通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
パイロットフィッシュ (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パイロットフィッシュ (角川文庫) 文庫 – 2004/3/25

5つ星のうち 3.7 84件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • パイロットフィッシュ (角川文庫)
  • +
  • アジアンタムブルー (角川文庫)
  • +
  • ([お]3-1)優しい子よ (ポプラ文庫)
総額: ¥1,693
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第23回(2002年) 吉川英治文学新人賞受賞

内容紹介

優しさの限りない力を描いた永遠の青春小説。吉川英治文学新人賞受賞作。

かつての恋人から19年ぶりにかかってきた一本の電話。アダルト雑誌の編集長を務める山崎がこれまでに出会い、そして印象的な言葉を残して去っていった人々を追想しながら、優しさの限りない力を描いた珠玉の青春小説

人は”優しさ”のかぎりない力を描く、永遠の青春小説。一度巡りあった人と二度と別れることはできない。
人は、一度めぐり合った人と二度と別れることはできない―。午前二時、アダルト雑誌の編集部に勤める山崎のもとにかかってきた一本の電話。受話器の向こうから聞こえてきたのは、十九年ぶりに聞く由希子の声だった…。記憶の湖の底から浮かび上がる彼女との日々、世話になったバーのマスターやかつての上司だった編集長の沢井、同僚らの印象的な姿、言葉。現在と過去を交錯させながら、出会いと別れのせつなさと、人間が生み出す感情の永遠を、透明感あふれる文体で繊細に綴った、至高のロングセラー青春小説。吉川英治文学新人賞受賞作。


商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 247ページ
  • 出版社: 角川書店 (2004/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043740018
  • ISBN-13: 978-4043740017
  • 発売日: 2004/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 84件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 76,554位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
記憶と水がテーマの、繊細な恋愛小説でした。

切なさ・やるせなさを前面に出したストーリーなので、
浸りたい時、ちょっと遠くを見つめてみたい時に読むと、
ちょうどよく作品の揺らめきにシンクロできそうです。
逆に、ポジティブな時には気が滅入るかも…

最後までさらっと退屈せずに読めたけど、
性的描写がやたら多くて、『またそっち?』と途中から弱冠うんざり

全体的にペールトーンのぼんやりした雰囲気ですが、
登場人物の設定もぼんやりしていて、リアリティに欠ける感じはしました。

とは言いつつ、内容をあまり深く考えずに読めば
作品全体の繊細な優しさを感じられたし、
主人公の部屋の水槽の熱帯魚は心に残っているので、”☆3”です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「もしもこの愛が本当に本物ならば、この世界のどこかできっとまた巡り合うはず。」

そんな思いをもって別れを経験したことがある人なら
この作品には心の琴線に触れる部分が沢山あると思います。

何年経ってもふとした時に思い出すあのころの感覚。
もう2度と戻れないけれど、過ごした時間の一つ一つが今の私を作っているようにあの人の人生にも私との記憶が存在し続けているのかな。

「人は一度巡り合った人と二度と別れることは出来ない。なぜなら人間には記憶という能力があり、否が応にも記憶と共に現在を生きているからである。」

あの人は今どうしているのだろう。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 ただ、心の中に静かに静かに下りてきてくれる小説だった。
 読んでいる間は、相性の良い小説に巡り会った幸福感に包まれた。文章も、登場人物も、それぞれに私には心地よかったし、何よりこの小説の主題がひたひたと胸に迫った。
 「一度出会ってしまった人とは、別れることはできない。なぜなら心の中に深い記憶の湖があって、出会った人の記憶は湖の底に沈んでいるから」
 とても、本当にとてもよく分かる。
 本当は以前からずっと分かっていたはずのことなのに、こうして小説の中で言葉にしてもらったことで、私は何だか救われたのだ。
 読みながら、そして読み終えた後も、私は自分が過去に別れてしまった人のことをずっと考えている。できることなら、その人にこの小説を手渡してみたい、とさえ思っている。
 読み終えて、1時間くらい経った時、そっと、「あの人と本当に別れたのではなく、あの人とも一緒に生きているんだ」と口に出して言ってみた。そうしたら、ただうれしくて、やたら泣けて、どうしようもなかった。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ごめんなさい。全く合いませんでした。
ボコボコに殴られた村上春樹が二日酔いのまま書いたような小説(失礼!)でした。
筆者と主人公が気持ち悪い感じで自分に酔っているので、ページを進める度にこちらが醒めてきました。
オッサンのセンシティブって結構キツイですね。悪くはないんです。でも気持ち悪い。ごめんなさい、無理でした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最新作「ディスカスの飼い方」に続いて2作品目である。
「かつての恋愛を、男の立場から綴った都合の良い物語」というのが最初の感想。
カバーの裏の解説のように「人は、一度巡り会った人と二度と別れることはできない」というのは言い古された言葉ではあるが、それはおそらく深層心理への影響について言及したことであり、おそらく20年も経って都合良く、かつての恋人からコンタクトがあるなんてことはありえない(んじゃないかな、と思う)。
この都合の良さ、というのは、「ディスカス」にも脈々と受け継がれている。こちらは、非現実的ながら、それでも熱帯魚飼育(繁殖)にはまってしまった主人公の半ば妄想の世界だから、まだ良しとする。
透明感あふれる文体で、透明感あふれる世界が描き出されていることは確かであるが、それは現実味がない。本作の主題であり、題名にもなっている「パイロットフィッシュ」を導き出すため(だけ?)に、生活感のない男の一人暮らしの中に唐突に現れる90cm水槽とか、突然押しかけてくる歳の離れた彼女とか、必然性がないのに無理矢理登場させたかのような装置に気分が削がれた。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック