この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

バーン=ジョーンズの世界 単行本 – 2014/12/26

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 6,402 ¥ 1,265
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

後期ラファエル前派の巨匠にして、アーツ・アンド・クラフツ運動の先駆、モリス商会やケルムスコットプレスの装飾デザインを手がけ、審美主義的作品でも知られるバーン=ジョーンズ。その生涯にわたる画業が、この1冊にまとまったビジュアル・ブックの決定版。

内容(「BOOK」データベースより)

ラファエル前派から唯美主義へ。バーン=ジョーンズの甘美な世界。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 159ページ
  • 出版社: KADOKAWA/中経出版 (2014/12/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4046009810
  • ISBN-13: 978-4046009814
  • 発売日: 2014/12/26
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 465,666位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/3/22
形式: 単行本
2年前に兵庫県立美術館で観賞したバーン=ジョーンズ(Sir Edward Coley Burne-Jones, 1833 年8月28日 - 1898年6月17日)に魅せられたこともあり、本書を手に取りました。

「ラファエル前派の最後の巨匠のロマンティックな作品」と紹介されている通りの画風です。本書1冊あれば、バーン=ジョーンズの生涯や作品の全容などを知ることができる本書の価値は大変高いと言えるでしょう。ロセッティに師事したイギリスのラファエル前派であることは知られていても、彼の生涯や作品に関する美術書が日本ではあまり出版されていません。その意味では、身近に彼の作品を眺めることが出来る意味でも、刊行の意義は大と言えるでしょう。
難を言えば、彼の作品のオリジナルは大きな作品が多いわけですが、本書のような小さな判型ではその魅力と迫力、そして詳細の描き込みの素晴らしさが伝わりにくい点でしょうか。

例えば、80ページに掲載の大作「運命の車輪」は、筆者の平松洋氏が書かれているように「バーン=ジョーンズは、ミケランジェロの『瀕死の奴隷』のレプリカを所有していたようだが、」「肉体表現にも、その影響は明らかだろう。」とミケランジェロと比較して分かり易く提示していました。
バーン=ジョーンズはイタリアに憧れ、4回訪れたそうです。ミケランジ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
バーン=ジョーンズの初期作品から最晩年の作品までひと通り網羅されていて、画風の変遷がよくわかる。
『運命の車輪』『ピグマリオン』『聖ゲオルギウスと龍』といった油彩画の代表作はもちろん、
タペストリーやフラワーブック、挿絵、カリカチュアなどかなり幅広い活動の足跡をみてとれる。
解説が詳しく、とくに巻末の人物相関図は圧巻。
ジョーンズの交友から師弟関係など、彼の作品に影響を与えたとされる人物関係がよく整理されている。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
バーン=ジョーンズの作品はもちろん素敵ですが、
その上解説も充実していて、「そうだったのか!」と面白く読めました。

満足のいく1冊でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告