中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パチンコがなくなる日―警察、民族、犯罪、業界が抱える闇と未来 (主婦の友新書) 新書 – 2011/2/5

5つ星のうち 4.0 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

国民的娯楽、パチンコが消滅の危機に!?パチンコ業界が抱える構造的問題を明らかにしつつ「警察とパチンコ」「メディアとパチンコ」……など暗部にも迫る1冊。

参加人口1500万人、市場規模22兆円を誇る巨大パチンコ産業が、今過渡期に差し掛かっている。このままでは「国民的娯楽」が消滅の危機に!?パチンコ業界が抱える最大の問題は、パチンコを支える「庶民」がいなくなったこと。社会構造の二極化による、パチンコヘビーユーザーであった中流層の空洞化や改正化資金業法で消えるヘビーユーザー、そしてネットの影響。さらにパチンコ業界が抱える構造的問題。「警察とパチンコ」「民族とパチンコ」「メディアとパチンコ」……パチンコ業界では硬派・辛口の論客として知られ、メーカー・ホールなどの講演活動も多数行い、業界人必読のWEBサイトも運営するPOKKA吉田氏が、パチンコ業界を厳しく論じる。

内容(「BOOK」データベースより)

一千万人超のファン人口を擁する国民的娯楽、パチンコ。しかしその実像は、カネと権力と犯罪と民族問題を内包する、超巨大グレー産業であった…。業界事情に精通し、パチンコを深く愛する「ぱちんこジャーナリスト」の著者が、アヤシくキワドい業界の暗部を、タブーなく明かす!パチンコファン、業界関係者のみならず、「デタラメバッシング本」に毒されたアンチパチンコ派も必読の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (2011/2/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4072768022
  • ISBN-13: 978-4072768020
  • 発売日: 2011/2/5
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 356,776位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
この業界の者ですが、業界の者でも知り得なかった闇の部分が
書かれており大変知識の幅が広がりました。
また、業界を知らない人には若干難しい内容の部分もありますが
この一冊で業界の方並みの認識が可能です。
業界業界と書きましたが、それほど外からは見えない砂上の楼閣
であり、そこがオープンにならない限り社会からの理解や賛同は
得られず、電力不足になれば真っ先に矢面に立たされてしまうような
そんな寂しい業界であることがわかります。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
かつて30兆円の売り上げと3000万人のファンを誇ったパチンコ業界が、いまや18兆円1200万人にまで縮小しているという。
いったいなにがあったのか、なんとなく興味をそそられて手に取った。

本書のタイトルは「なくなる日」ではあるが、内容的には業界の「衰退」を直接扱ったものではない。
パチンコという産業のいわば「構造」を説き明かしたものである。
主なステークホルダーは、パチンコ台のメーカー、パチンコ店、警察。3者の三つ巴の業界内部事情を、元専門誌の記者である著者が微細に描いていて、とてもリアルだ。

ぼく自身はギャンブルは苦手で、宝くじすら買わない。パチンコの面白さもわかっていない。
なので、本書が熱心に解説してくれる「射幸心をコントロールする技術」、たとえばATとかSTとかについては、正直、ピンとこなかった。
が、ファンに人気の台は射幸性の高い台だ、というのはわかった。
そして射幸性の高い台というのは、これも心情としては理解できていないが、一発逆転というか、大当たりの確率は低くても当たったときの出玉が凄い、というものらしい。となると結局、メーカーも店も警察も、1200万人といわれるパチンコファン、いや「人間の射幸心そのもの」に振り回されている、というなのだろう。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
パチンコ関係の仕事をしていることもあり、発売後すぐに読んだ。
事実を積み重ねることで何かを伝えようとする手法に好感が持てた。
痛烈なブログで有名な著者だけに、もっと著者自身の意見も聞きたいと思ったが、書かれたことから読みとってほしいということだろう。
パチンコ業界にとって耳の痛い話の連発だが、このような語り手がいることを逆に誇りに思う。
一般ファンの方には少し難しい内容かもしれないが、機会があれば読んでもらいたい。
パチンコ関係者は必読だと思う。
いろいろ問題の多い産業だが、偏見なく真実を記してくれた著者に感謝する。
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
読み応えのある内容。
実名が飛び交い、痛烈だが、芯のある文章。
後書き含め、著者の骨太な人生が透けて見える。

本当に「パチンコ業界」を愛し、警鐘を鳴らしているのが、
痛いほどよく分かる。

パチンコ好きにとって、必ず読んで欲しい1冊。
いくつもの驚きと発見を、この本が教えてくれました。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「警察、民族、犯罪、業界が抱える闇と未来」、とまあ闇の世界総出演みたいなので、読み始めた。内容はカッチリしていて忠実に史実を追いつつ、「実はこういうことなのだ、こういうことがあったのでこうなったのだ」というような「ふむ、なるほど」と膝を叩きたくなる話が結構あり、マニアほどパチンコにのめり込んでいなくとも、多少は長年パチンコをやってきたという人にも(自分のことだが)十分楽しめる「暴露的」な要素が散らばっている。たまにはこういう本も読まなくちゃいけないなあと思わせる新書ですね。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
◆まず、何よりつかみが強烈です。 冒頭に押尾学のあの事件で、某メーカーがあれこれ動いたという生々しいくだりが出てきます。パチンコファンもアンチ派も、どちらでもない人も「へ〜!」ってならざるを得ないかと。 ◆そんなセンセーショナルな内容のあとは、業界の歴史やグレーな部分を丁寧に解剖してくれています。 また、多くの人が持っているであろう、朝鮮・韓国との関係などにも触れています。半島との関係へのイメージは偏見なのか否か、読めばよくわかります。 ◆暴露本にありがちな、悪意に満ちた様な表現はなく、とても紳士的に書かれたルポルタージュです。 業界批判というよりは、パチンコを愛する著者が「業界のすべてを明らかにしました。あなたはどう思いますか?」そんなメッセージを業界人にもエンドユーザーにも送っている本の様に私は感じました。 ◆たまにはアカデミックな目線で、パチンコ・スロットに触れるのも悪くないな…、続編も出ると良いな…、そんなことを思わせてくれる本でした。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー