通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
パイドン―魂の不死について (岩波文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パイドン―魂の不死について (岩波文庫) 文庫 – 1998/2/16

5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 713 ¥ 215

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • パイドン―魂の不死について (岩波文庫)
  • +
  • ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫)
  • +
  • 饗宴 (岩波文庫)
総額: ¥2,053
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人間のうちにあってわれわれを支配し、イデアを把握する力を持つ魂は、永遠不滅のイデアの世界と同族のものである。死は魂の消滅ではなく、人間のうちにある神的な霊魂の肉体の牢獄からの解放である―ソクラテスの最期のときという設定で行われた「魂の不死」についての対話。『国家』へと続くプラトン中期の代表作。


登録情報

  • 文庫: 221ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1998/2/16)
  • ISBN-10: 4003360222
  • ISBN-13: 978-4003360224
  • 発売日: 1998/2/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,515位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 jazzy4 VINE メンバー 投稿日 2015/12/16
形式: 文庫 Amazonで購入
2400年前の哲学者は、ただ知性や生い立ちに恵まれた知識人ではなく、哲学による人生の実践を生涯をかけて行った人間のことであるようだ。
このことは当然と言えば当然であるのだが、実践のない知識などまさに紙に書かれた文字でしかない。
世の中を生きる人々に現実的な価値が添えられることもなければ、人格や魂の成長をうながすこともない。

ソクラテスは死を前にして若者達に教えを伝える。会話による哲学の探求は当時の人たちの考え方を臨場感をもって伝えてくれますが、古代の言語を翻訳しているところから意味を導き出していかなければならない。実際に当時のソクラテスは何をどのように考えていたのか。そしてプラトンはどのように理解しようとしていたのか。翻訳者も意訳に依らないようにしているであろうから、なかなか理解するのに困難なところもあります。

また生と死について深く踏み込んでいる本書は、この数年で大きく展開し始めている臨死体験についての著作群を思い出さずにはいられない部分もあり、はっとさせられます。またチベット密教にあるような死への洞察も含んでいるところもあります。
当時の深い洞察力に思いを馳せ、長い人類の歴史や生命の誕生の歴史、また地球の誕生の歴史などから考えると、2400年など昨日のことのようです。

p83「本当の
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
知り合いがこの著作を読んで、感動して泣いたと言っていた。
民衆の理解を得られずに不当な死刑に追いやられても、
高潔なソクラテスは自ら毒杯を受け入れて心安らに死んでいく。
そうした哲学への殉教者としてのソクラテスが、彼の泣き所なのであった。
実際、その知り合いは典型的な「哲学青年」だったので、ソクラテスの
死に方に過剰な感化を受けるのも、さもありなんではあったが。
その後、僕もこの著作を読んだところ、泣きはしないが確かに感動した。
と言っても彼と違って、ソクラテスの姿への感動ではない。
論証が非常に美しかったからである。
副題に示されている通り本篇では、死に際のソクラテスが「魂の不死」を
証明する議論を行う。しかもそれは、プラトンの名高い中心教誡!¬、
イデア論を援用しての証明である。
「魂の不死」についての議論から、一見横道にそれたかのように、
イデア論の説明が挿入される。しかし、あれよあれよと言う間に、
そのイデア論を根拠として、最終的に論理は「魂の不死」へと帰結する。
そのお手並みは素晴らしい。ミステリで仕掛けられた伏線が
解明されるかのように、きれいな論証。
「プラトン哲学の重要文献」といった意味以上に、
純粋にスリリングなロジックを楽しむことができる著作。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ソクラテスが刑死する直前に、弟子達に語った「魂の不死について」の話。

「人間は魂と肉体からできており、死ねば肉体は消滅し、魂は消滅せずに冥界へ行く」というソクラテスの考えに対し、弟子達が「肉体が消滅すれば魂も消えてしまうのではないか」とか「肉体が消滅した後魂が残っているとしても、それが不滅かどうかはわからないのではないか」といった問いかけと共に鋭く反発し、さらにソクラテスがそれに対して自説を証明し、弟子達を納得させるという構成。

ただ、この人達は細か〜いところまでおかしいと思ったところは何でも考えこむのに、人間は魂と肉体でできているっていうところだけは何の疑いもなく信じてしまってるところは可愛らしい(笑)

自分が毒杯を仰がなければならないまさにその日に、弟子達と「魂の不死について」を語り合うとは流石ソクラテス(笑)

そして、その状況を対話篇にしたプラトン。

プラトンの文章は本当に上手だと思う。

ソクラテスが実際に語ったことと、プラトンの想像(創造)と、両方混ざってるんだろうけど、とてもわかりやすい。哲学をかじったことがない人でも大丈夫だと思います。

ソクラテスが毒杯を仰ぎ、死んでしまうところで文章が終わるので、最後は少し悲しいかも
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
小林秀雄さんの講演CDの中で「パイドロス」に言及している箇所があり、ずっと頭の片隅に残ってはいたのですが、哲学には無縁だと云うか無学だったため、ずっと読まずじまいでした。

そんなある日、読む本がなく本屋を廻っていたところ、この「パイドン」を見付け、“間違えて”購入してしまいました。
似たような経験をされた方も少なくないと思いますが、こう云う“間違い”は得てして“当たり”である場合が多いのです。

正直、哲学には無縁だと云うか無学だった身としては、ソクラテスがどうとかプラトンがどうとか言われてもよく分らないし興味もなかったのですが……

一読目。
話頭は転々と、本当に転々とし、最初の疑問が何であったのか忘れそうになったころ、ソクラテスじいさんのギアがトップに入る。
各所に散らばっていたピースが畳み掛けられるように繋がり、見事 『魂の不死について』 の証明が成される。
ホームズもポアロもお手上げの曲芸飛行。 お見事!!

二読目。
“しかし、この証明内容であれば、ここまで話頭を転々とさせる必要はないよなあ?”
ひょっとして、僕は何か勘違いをしているのかも知れない。そうだ、これは彼が処刑される直前のお話だ。
彼は、自分自身よりも弟子たちを
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー