愛好者の平均的な年間使用額(勝った分の再投資も含めて)は200万円になると聞くが、本当なのだろうか。

また、パチンコ店の多くは分煙の措置さえ取っていない。厚労省は分煙を指導しているはずなのに。これも役所の怠慢だ。
ただし、個人的には分煙をされなくてもいいように思う。タバコを吸わない自分としては、あの空気の汚れた空間に座るのはとても我慢できない。隣席でタバコを吸われるとムカムカする。
...続きを読む ›
1 コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover