中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※アマゾンのガイドラインの規定にそった基準で出品しております。中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ、シミ等)などがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。商品に不備が見つかった場合は、発送前にメールでご連絡いたします。※住所、宛先などが違う場合商品が届かない場合がございますので、必ず、ご購入前にご確認くださいませ。商品がこちらの不備で届かない場合は即座に返金させていただきます。■こちらの商品は、日本郵便のゆうメール(追跡機能がございません)又はヤマトDM便で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。注文確定から商品到着まで最長7営業日を要する場合がございます。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。書き込みがないように検品をさせていただいておりますが、万が一ございました場合に関しましては少量の書き込みにつきましては商品代金の30%、過度な書き込み商品代金の50%を返金処理をとらせていただいておりますので、不備に感じましたらお問い合わせくださいませ。よろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パイレーツ・オブ・カリビアン 自由の代償(上) (竹書房文庫) 文庫 – 2011/11/22

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2011/11/22
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

◎ジャック・スパロウ25歳の“冒険”! 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、待望の番外編小説! 今明かされるジャック・スパロウの若き日々! 若き日のジャックは何をしていたのか? ジャックは何故海賊になったのか? そして、ジャックとディヴィ・ジョーンズの出会いと交わされた約束……シリーズの原点であり、様々な謎が明らかとなる『パイレーツ・オブ・カリビアン』ファン必読の書!
◎主役のジャック・スパロウはもちろん、カトラー・ベケット、ティーグ・スパロウ、ティア・ダルマ、そしてデイヴィ・ジョーンズと映画でお馴染のキャラクターも登場。因縁の物語が紡がれる。
◎それは、ジャック・スパロウが“船長<キャプテン>”の称号を得る以前のことーー。若きジャックは東インド貿易会社の商船の一等航海士として、大西洋を一路アフリカへと向かっていた。5年前、ヘクター・バルボッサ船長の船が何者かに襲われた事件をめぐって“掟の番人”ことエドワード・ティーグに背いて以来、海賊暮らしに戻ることもできず、愛する海で生きるために選んだ道だった。平穏な航海は、海賊船“ヴェンガンザ号”の襲撃によって終わりを告げる。美しき女船長エスメラルダは、ジャックにとって忘れられない女性だった。彼女と甘い再会を果たしたジャックは、積荷の被害を最小限に留めて、無事に西アフリカ・カラバルへと到着する。東インド会社の重役カトラー・ベケットはそんなジャックに興味を抱き、自分の船を与えると申しでる。ベケットの狙いは、ジャックを利用して、西アフリカ沖に浮かぶ伝説のケルマ島の宝“ゼルズラの心臓”を探し当てること。それはジャックもまた探しつづけていたものだった。ベケットと宝を山分けする契約を結び、ケルマの秘密を知ると思われる奴隷アイシャを連れて、カラバルを出発したジャック。その先に何が待つのか、彼はまだ知る由もなかった……。

内容(「BOOK」データベースより)

それは、ジャック・スパロウが“船長”の称号を得る以前のこと―。若きジャックは東インド貿易会社の商船の一等航海士として、大西洋を一路アフリカへと向かっていた。5年前、ヘクター・バルボッサ船長の船が何者かに襲われた事件をめぐって“掟の番人”ことエドワード・ティーグに背いて以来、海賊暮らしに戻ることもできず、愛する海で生きるために選んだ道だった。平穏な航海は、海賊船“ヴェンガンザ号”の襲撃によって終わりを告げる。美しき女船長エスメラルダは、ジャックにとって忘れられない女性だった。彼女と甘い再会を果たしたジャックは、積荷の被害を最小限に留めて、無事に西アフリカ・カラバルへと到着する。東インド会社の重役カトラー・ベケットはそんなジャックに興味を抱き、自分の船を与えると申しでる。ベケットの狙いは、ジャックを利用して、西アフリカ沖に浮かぶ伝説のケルマ島の宝“ゼルズラの心臓”を探し当てること。それはジャックもまた探しつづけていたものだった。ベケットと宝を山分けする契約を結び、ケルマの秘密を知ると思われる奴隷アイシャを連れて、カラバルを出発したジャック。その先に何が待つのか、彼はまだ知る由もなかった…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 560ページ
  • 出版社: 竹書房 (2011/11/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4812447607
  • ISBN-13: 978-4812447604
  • 発売日: 2011/11/22
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 11 x 2.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 211,200位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ゼルズラの宝をめぐっての物語だが、上巻は人物説明と回想が多く、
物語に相当な膨らみが出ている。

ジャックの目の周りの黒い化粧の由来など、
これまで明かされていなかった事がいろいろ明らかになり、
本編以上におもしろい(少なくとも生命の泉よりは間違いなく)。
ジャックの恋愛観、ティーグとの確執、ベケット含めて各人物の
過去などもあきらかになる。

反面、メインストーリーがなかなか進まない為、少しイライラする可能性がある。
それに、難しい言葉が多く、肉体的描写も少なからずある為、子供向けではない。

これまで、ジャックが何故か不思議な事に遭遇する理由が理解出来なかったが、
この一冊で妙に納得してしまった。
また、女性にとって困難の時代に、海賊王まで登りつめたエリザベス・スワンの強さが、
エスメラルダやアメニルディスと重なって思い返される。

読み終えた時の満足と、下巻へのワクワク感が素晴らしく余韻として残る。
買って損はないと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みかりん 投稿日 2013/10/18
Amazonで購入
映画のジャックの若い頃の話で、ベケット卿と知り合いみたいだった経緯とか、いろんなことが解決します。文庫本でかなりの厚みがあるので、読み応えもあります。ジャックのファンなら一読の価値はあり、と思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック