この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パターン、Wiki、XP ~時を超えた創造の原則 (WEB+DB PRESS plusシリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2009/7/10

5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 794
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

Wikipediaに代表される「Wiki」は、多くの人々に使われるソフトウェアに成長
しました。

「XP(エクストリームプログラミング)」は、現在主流となりつつあるアジャイ
ルな開発方法論です。

設計の定石集である「デザインパターン」は、今や開発者の必須知識となっています。

Wiki、XP、デザインパターン。

一見、何の関係もなさそうに思えるこの3つは、実は同じ起源から発生した兄弟です。
しかもその起源は、ソフトウェア開発とは何の関係もない異分野の人である、建
築家クリストファー・アレグザンダーの理論に端を発しています。

本書では、アレグザンダー(パターンランゲージの発明者)、ウォード・カニン
ガム(Wikiの発明者)、ケント・ベック(XPの提唱者)らが織りなす40年の歴史
物語を辿りながら、優れた創造を行うための共通原則に迫ります。

著者からのコメント

私は6年前よりWikiの設計思想について調べてきました。
建築家クリストファー・アレグザンダーの思想にその答えがありました。
アレグザンダーとWikiを巡る歴史物語をまとめた本を書くことができました。

「デザインパターンのどこがいいのかわからん!」
「XPって本当に役に立つの?」
「Wikiに何を書けばいいんだろう...」
そう思っているあなたへおすすめします。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2009/7/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774138975
  • ISBN-13: 978-4774138978
  • 発売日: 2009/7/10
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 142,234位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この本を読むまで、私も「ソフトウェアって建築業界をお手本にしててさ〜」ということをエラそうに言っていましたが、その実態は知りませんでした。

内容としては、建築業界でのデザインパターンの発生から、Wikiの誕生、現在のソフトウェア開発の基盤となるXPやアジャイルの変遷などが一通りの流れで記載されています。
本のタイトルそのままですね。

著者の考察が多かったり、話が発散したりと、歴史的事実が知りたい私にとっては冗長な部分もありましたが、内容的にはぜひ知っておいて損はない内容だと思います。
また、説明に関しては(知っているところは長ったらしいのですが)丁寧に説明されており、おぼろげにしか分からかった話もすんなり理解できるようになりました。

上記のように「ソフトウェアって建築業界をお手本にしててさ〜」とエラそうに言っている人は、読んでおいて損はありません(笑)。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 内田裕介 トップ500レビュアー 投稿日 2009/9/28
形式: 単行本(ソフトカバー)
仕事上の興味があって手に取った。
建築家アレグザンダーの創始した「パタン・ランゲージ」という建築設計思想が、現在のソフトウェア開発に与えた影響を俯瞰したものである。
オブジェクト指向の黎明期に業界に身を置いた人にとっては懐かしい話題が満載だ。著者の江渡氏自身まだ40前だから、本書の話題の中心である80年代半ばから90年代当時は、高校生くらいだっただろう。そう考えると、この業界の10年20年はほんとうに早いと思う。
ただ、現在第一線のソフトウェア設計者でアレグザンダーの名をしっている人は多くはない。知らなくても特に仕事上さしたる支障はないからだ。もうひとつ、本書で紹介されたのは、建築家アレグザンダーと彼の思想に傾倒したプログラマ、カニンガムの二人の理系思想家の物語であって、それがIT業界の思想史を代表するというわけでもない。その意味では、やや抽象的思考に偏り過ぎている気もする。
アメリカの知識人は老子が大好きで何かといえばタオを持ち出す。おそらく東洋的思想へのコンプレックスがどこかにあるからだろう。が、たかがプログラムコードを書くのに老子を持ち出すこともあるまい、と思う。彼が説いたのはあくまでも役人の処世的心得であって、元々プログラマにも建築家にも関係のない話だ。
とはいいつつも、本書自体は読み物としてはよく書けているし、話の運びも上手い。当時を知る人にも、当時は子供だった人にも、それなりに楽しめるとは思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
パターン(デザインパターン), Wiki, XP という、それぞれ異なる3つの概念・システムが、クリストファー・アレグザンダーという建築家に1つの源流を持つという事にびっくりする本。

極めてすっきりとまとまった、落ち着いた文章で書かれているにも関わらず、著者もまたこの事実に驚き、興奮しながら調査を進めたであろう事がどうしても伝わってきてしまう内容です。特にパターン, Wiki, XP を1つ以上使いこなしている人なら、必ず著者の驚きと興奮を共有できると思います。そういった知的興奮が、本書の最大の醍醐味です。

さらに、この本を通して、ソフトウェアやシステム、またそれ以外の人間が創造する物が、将来にわたって「生きた」物でありつづける為に何ができるか、のヒントが得られると思います。サブタイトルにある「時を超えた創造の原則」というのがこれを示しています。これはとても漠然としたヒントと感じられるかもしれませんが、それ故に様々な「創造」の場面に適用できますし、実践を通して自分なりの理解を深めていく事で、一層切れ味を増していくと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mmm 投稿日 2009/9/23
形式: 単行本(ソフトカバー)
コンパクトで読みやすい文章で、"XP"や"アジャイル開発"の根本にある思想がまとめられている。
その上、サイモン・シンやジャレド・ダイアモンドの著作のような、海外の科学ノンフィクションに匹敵する知的興奮も味わえる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告