パシフィック・リム [Blu-ray] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,490
通常配送無料 詳細
発売元: サザンフィールド
カートに入れる
¥ 2,490
通常配送無料 詳細
発売元: インフィールド
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

パシフィック・リム [Blu-ray]

5つ星のうち 4.3 623件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 2,180 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 391 (15%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、QueenRecords オンラインショップが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 1,545より 中古品の出品:3¥ 1,399より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でパシフィック・リム(字幕版)を今すぐ観る ¥ 100 より

Amazon.co.jp限定特典はオリジナル杖ペンとメモ帳セット
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 商品をチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • パシフィック・リム [Blu-ray]
  • +
  • オール・ユー・ニード・イズ・キル [Blu-ray]
総額: ¥3,571
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: チャーリー・ハナム, イドリス・エルバ, 菊地凛子, チャーリー・デイ, ロブ・カジンスキー
  • 監督: ギレルモ・デル・トロ
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日 2014/07/09
  • 時間: 131 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 623件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00KI8MYG2
  • JAN: 4548967091274
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 2,356位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

日本のインスピレーションが、ハリウッドを本気にさせた!
監督 ギレルモ・デル・トロが圧倒的スケールと迫力で描く、SFアクション超大作!
〈〈 人型巨大兵器 vs 巨大KAIJU 〉〉
人類よ、立ち上がれ。この巨兵と共に!

深海から突然、出現した巨大で凶暴なエイリアン“KAIJU"。
それは何年にもわたって何百万もの人命を奪い、人類の資源を消耗していく戦いの始まりだった。
巨大なKAIJUと戦うため、人類は特殊な兵器を開発。“イェーガー"と名づけられたその人型巨大兵器は2人のパイロットが同時に操縦する。
彼らは操縦前に、神経ブリッジを通して互いの脳を同調させる“ドリフト"というプロセスを経て戦闘態勢に入るのだ。
最初は優勢だったイェーガーだが、KAIJUは出現のたびにパワーを増していき、その容赦ない襲撃の前に、人類は対抗できなくなっていく。
いよいよ滅亡の危機に瀕し、人類を必死に守っている者たちに残された選択肢はただ1つ。疲れきって一度はパイロットをやめた男(チャーリー・ハナム)と、
実戦経験のない新人(菊地凛子)という、ふつうなら考えられない2人がコンビを組み、旧式のイェーガーで戦うことになった。
彼らは、迫りくる滅亡を食い止める人類最後の希望としてKAIJUに立ち向かう。

〈映像特典〉約62分
フォーカス・ポイント
監督ギレルモ・デル・トロ
怪獣とイェーガー
ロボット・デザイン
怪獣への敬意
サイズの重要性
パイロットたち
イェーガーとパイロット
ドリフト
ゴシック様式
超巨大セット
オオタチ幼獣のセット
東京の街のセット
オーケストラ音楽

内容(「Oricon」データベースより)

深海から突如出現した凶暴な巨大エイリアン“KAIJU”。この謎の生命体と戦うため、人類は“イェーガー”と名づけられた人型巨大兵器を開発。最初は優勢だったイェーガーだが、KAIJUは出現のたびに容赦なくパワーを増していく。いよいよ滅亡の危機に瀕し、人類を必死に守っている者たちに残された選択肢は…。監督ギレルモ・デル・トロが圧倒的スケールと迫力で描く、SFアクション超大作!

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
とても幼い頃、まだ小学生にも上がっていない年齢だったと思うのですが、
母親に連れられ、ドリフターズの映画と同時上映のゴジラを観に行った記憶があります。
ストーリーが頭に入るはずもないのですが、ゴジラが電波攻撃で苦戦しているシーンだけはずっと覚えています。

私のような40を過ぎた歳だと、ガンダム世代でもありますし、ノスタルジックな怪獣、ロボットに敏感です。
子供っぽいとは思うけれど、一番感情豊かだったころに刺激を受けたものですから、
懐かしかったり、格好良いとも思うし、少しB級な感じにも脳みそや、胸の奥がくすぐられて堪りません。

メキシコ出身の映画監督、ギレルモ・デル・トロがメガホンを取った『パシフィック・リム』。
巨大なモンスターを"Kaiju"と呼んでいることからも分かるとおり、本作は濃密に日本の特撮映画をリスペクトしています。
山のように突っ込みどころが満載なのですが、それを遥かに上回るCGの迫力と映像の興奮が爆発しています。

中盤と後半に配置された、出し惜しみのない、Kaijuとロボット型兵器イェーガーとの戦い。
メキシコの監督でもありますし、妙なアメリカ万歳的な雰囲気もなく、しかし大国同士の
力関係に気を配りながらストーリーは進ん
...続きを読む ›
4 コメント 524人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
無理だと思っていた。
日本の巨大ロボットものがハリウッド級の予算で、しかも実写化なんて。
誰もが夢見て、望みながらも「あるわけがない」と思って、諦めていた。
大人になれば誰にだってわかる道理。少し考えれば分かることだ。

2013年夏。
その夢は、考えうる限り、恐らくは最良のかたちで実現することとなった。
この映画は私にとって、いや全国のロボットアニメファン、怪獣映画ファンにとって宝物となるであろう。
諦めていた「夢」が実現したのだ。

脚本が稚拙?
そんな批判に何の意味がある?
些細なことだ。野暮というものである。
この映画の価値にとっては、1ミリの失点にもならないであろう。
言うなれば、「その程度のことが気になったのなら、その人間にとってこの映画は必要なかった」ということだし、この映画を二度と観る必要は無いだろう。
私は「テキサスチェーンソー」が好きな人に「恋空」を薦めることはしない。当たり前のことだ。

兎にも角にも、誰が何と言おうと私にとってこの映画は、至高の宝物だ。

誰もが望みながらも諦めていた「夢」がひとつ叶ったのだ。こんなにうれしいことはない。
2 コメント 857人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
思い返せば、何十年か前です。私を含む日本の巨大ロボ愛好家の失笑を買った、ハリウッドの「ロボ・ジョックス」。ハリウッドは巨大ロボの何たるかも理解していないなどと、うそぶいていました。

やはりロボット物なら、日本のロボアニメこそが最も熱く、燃えるものだと信じていました。それからも、細々とハリウッドは巨大ロボ映画を、ちょこちょこと作り続けては、我々はその出来栄えに色々難癖をつけて、小馬鹿にしたものです。

ですが、それでもハリウッドは巨大ロボに凝り続けた。そして実写にこだわり続けた。愚かなこだわりだと言う、仲間も居ました。ですが徐々にCG技術が向上し、あり得ない映像でも実写に創造して組みこめるようにまで、ハリウッドがたどり着いた時。

我々を予想を遥かに凌駕した「パシフィック・リム」が完成し、感服しました。しかし、私はこの成功を「日本の素晴らしいロボアニメ文化あったればこそ」などと言う口調には、とても賛同できません。

上から目線でギレルモ監督を評価する言葉にも、賛同できません。現実を振り返れば、この数十年、日本のロボアニメはすっかり勢いを無くし、一部のマニアの為の特殊コンテンツとして細々と生き長らえているだけです。

実写といえば、完全なる敗北を認めざるを得ません。「ガンヘッド」や「ジ
...続きを読む ›
6 コメント 300人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ネタバレあります。

「パンズラビリンス」「ヘルボーイ」などのギレルモ・デル・トロ監督の作品は面白い反面、登場人物が多かったり、一人一人キャラ説明をしようとしたり、設定が多かったりと、二時間の映画として詰め込み過ぎて見にくい、分かりにくい部分がありました。

今回もそれを懸念していたのですが結果的から言えば、非常に良かったです。

登場人物、設定は相変わらず多いのですが、拾取選択の区別をハッキリさせてアメリカ、オーストラリアの話に集中させ映画として見やすいものへとまとめられています。(結果的に中国とロシアのイェーガーの出番がかなり少ないのですが・・)

対カイジュウ兵器、イェーガーには精神的負担の軽減からパイロットは二人でなければいけないのですが、そのシンクロ率は作品の中でも重視されていて、二人の記憶を共有してしまうなど思った以上にそこからドラマが展開されます。

作品中には日本のアニメ、特撮のオマージュがこれでもかと言うくらい盛り込まれていて、中には「これを実写でやるとバカっぽく見えるのではないか?」と思える設定もあるのですが、上手くまとめてきています。

森マコを演じる菊地凛子の出番が思っていた以上に多くて、ほとんど主人公並です。
過去にトラウマを抱
...続きを読む ›
コメント 171人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー