通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
パイドン―魂の不死について (岩波文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パイドン―魂の不死について (岩波文庫) 文庫 – 1998/2/16

5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 713 ¥ 248

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • パイドン―魂の不死について (岩波文庫)
  • +
  • ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫)
  • +
  • 饗宴 (岩波文庫)
総額: ¥2,053
ポイントの合計: 51pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人間のうちにあってわれわれを支配し、イデアを把握する力を持つ魂は、永遠不滅のイデアの世界と同族のものである。死は魂の消滅ではなく、人間のうちにある神的な霊魂の肉体の牢獄からの解放である―ソクラテスの最期のときという設定で行われた「魂の不死」についての対話。『国家』へと続くプラトン中期の代表作。


登録情報

  • 文庫: 221ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1998/2/16)
  • ISBN-10: 4003360222
  • ISBN-13: 978-4003360224
  • 発売日: 1998/2/16
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,374位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 jazzy4 VINE メンバー 投稿日 2015/12/16
形式: 文庫 Amazonで購入
2400年前の哲学者は、ただ知性や生い立ちに恵まれた知識人ではなく、哲学による人生の実践を生涯をかけて行った人間のことであるようだ。
このことは当然と言えば当然であるのだが、実践のない知識などまさに紙に書かれた文字でしかない。
世の中を生きる人々に現実的な価値が添えられることもなければ、人格や魂の成長をうながすこともない。

ソクラテスは死を前にして若者達に教えを伝える。会話による哲学の探求は当時の人たちの考え方を臨場感をもって伝えてくれますが、古代の言語を翻訳しているところから意味を導き出していかなければならない。実際に当時のソクラテスは何をどのように考えていたのか。そしてプラトンはどのように理解しようとしていたのか。翻訳者も意訳に依らないようにしているであろうから、なかなか理解するのに困難なところもあります。

また生と死について深く踏み込んでいる本書は、この数年で大きく展開し始めている臨死体験についての著作群を思い出さずにはいられない部分もあり、はっとさせられます。またチベット密教にあるような死への洞察も含んでいるところもあります。
当時の深い洞察力に思いを馳せ、長い人類の歴史や生命の誕生の歴史、また地球の誕生の歴史などから考えると、2400年など昨日のことのようです。

p83「本当の
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
小林秀雄さんの講演CDの中で「パイドロス」に言及している箇所があり、ずっと頭の片隅に残ってはいたのですが、哲学には無縁だと云うか無学だったため、ずっと読まずじまいでした。

そんなある日、読む本がなく本屋を廻っていたところ、この「パイドン」を見付け、“間違えて”購入してしまいました。
似たような経験をされた方も少なくないと思いますが、こう云う“間違い”は得てして“当たり”である場合が多いのです。

正直、哲学には無縁だと云うか無学だった身としては、ソクラテスがどうとかプラトンがどうとか言われてもよく分らないし興味もなかったのですが……

一読目。
話頭は転々と、本当に転々とし、最初の疑問が何であったのか忘れそうになったころ、ソクラテスじいさんのギアがトップに入る。
各所に散らばっていたピースが畳み掛けられるように繋がり、見事 『魂の不死について』 の証明が成される。
ホームズもポアロもお手上げの曲芸飛行。 お見事!!

二読目。
“しかし、この証明内容であれば、ここまで話頭を転々とさせる必要はないよなあ?”
ひょっとして、僕は何か勘違いをしているのかも知れない。そうだ、これは彼が処刑される直前のお話だ。
彼は、自分自身よりも弟子たちを
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/8/9
形式: 文庫 Amazonで購入
 先日、清水幾太郎さんの『本をどう読むか』という本を読んだのですが、その本の中に「古代の読書論」として本書の名前が出てきたので興味を覚えて読んでみました。
 紹介文を読んだ時点で予感はあったとはいえ「読書論」に該当しそうな箇所は、有名な<言論嫌いは人間嫌い>のくだり位だったので「あれー」とはなりましたが、それはそれとして、本書はためになりました。
 元々私はごく非論理的な頭をしており、数年前に『ソクラテスの弁明・クリトン』を読んだときには、偉大な哲学者ソクラテスの見事な最期に感動したものの同書で展開される論理自体はちんぷんかんぷんでしたが、数年間の世界を股にかけた読書修行の成果か、今回は結構(少なくとも数年前よりは)論理の展開についていけました。「これはちゃんと読めば弁論とか説得術の勉強になる!」と思えるレベルにようやく到達できて嬉しいです(遅いですけどね)。

 感じたことは色々ありますが内容については他のレヴュアーさんが十分書いておられるので、別の角度から書きます。私が本書を読んで一番心に残り見習いたいと思ったのは、ソクラテスの<教育者>としての側面というか、立派さでした。
 ソクラテスは、自分の主張や信念に殉じて生きることを自らが範となって青年達に示しているのは勿論ですが、一方で彼は自分の説に対する反論者に対して非常に礼儀正し
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書はプラトンの代表作のひとつで、ソクラテスの刑死の日に、ソクラテスと弟子たちとの間で議論された「魂の不滅」について、その場にいた一人のパイドンが、その日のことについて尋ねてきたピタゴラス派の哲学者のエケクラテスに話をするという形式で進む対話篇です。

紀元前三九九年の春、ソクラテスは謂れのない罪で告発され、死刑を宣告されて牢獄に入れられました。それまでに詩を作ったことがなかったソクラテスですが、入獄後は作家のアイソポスの物語を詩に直したり、ギリシア神話の神であるアポロンへの賛歌を作ったりしていました。訳を知りたい弟子たちにソクラテスはその理由を話し、最後に彼は弟子に、ソフィストの一人への伝言をお願いしました、「できるだけ早く自分の後を追うように」と。弟子の一人はソクラテスが死を勧めることに大変驚きました。そして、その者は喜んでソクラテスの後は追わないだろうと答えたところから、議論が始まります。

ソクラテスは、死は勧めましたが、神の意志に背くということで自殺をしてはならないと説きます。それでは自殺ではないにしても、なぜ死を勧めるのでしょうか。ソクラテスは、死後、この世を支配する神々とは別の賢くて良い神々のもとに行くことと、この世の人々よりはより優れた死んだ人々のもとにも行くと信じていました。そして、哲学者は死後にはあの世で最大の善と智慧を得
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー